2018
05
Jun

【アルメニア】ゲガルド修道院。宗教施設も好きだけどやっぱり自然派。

こんにちは。タナカです。

リアルタイムはジョージアクタイシです。

ジョージア滞在も残り2泊。

本日移動するバトゥミが最後の街です。

インドにいるときになんとなく立てた

ロマン旅の計画ももう少しで完遂です。

最後まで全力で楽しみたいと思います。

本日のブログはエレバン郊外観光。

アルメニアを訪れた人のほとんどが行くと思われる、

ゲガルド修道院とガルニ神殿に行ってきました。

しかし、これらの由緒正しき宗教施設より

心を動かされた自然の絶景がそこにはありました。

よろしければお付き合いください!

2018.5.28 アルメニア/Armenia 1000アルメニアドラム(AMD)≒220~230円

情報コーナー

ゲガルド修道院

■アクセス

エレバンのGaiバスターミナルからゴグトまでバスorマルシュ。

ゴグトからゲガルド修道院までは徒歩orヒッチハイク。

エレバンからゲガルド修道院まで行ける公共交通機関は無し。

Gaiバスターミナルへ行くバスとマルシュは多数あるので、

現地の宿等で聞いてください。私が乗ったのは5番のバス。

Gaiバスターミナルからゴグト(Goght)までは

複数のバスとマルシュがあり、私が利用したのは284番のバス。

ゴグトからゲガルド修道院までは約5kmほど。徒歩1時間ちょい。

観光地とあって車通りが多いのでヒッチハイクは容易。

■料金

無料

ガルニ神殿

■アクセス

エレバンから向かう場合は、

ゲガルド修道院へ向かう場合と同じく

Gaiバスターミナルからゴグトへ向かうバスorマルシュに乗り途中下車する。

ゲガルド修道院から向かう場合は

徒歩でゴグトまで戻ってそこからバスorマルシュに乗るか、

ゲガルド修道院から帰る車をヒッチハイクする。

■料金

1,500ドラム

ガルニ渓谷

■アクセス

ガルニ神殿入口から坂を下って徒歩20分ほど。

■料金

無料

■その他

途中で私有地っぽい門を通る必要があるが、

警備のような人に挨拶すれば特に何も言われずに通してもらえた。

ゲガルド修道院までハイキング

本日もエレバン郊外の定番観光地へ向かいます。

中心地の宿からマルシュに乗ってGaiバスターミナルへ行き、

そこからこのバスに乗ってゴグトという町へ向かいます。

道中の景色が大変素晴らしかったです。

どこまでも広がる草原と遠くに見える山。大好物です。

宗教施設を始めとして人工物って

似たようなものを見続けるとどうしても飽きてしまうのですが、

自然が作る風景っていくら見ても飽きないです。

やっぱり私は自然派みたいです。肌に優しい感じです。

ゴグトの町の入り口で降ろされました。

284番のバスであれば

このままゲガルド修道院までいけるという情報を

見かけたり見かけなかったりしたのですが、

そんな甘いことはなく、修道院まではまだ5kmほどあります。

もちろん歩きます。

少しでもショートカットするためにゴグトの町中を突っ切りましたが、

アップダウンが激しくて逆に疲れました。国道に沿って歩くのがおすすめです。

ただ道中の風景がそれはもうとても素晴らしかったです。

写真では伝わり辛くて申し訳ないのですが、

とにかく素晴らしかったです。

ボキャブラリーが少なくてごめんなさい。

この感動をどう表現すれば良いかわからなくて。

バスを降りてから1時間と少しでゲガルド修道院が見えてきました。

気温が高くて汗もたくさんかきましたが、

道中の絶景のおかげでしんどいと思うことは一度もありませんでした。

個人的にはヒッチハイクより片道は歩かれることをオススメしたいです。

ゲガルド修道院とヒッチハイク

はい、ゲガルド修道院です。

平日ですが、地元アルメニア人の観光客でごった返してました。

内部はこんな感じ。

吹き抜けから差す光。

こんなの初めて見ました。神秘的ですね。

入口の木製の扉。こういう細かい装飾は大好きです。

クローバーを思わせる門の模様。

別の角度からも。

壁に向かって石を投げる子供たち。

どうやら壁のくぼみに石が乗れば、何かしらご利益があるみたいです。

日本でも鳥居に石を投げたりしますよね。

宗教が変わっても国が変わってもやることは同じなんだなと思いました。

岩をくり抜いてつくられた十字架。

修道院を通り過ぎて背後の山の麓にある積み石エリア。

仏教国でもヒンドゥー教国でも見た光景です。

そんな感じであっさり観光を終えて

次の目的地であるガルニ神殿へ向かうことに。

ゲガルド神殿から少し離れた場所でヒッチハイクをし、

ものの数分でガルニを経由する車に拾っていただけました。

ちなみに以前ブログで書いた通り

私はヒッチハイクがあまり好きではないのですが、

このときはたまたまゲガルド修道院で出会った日本人の方と一緒だったので、

何だか気が大きくなってヒッチハイクをさせていただきました。

1人だったら確実にガルニまで1時間歩いていたと思います。

やっぱり自然派です、私。

親切な現地人の方に拾っていただき、

ゲガルド修道院からガルニ神殿の前までやってきました。

で、ガルニ神殿には入らずに

近くにある坂道をひたすら下って川がある方を目指します。

途中にいかにも私有地っぽい門がありますが、

中にいる警備のおじさんに軽く会釈して華麗にスルーします。

そして見えてきたのがこの景色。

円柱が集まってできているように見える崖です。

どのような自然現象でこんな地形ができあがったのか想像もつきません。

アップで見るとこんな感じ。謎は深まるばかり。

全くもって不思議な風景ですが、素直にとても感動しました。

小難しい宗教的な背景や歴史を理解しないといけない宗教施設と違い、

こういった五感に語り掛けてくる自然の風景は単純に好きです。

先ほども書きましたが、私はやっぱり自然派のようです。

そんな絶景を見てガルニ神殿に戻ってきました。

軽く書いてますがかなりの距離を歩いてます。疲れた。

まあガルニ神殿については特に書くことはないです。

見ての通りです。

特に感動はありませんでした。規模も小さいですし。

ただその敷地内から見る周囲の自然は大変素晴らしかったです。

浸食によって形成されたと思われるテーブル型の地形。

ガルニ神殿の観光を終えたあとは

適当なマルシュに乗ってエレバンまで戻りました。

実は明日も引き続き宗教施設を観光する予定だったのですが、

昨日のエチミアジンといい、本日のゲガルド修道院といい、

どうも私には宗教施設は向いていないことがはっきりしたため、

少し観光プランについて考え直すことになったのでした。

本日はここまで。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)