世界一周中のヒゲの処理について

世界一周中のヒゲの処理について

こんにちは。タナカです。

 

今まで本文下に貼っていたブログランキングのバナーを、

期間限定で本文上に移動させてみました。

 

クリック数にどれだけ影響があるか気になっただけなので、

1週間くらい様子を見て、元に戻すつもりです。

 

よろしければクリックお願いします。タナカが喜びます

長い旅のあいだ”ヒゲ”をどうするか

本日のテーマは”ヒゲ”です。

放っておくとどんどん伸びてくるやつ。

 

選択肢は2つ。

 

剃るのか、剃らないのか。

 

それぞれのメリットとデメリットを考えてみます。

剃るメリットとデメリット

ヒゲを剃るってのは、会社に勤めていたら普通のこと。

タナカも基本的には毎日剃ってます。(たまに伸ばすこともある)

 

剃ることによるメリットは、

  • 見た目に清潔感が出て入出国審査やビザ取得で有利(になる可能性がある)
  • 涼しい

って感じですかね。

 

対するデメリットは

  • 毎日剃るのが面倒
  • ヒゲソリを準備する必要がある
  • 旅人っぽくない(勝手なイメージ)

といったところでしょうか。

 

それでは剃らない方も見ていきましょう。

剃らないメリットとデメリット

ヒゲを剃らない、

つまり、放っておいたらどんどん伸びてくるあれを野放しにするってこと。

 

メリット・デメリットは剃るのと正反対になります。

 

メリットは

  • 毎日剃る手間がない
  • ヒゲソリが必要ない
  • 旅人っぽい

って感じ。

 

デメリットは

  • 清潔感が無くなるので入出国審査やビザ取得で不利(になる可能性がある)
  • 暑い

といったところですかね。

臨機応変に

タナカの選択は、

 

剃るときは剃るし、剃らないときは剃らない。

 

です。

いつも通りのどっちつかずな感じですみません。

 

入国審査が厳しい国に入国するときや、

カウチサーフィンなどで初めての人に会うときは、マナーとして剃る

 

過酷な移動が続いて疲れているときや、

アフリカ・南米など治安が悪い地域では、面倒なので剃らない

 

その時その時の状況に合わせて、

臨機応変に、剃ったり剃らなかったりしていきたいと思います。

どうやってヒゲを剃るのか

さて、剃ったり剃らなかったりするとはいっても、

剃ることがある以上、ヒゲを剃る手段を用意しておく必要があります。

 

選択肢としては、

  • 電動シェーバー
  • T字カミソリ

の2つが一般的かなって思ってます。

電動シェーバー

たとえばこういうやつ。

電池で動くものや、充電して使うものがあります。

 

メリットは、

  • 簡単お手軽に剃ることができる
  • 出血の可能性も低い

デメリットは、

  • うるさい
  • 電池の用意or充電が必要
  • 手入れが面倒
  • 深剃りができない

 

後述するT字カミソリに比べて気軽に使えます。

シェービングフォームがいらないから水が無くても使える。

 

ただ、タナカが気になるのはデメリット。

タナカは断然深剃り派。がっつり深剃りしたいんですよね。

 

なので電動シェーバー無しです。

T字カミソリ

こういうやつ。

ホテルとかにもよく置いてあるやつです。

これは使い捨てですけど、家で使うのは刃だけ替えられるものが一般的。

タナカが普段使っているのもこのタイプ。

 

メリットは

  • 深剃りできる
  • 構造が簡単なので清潔

デメリットは

  • 替刃の準備が必要
  • シェービングフォームも必要(石鹸で代用可)
  • たまにミスって血が出る

 

何が良いって、深剃りできるってこと。

丸洗いでできるから清潔ってのも大きいです。

 

電動シェーバーに比べると、

ヒゲを剃るのにそれなりに準備が必要ですし、

血が出る可能性も高いですが、タナカはやっぱりT字カミソリです。

どのT字カミソリを持っていくか

タナカが世界一周へ持っていくカミソリは、

T字カミソリに決定しましたが、どんなT字カミソリを持っていきましょう。

 

そもそも選択肢あるの?

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

そんなに選択肢ないです。

 

選べるのは、メーカー刃の枚数くらい。

 

刃の枚数ってのは、

いわゆる4枚刃とか5枚刃とかCMで言ってるやつ。

 

刃の枚数が増えるほと、肌に優しくなりますが、替刃の値段が上がります。

 

さて、そんなにない選択肢の中からタナカはどれを選ぶのか。

ネットで調べていたところ、良さそうなのを見つけました。

 

両刃カミソリです。

男らしい1枚刃深剃りばっちりです。(どんだけ深剃り好きやねん)

 

何が魅力的かっていうと、

1枚刃だから替刃がかさばらないんですよね。

 

例えば、

3枚刃以上の替刃の場合、4つ連結した状態で買うんですけど、

これで、フリスクをちょっと分厚くしたくらいの大きさなんです。

 

1つで2週間使用できるので、4つで8週間。

1年間毎日剃るとしたら、フリスク約7個分の替刃を持ち歩く必要がある。

 

両刃カミソリなら刃が薄いので、

ここまでかさばることはありません。

 

フリスク7個で何言ってんだ

 

って思われるかもしれませんが、こういう細かい荷物ほど邪魔なんですよね。

あと、替刃って高いから無くすとダメージ大きいんです。

 

両刃カミソリなら替刃10枚で500円くらい。めっちゃ安いです。

 

ってことで、

タナカは世界一周を機に、両刃カミソリにチャレンジしたいと思います。

ヒゲのお話

本日は

世界一周中のヒゲの処理について

と題してお話ししてきました。

 

持ち歩ける荷物の量には制限があるし、

日々の生活におけるストレスは減らしていきたいですよね。

 

今回はヒゲソリについてでしたが、

他の日用品についても、追々書いていきたいと思います。

 

本日はここまで。それでは。