世界一周にかかる費用を考えてビビる

世界一周にかかる費用を考えてビビる

こんにちは。タナカです。

 

昨日、サブバッグを探しにいったのですが、

結論からいうと、まだ買ってません

https://tanaka-mawaru.com/requirement-for-subbag

候補は見つかったのですが、

大事なサブバッグなので、もう少し悩んでから購入したいと思います。

 

あ、あとFacebookページのいいね!数が3になりました。

本当にありがとうございます。とても励みになっています。

いちいちこのサイトに来なくても更新情報が配信されるのでとても便利。

まだの方も、ぜひぜひいいね!していただければ、とっても嬉しいです。

 

さて、本日のテーマはお金

世界一周の予算について考えてみたいと思います。

準備費用:60万円

まずは世界一周へ出発するまでにかかる準備費用です。

 

タナカはこの準備費用を60万円くらいで見積もっています。

 

内訳は、

  • メインバッグをはじめとした必要物の購入費
  • 住民税の支払い
  • 関東から関西(実家)への引越し費用
  • 海外旅行保険の保険料

などです。

 

順番に見ていきましょう。

メインバックをはじめとした必要物の購入費

まずは、モノの購入費です。

現時点で購入リストに挙がっているものだけでも、

  • メインバッグ
  • サブバッグ
  • セキュリティグッズ

などなど。

 

他にも、既に購入済みの

ノートパソコンやポータブルハードディスクも入れると、

ざっくり20万円くらいは使うことになるんじゃないかと思ってます。

 

こだわるところにはこだわりつつ、

amazonや楽天を活用して、なるべく安く済ませたいですね。

住民税の支払い

避けては通れない住民税の支払い

タナカは2017年12月に退職するので、2018年1月から5月までの、

5カ月分の住民税をまとめて支払う必要があります。

 

その額、恐らく10万円くらい。(収入バレますね。)

 

これは痛い。まあ税金なので仕方ないです。

 

ちなみに2018年6月以降の住民税については、

2018年1月1日時点で日本に住所がない(予定の)タナカは、支払う義務なしです。

関東から関西(実家)への引越し費用

タナカは現在、関東のアパートで一人暮らしをしていますが、

世界一周へ出発するにあたってもちろん退去します。家賃がもったいないので。

 

そこで問題になってくるのが、家具・家電の取り扱い。

 

タナカは、

  • 老朽化が進んでいるものは処分する
  • 帰国後も使用できそうなものは実家に保管する

といった方針で考えています。

 

ここでかかってくるのが引越し費用

ざっくり10万円くらいを見積もってます。

 

引越し予定の11月は閑散期なので、もう少し費用が抑えられれば嬉しいですね。

海外旅行保険の保険料

こちらも避けては通れない海外旅行保険

 

タナカは、日系の海外旅行保険を選択するつもり。

理由についてはこちらの記事を参照のこと。

https://tanaka-mawaru.com/arrangements

最近、保険料が値上がりしているらしく、

約1年の保険期間で、20万円くらいを見積もっています。

 

これについては、

バラ掛けで補償内容を選択することで、多少は保険料を抑えられると思います。

 

が、ケチるとあとで後悔することになりそうなので、

必要なところにはしっかり保険をかけておくつもりです。

 

 

ここまでが世界一周の準備費用。総額60万円です。

長距離移動費:40万円

続いては長距離移動費

飛行機や長距離バス、フェリーなど、

主に国をまたぐような移動の費用がここに入ります。

 

世界一周中にかかる費用の中でも、

かなり大きな割合を占めるであろう長距離移動費ですが、

タナカは40万円くらいを想定しています。

 

ワンワールドアライアンスの世界一周航空券が

5大陸で42万円であることを考えると、かなり安めの見積もりです。

 

というのも、いま組んでいるルートの中で、

もっとも費用がかかると予想しているのが、

  • 南アフリカからヨーロッパへの航空券
  • 南米からオセアニアへの航空券

なのですが、(いずれもLCCが就航していない)

タナカはこの区間を、ワンワールド特典航空券を駆使して移動するつもりなのです。

 

つまり、最も高い区間をほぼ0円で移動するわけです。

燃油サーチャージや空港税なんかは別途かかってくると思いますが。

 

他の区間についてはLCCやバスを使用して、安く移動できるので、

トータルの長距離移動費としては、40万円くらいで何とかなるんじゃないかと思っています。

 

というか、それくらいで抑えないとマズいってことに、この記事を書いていて気づきました。

日々の生活費:180万円

世界一周にかかる費用のほとんどを占める、日々の生活費

  • 宿泊費
  • 食費
  • バス・タクシーなどの近距離移動費
  • 観光スポットへの入場料
  • ビザ費用

などなど、細かい出費はすべてここに分類されます。

 

タナカの見積もりは180万円

 

根拠は単純で、

1年を360日として、1日あたり5000円だとすると、

 

360 × 5000 = 1,800,000円

 

という計算。

 

1日あたり5000円というのが妥当かといわれると、

恐らくそんなに外れてはいないんじゃないかと思っています。

 

物価が安い東南アジアや南米では、1日3000円以下で生活できるだろうし、

物価が高いアメリカやヨーロッパでは、1日10000円程度かかる場合もあるでしょう。

 

タナカは物価が安い国の滞在期間を長めに取るつもりなので、

平均して1日5000円くらいでやっていければ良いなって思います。

留学費用:20万円

最後に、

タナカが2017年12月に予定している、フィリピンへの留学費用

 

期間は2週間か3週間を予定していて、

費用はざっくり20万円くらいを見積もっています。

 

内訳は、

  • 学校費用:12万円
  • 航空券:5万円
  • 雑費:3万円

といったところです。

 

ネットで調べた感じだと大体こんな感じかな、と。

 

タナカは英語力に多大な不安があるので、

最低限死なない程度の英語力は身に付けておきたいと思います。

 

フィリピン留学については、

あくまで英語力の向上が目的なので、

観光や生活費はなるべく抑えていくつもりです。

トータル300万円

最後にまとめてみましょう。

  • 準備費用:60万円
  • 長距離移動費:40万円
  • 日々の生活費:180万円
  • 留学費用:20万円

合計で300万円です。

 

準備費用や留学費用を含めてこの予算なら、標準的な水準ではないでしょうか。

 

っていうか、帰国後の生活も考えると、

タナカが出せる費用はこれくらいが限界です。

 

ただ、タナカは初心者バックパッカーなので、

過度に費用を抑えるようなことはせず、

お金で安全を買うってことも積極的にやっていこうと思ってます。(命が大事)

 

それにしても300万円

口に出してみると、なかなかショッキングな数字

 

26歳で無職になり、300万円をかけて世界一周する。

 

なかなかにインパクトのある一文ができあがりました。ビビる。

 

こうやって具体的な数字が出てくると、

貯金のモチベーションも上がるし良いですね。

 

出発までの半年間、少しでも予算が増やせるように、

頑張って節約していきたいと思います。

 

本日はここまで。それでは。