【ブルガリア/Bulgaria】ブルガリアのバスはマジで使えないし鉄道はマジで汚い

27.ブルガリア/Bulgaria
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはトルコイスタンブールです。

いやーいいですねトルコ。まだ3日目ですけど。

たくさんの日本人観光客を虜にするのも納得の

様々な文化が入り混じった刺激的な国だと思います。

 

本日のブログは愚痴です。

苦い思い出を残したロヴェチから

次の町、ヴェリコ・タルノヴォへ移動したのですが、

まあなんていうかこの国の移動、特にバスはダメです

移動だけでこんなに疲れたのは久しぶりでした。

よろしければお付き合いください!

 

2018.7.21 ブルガリア/Bulgaria 1ブルガリアレフ(BGN)≒64~68円

情報コーナー

ロヴェチからヴェリコ・タルノヴォ

■移動手段

バスor電車

私は朝のバスが原因不明の運休だったため鉄道を利用した。

従ってここより以下は鉄道による移動の情報。

■料金

6.1レヴァ

■所要時間

約3時間

■出発時刻と乗り換え

ロヴェチ:8:45発→レフスキ:9:39着(乗換)

レフスキ:9:44発→ゴルナ・オリャホヴィツァ:10:40着(乗換)

ゴルナ・オリャホヴィツァ:11:15→ヴェリコ・タルノヴォ:11:34着(到着)

鉄道の本数は多くないので乗換は簡単だった。

■始発駅

ロヴェチ駅

■到着駅

ヴェリコ・タルノヴォ駅

鉄道駅から旧市街への移動

路線図を見る限り、路線バスの5番で移動できると思われる。

旧市街ではなく中心部へ移動するだけなら4番のバスが使えた。

料金は一律1レフ。車内支払い。

バス・・・今日は無い!

昨日は行きたかった洞窟に行けず、

結局ホテルにこもってふて寝し続けることになりましたが、

本日は気持ちを切り替えて次の町へ行きたいと思います。

 

本日の目的地はヴェリコ・タルノヴォという町。

なにやら言いにくい名前のこの町ですが、

Twitterでおすすめしていただいたのと、

経路上で簡単に寄り道できそうだったのでぶっこんでみました。

 

ロヴェチからヴェリコ・タルノヴォまでは

1日3本走っているバスで直行できるようなので、

朝一のバスに乗るべく

昨日見つけられなかったバスターミナルへ向かいます。

 

宿を出て屋根付き橋の中を通り、

 

鉄道駅の前までやってきました。

昨日はここからバスターミナルを見つけることができず、

結果としてタッチの差で洞窟行きのバスを逃したのですが、

 

ここ通っていいんですか?的なところを通ると、

 

バスターミナルがありました。悔しい。

 

横にあったチケット売り場でチケットを購入します。

 

タナカ:8:45のバスでヴェリコ・タルノヴォへ行きたいのですが。

おばちゃん:次のバスは16時。

タナカ:え、8:45のバスは・・・。

おばちゃん:走らない。

 

おいおいおいおいおい、何なんですかこの国のバスは。

 

満席とかじゃないんですよ。

時刻表にばっちり書いてあるのに原因不明の運休なんですよ。

まあ原因不明なのは私がブルガリアを話せないからなのですが。

 

ブルガリアのバス、使えねえ・・・。

 

とても16時までは待ってられませんので、

鉄道に切り替えて移動することにしました。

こんなこともあろうかと鉄道での移動方法も調べておいたのです。

ただ乗換回数が多いので本当はバスで移動したかったんですけど。

 

購入したチケット。

詳細については情報コーナーをご参照ください。

バスに比べて快適性では劣るものの、

所要時間はほとんど変わりませんし値段も安いので、

選択肢としては十分入ってくると思います。

 

ホームで変なおじさんに絡まれながら

鉄道がやってくるのを待ちました。

ブルガリア、本当に変な人多いので気を付けてください。

ブルガリアの鉄道はマジで汚い

定刻通りにやってきた鉄道。2両編成。

非電化区間なので牽引車が引っ張ります。

というより、最終的にブルガリアで5区間鉄道に乗ったのですが、

電化されている区間は1つもありませんでした。

 

ギリシャに負けない落書きだらけ。

こっちの方がクオリティが低いですね。

そしてまあ見た目の印象通り中もヒドい有様でして、

 

エアコンなんてもちろんありませんし、

シートも床もゾッとするほと汚いし、

なんかあちこち壊れているしで、まあなんていうかヒドいです。

 

周囲のブルガリア人に絡まれたりしながら約1時間。

車窓からの風景は長閑で美しかったです。

 

 

画質が悪くてアレですが、ひまわり畑です。

ヨーロッパではよく見かけるひまわり畑ですが、

ここブルガリアでは特にたくさん見かけたような気がします。

 

乗り換え駅のレフスキ駅に着きました。

向かいに止まっている鉄道に乗り換えるだけなので簡単。

 

そしてこちらの車両も先ほどの車両に負けじと汚いです。

写真では伝わりにくいですけど、本当に汚いですからね。

 

車窓からの風景も相変わらず素晴らしい。

 

2つ目の乗り換え駅、ゴルナ・オリャホヴィツァ駅に到着。

 

更に乗り換えてすぐ近くのヴェリコ・タルノヴォへ。

車両の方は相も変わらず汚くて、いよいよ写真を撮るのをやめました。

私が言えることは1つだけ。ブルガリアの鉄道はマジで汚い。

 

ロヴェチを出て約3時間。

2回乗り換えてヴェリコ・タルノヴォ駅へ到着しました。

バス・・・ここから出ない!

無事に着いたは良いものの、

当初の予定ではバスで移動するつもりだったので、

鉄道駅から宿へ移動する方法は調べておらず、

とりあえず他の人について適当なバスに乗ることに。

 

確か4番のバスに乗ったところ、

町の中心まで行ったところで宿とは反対の方向へ向かい始めたので

急いで次のバス停で下車。

地図を見ると近くにバスターミナルがあるようなので、

明日のバスの予約をするべく、まずはそこまで歩くことに。

 

ヴェリコ・タルノヴォの南バスターミナルです。

 

タナカ:ブルガスへ行きたいのですが。

おばちゃん:無い。西バスターミナル。

 

何かもうブルガリアのバスはダメです。使えない。

まあ今回についてはターミナルが複数あるだけで、

別にブルガリアに限ったことではないんですけどね。

 

仕方ないので宿へ向かいます。

5番のバスで近くまで行けるようなのですが、

炎天下の中、10分待っても、20分待っても、

そして50分待っても来ませんでした。おいおいおいおい。

 

仕方ないので宿まで40分ほど歩きました。

気温は推定35℃。宿に着く頃には全身汗だくの熱中症。

何だか色々上手くいかない移動でした。疲れた。

 

宿で少し休んだあとは宿の周囲を少し散歩。

向こうに小さく見えるのが明日見に行くお城です。

 

ヴェリコ・タルノヴォの旧市街。

 

自然が多くて良い感じ。

 

ブルガリア正教会。

 

このヴェリコ・タルノヴォという小さな町は、

ブルガリアの中でも非常に古い歴史を持つ町の1つだそうですが、

残念ながら詳細は知りません。すみません、あんま興味なくて。

 

日本文化センターがあるみたいです。

 

壁のアートがおしゃれ。

 

傾斜に沿って形成された町。

あれですね。私が好きなタイプの町です。

 

というわけで

明日はヴェリコ・タルノヴォを観光します。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

27.ブルガリア/Bulgaria
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント