世界一周へ持っていくクレジットカード

世界一周へ持っていくクレジットカード

こんにちは!タナカです。

 

毎日暑いですね。

節約のために我慢していたエアコンですが、

我慢できずにつけてしまいました。

 

35℃を超える猛暑の中

冷房の効いた部屋でお昼寝、まじ最高です。エアコン大好き。

 

さて、本日のテーマは、

世界一周へ持っていくクレジットカードです。

 

世界一周へ持っていく予定の

決済用のクレジットカードが手元に揃いましたので、

それぞれの特徴と併せてご紹介したいと思います。

クレジットカードはいつ作れば良いのか

クレジットカードについてご紹介する前に、

カードを作成するのに適当な時期についてお話ししたいと思います。

 

考慮すべき点は2つ。

  • 在職中であること
  • 旅行期間とカード有効期限の関係

それぞれについて説明します。

在職中であること

まず1つ目のポイントは在職中であること

 

クレジットカードのクレジット(credit)とは信頼という意味。

 

その名の通り、信頼できる会員に対して、

一時的に支払い代金を立て替えてくれるシステムのことです。

 

信頼できる会員とはどういう人のことをいうでしょうか?

  1. カードに見合った収入を安定して得ている
  2. 業績が安定した企業に勤めている
    あるいは一般に認知されている安定した職種である
  3. 過去にカード代金の支払いが滞ったことがない

などが挙げられるかと思います。

 

退職後に厳しくなるのが1と2の条件。

収入は0だし、職業欄には無職と書くことになってしまいます。

 

こうなってくると、

作成できるクレジットカードは各段に少なくなってきます。

(特に、ステータスが高いカードは確実にムリ。)

 

簡単にいうと

収入0の無職ヤローに誰も金なんて貸さねえよ

っていう話ですね。

 

タナカは金融関係の人間ではないし、

過去に無職だったことがあるわけでもないのであくまでイメージですが、

クレジットカードは在職中に作成しておくのが間違いないと思います。

旅行期間とカード有効期限の関係

2つ目のポイントは

旅行期間とカード有効期限の関係です。

 

特に年会費が発生するカードに当てはまります。

 

世界一周のために作ったカード、

例えば、

  • プライオリティパスのためだけのカード
  • 海外キャッシングをするためだけのカード

などで、年会費が発生するカードについては、

帰国後に使用予定がなければ解約するかと思います。お金もったいないし。

 

年会費が発生するカードって、

更新日がきたら自動で更新されて、年会費が請求されるんですよね。

 

旅の期間があと1カ月なのに、

その直前にカードが更新されてしまうと

帰国後~次の更新日までの年会費が無駄になってしまいます。

 

旅人のあいだで人気の楽天プレミアムカードの場合、

年会費は10,800円ですから、決して小さな額ではないと思います。

 

ですので、カードを申し込む際には、

自身の旅程を考え(延長の可能性も考慮して)、申し込み時期を決めましょう。

世界一周へ持っていくクレジットカードはこれだ!

どうでもいいけど、

 

“○○するならこれだ!”

 

とか

 

“○○をおすすめする理由3選!”

 

みたいなやつ、

あんまり好きじゃないんですよね。何だか胡散臭い感じがして。

 

とか言いつつ、

調べものをしていてこういうタイトルが目に入ると

無意識にクリックしてしまっていることが多い。つまり効果的なんだと。

 

ってことで使ってみました。んーやっぱり胡散臭い

 

ここからはタナカが世界一周へ持っていくクレジットカードを紹介します。

JAL MasterCard CLUB-EST

1枚目はJAL MasterCard CLUB ESTです。

 

ブランドは信頼のMasterCard。

 

年会費は2,160円ですが、

20代限定のオプションであるCLUB ESTの年会費が5,400円なので、

合計で7,560円ですね。

 

なんといってもCLUB ESTの恩恵がすごい。

特徴は

  • 買い物でマイルが2倍貯まる(100円で1マイル。特約店なら2マイル。)
  • 更新月にeJALポイントが5000円分もらえる
  • マイルの有効期限が3年から5年に延長される

などなど。

5,400円の年会費なんて気にならない特典がついてますね。

 

このカード、

タナカはずっと使っているんですけど、

めちゃくちゃマイル貯まります。まじで。

 

タナカはこのカードを、

長距離移動費やその他の比較的高額な支払いに使用するつもりです。

 

旅をしながらマイルをがんがん貯めちゃおうっていう魂胆です。

三井住友VISAクラシックカードA

続いては、三井住友VISAクラシックカードAです。

 

ブランドはその名の通りVISAです。

1枚目のMasterCardとはもちろん違うブランドです。

 

年会費は条件付きで無料。

(リボ払いにして、月々の支払額を利用限度額に設定するだけ。)

 

カードとしての特徴は特になし

 

・・・いや、本当にないんですよ。

ポイントが貯まりやすいとか、補償が充実しているとかないです。普通のカード。

 

じゃあ何で持っていくのか。

それは、

 

手元にあるカードで唯一のVISAブランドだから。

 

かつ

 

いちばん利用期間が長くて限度額が多いから。

 

つまり、

1枚目のJALカードが使えなかったときの予備であり、

多額の支払いが必要になった場合の緊急用である、ということです。

 

このカードを使うことが少なければ良いですね。

セディナカード

最後はセディナカード

 

ブランドはMasterCard

 

最近作りました。っていうかさっき届きました。

 

特徴は、

海外キャッシングにとにかく強い

っていうこと。

 

まず1つ目の特徴として、

海外キャッシング手数料が無料である

ことが挙げられます。

 

更に、

インターネットからの繰り上げ返済がペイジーで可能である

という特徴もあります。

 

この2つの特徴を併せることで、

両替手数料をめちゃくちゃ安く済ませることができます。

 

めちゃくちゃ安くってどれくらい?

 

と思われたそこのあなた。

 

わかんねえっす。

 

というのもですね、

先日のタイ旅行にて各両替方法でのレート比較をしてみようと申し込んでたんですけど、

申し込んだのがあまり直前だったので、出発日までに受け取ることができなかったんです。

 

ってことでごめんなさい。比較データはありません!

ちまちま計算してもわかるんですけど、面倒なのでやりません

 

これについては詳しく書かれているブログがたくさんあるので、

そちらをご参考にしていただければと思います。

 

タナカも気が向いたら、このテーマに絞って書きたいと思います。

 カードは大事だよ

本日は、

世界一周へ持っていくクレジットカードをご紹介しました。

 

クレジットカードはお金と強く関係するものであり、

お金はその有無によっては命に関わる大事な大事なものです。

 

万が一に備えて万全の布陣で臨みたいですね。

 

本日はここまで。それでは。