【クロアチア】首都とは思えないコンパクトでお洒落な街・ザグレブ観光

【クロアチア】首都とは思えないコンパクトでお洒落な街・ザグレブ観光

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはボスニア・ヘルツェゴビナサラエボです。

数日前にブログのテーマを変えてみました。

いかがでしょうか?少しお洒落になりましたかね。

少し様子を見て違和感が無ければこのままいこうと思っています。

 

本日のブログはザグレブ観光。

クロアチアの首都であるザグレブには

移動の中継地点として訪れただけなのですが、

せっかくなので少し観光してみました。

首都とは思えないコンパクトでお洒落な街でしたよ。

よろしければお付き合いください!

 

2018.6.26 クロアチア/Croatia 1クロアチアクーナ(HRK)≒17~18円

ザグレブ観光

朝9時半にザグレブのバスターミナルに到着しました。

 

バスターミナル到着後は宿まで徒歩で移動。

地図上で見て20分ほどで着くと見込んでいたら

思ったより距離があって40分ほどかかってしまいました。

 

宿に到着したあとはチェックイン時間まで作業し、

チェックイン後は少し仮眠、というより気絶していました。

 

ザグレブ滞在は1泊ということで、

もったいないので少し観光したいと思います。

ここはザグレブの中心部にある広場です。

左奥に見えているガラス張りのビルが

この街でいちばん高い建物じゃないでしょうか。

なんていうか首都なのに”街”っていうより”町”っぽい雰囲気です。

 

地図を見ているだけではわからないのですが、

ザグレブ中心部は坂や階段が多くて意外と高低差があります。

 

ドラツ市場です。夕方なのですでに片付けられていました。

っていうかゴミ多すぎですね。ちょっとイメージと違います。

 

ザグレブ大聖堂です。

ザグレブの街でもひと際目立っている大きくて立派な建物。

 

見ての通りの工事中です。

この地味に精巧なネットがより残念さを引き立てています。

 

あとここで1つ申し上げたいのですが、

ヨーロッパの宗教施設って修復中なものが多すぎませんか。

体感ですけど、およそ2つに1つは工事中なイメージです。

 

まあ個人的にあまり興味を惹かれるものではないので良いのですが。

 

ザグレブの街並みはなんていうかとてもお洒落です。

統一感のあって重厚な建物が並び、立派な石像もあちこちに見られます。

 

あと先ほども申し上げましたが坂が多いです。

建物の高さはせいぜい3階建てくらいまでで、

本当にここが首都なのかと疑問に思ってしまうくらい。

 

ところがWikipediaによると

2011年の時点で約80万人が住んでいたみたいです。

意外と人口が多くて驚きました。

 

日本の都市でいうと、

大阪の堺市より多くて、東京の世田谷区より少ないくらい。

ってめちゃくちゃわかりにくいですね。ごめんなさい。

 

こちらは石の門です。

中は車や自転車が通るような普通の道路なのですが、

道路脇に礼拝のためのスペースが設けられており、

1731年の大火災の際に無傷だったというマリア像が飾られていました。

 

こちらは聖マルコ教会です。

 

屋根のタイルが特徴的でとてもキュートです。

雑貨でこういう柄があったら買ってしまいそうです。

 

現在は内部の見学は通常は不可で、

シーズン中は運が良ければ中に入れる日もあるらしいです。

 

クロアチアの国旗。

汎スラヴ色と呼ばれる赤・青・白の横縞と、

中央にあるのは国章らしいです。

ってクロアチアってスラヴ系なんですね。

調べてみると南スラヴ人という人種になるらしく、

ロシア方面の東スラヴ人とは異なる歴史を歩んできたんだとか。

まあ全部Wikipediaからの受け売りなんですけど。

 

高台からの風景です。

見ての通り高い建物が一切ありません。

とても世田谷区と同じ人口を持つ街だとは思えません。

 

勝手なイメージで申し訳ないのですが、

西欧並みの物価といわれるクロアチアなので、

てっきりもっと都会だと思っていました。

特に開発途上っていう雰囲気もありませんし、

これはこれで都会過ぎなくて良いとは思います。

 

なぜか猛烈にルアンパバーンのプーシーの丘を思い出しました。

あれです、裏階段です。下ったら川が流れてるところ。

 

丘を下りたところに長いトンネルがあって

丘の下を通って反対側に出ることができるようになっていました。

どこに出るのかわからなったので私は通っていませんが。

 

あとはもう本当にただただお洒落な街並みです。

 

古い建物の1階にテナントが入り、

その間をトラムと欧州車が走る、いつものヨーロッパの風景です。

もうさすがに見慣れたっていうか見飽きました。

 

ウスピニャチャ。世界一短い公共交通機関だそうです。

公共交通機関なのでトラムと同じ4クーナで乗ることができます。

 

ザグレブ観光はこんな感じでサクッと終了。

観光大国であるクロアチアですが、

首都のザグレブには前評判通り特に見どころはありませんでした。

 

ただ、コンパクトなので短い時間で歩いて回れますし、

ヨーロッパらしいお洒落な街なので、

クロアチアを訪れる際には1泊くらいしてみても良いのでは。

 

あ、でも物価は鬼のように高かったです。

スロバキア・ハンガリーですらめちゃくちゃ高いと思ったのに、

クロアチアに入って更にぐっと上がって息ができません。

例えば500mlの水は、町中の売店だと100円超えてきます。

今までは、“水で我慢だ…”と言っていたのが、

いよいよ、“水すら我慢だ…”といった感じになってきました。

そろそろ水道水に手を出すときがやってきたのかもしれません。

 

本日はここまで。それでは。