【チェコ/Czech】プラハとは違った賑やかさがあるブルノの街と最後のウルケル

45.チェコ/Czech
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはスペインを友人と旅行中です。

 

本日のブログは移動。

4泊したチェコの首都・プラハを離れ、

第2の都市・ブルノへと移動しました。

観光客だらけのプラハとは一味違った

賑やかさのある良い街だと感じました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.11.12 チェコ/Czech 1チェココルナ(CZK)≒4.867~5.192円

情報コーナー

プラハからブルノ

■移動手段

鉄道(会社名:チェコ国鉄)

■料金

119コルナ

前日に公式ページから予約

メールで送られてくるPDFを車内検札時に提示した

■出発時刻

30分~1時間おきに頻発

■所要時間

約2時間半

ブルノへの移動

本日は4泊過ごしたプラハを離れて、

チェコ第2の都市であるブルノに移動したいと思います。

 

ブルノには世界遺産に登録されるホニャララが・・・

といったことは一切無く

ウィーンまで一気に移動するのが勿体なかったので

いつも通り途中で1泊刻んでみただけです。

 

朝のプラハ。

今日も朝から観光客だらけで嫌になっちゃいます。

 

プラハ駅に到着しました。

一昨日にプルゼニに行く際に利用したので

今回は迷うことなく最短距離で来ることができました。

 

チェコの鉄道というものは

どうやら出発時間直前になるまでホームが確定しないようで、

運行状況を示す電光掲示板の前には黒山の人だかりが。

私もその黒山のメンバーに加入して

乗車する鉄道が入ってくるホームが表示されるのを待ちました。

 

出発時間の10分ほど前になって

やっとこさホーム情報が表示されたので、

てっきり遅れてやってくるのかと思いきや、

 

しっかり時間通りにやってきました。

どうもこの鉄道はオーストリア国鉄の車両のようで、

ブルノの先はウイーンを通ってグラーツまで行くみたい。

 

車内はチェコの鉄道に負けず劣らず清潔です。

というより全く同じ車両のような気がします。

もちろん電源とWi-Fi付きなので作業やドラクエもやり放題です。

 

車窓からの風景。

 

プラハを出発して約3時間。

途中工事の影響で低速運転を行ったこともあり、

定刻より30分ほど遅れてブルノ駅に到着しました。

 

予約している宿に向けて歩き出したのですが、

駅の前の地下道に入った途端にいきなりアジア感全開で驚きました。

地下道の両脇に天井まで積み上がった靴やカバン、

そして店頭に立っている人も中国系やインド系の人が多いです。

観光客だらけのプラハとは明らかに違う賑やかさに、

ちょっとテンションが上がりました。この街面白そう。

 

ブルノ駅。

 

駅から歩いて10分ほどで本日の宿に到着。

鉄道が遅れてくれたおかげでいい感じにチェックインできました。

ヨーロッパの鉄道は気が利きますね。

思ったより賑やかなブルノ

宿に荷物を置き、

日没までの数時間で街を歩いてみることに。

 

謎のオブジェ。

 

ドラクエっぽいなと思いました。ごめんなさいゲーム脳で。

 

市場っぽい建物。

 

2階には若い人が経営していると思われる

ちょっとお洒落なカフェやバーが並んでいて、

ぜひ1杯引っかけたい気分になりました。

現金が少なかったので残念ながら飲めなかったのですが。

 

ブルノの旧市街。

プラハを部分的に切り取ったような感じで

特に際立った部分はないかと。

 

街の高台にあって一際目立っている教会まで歩いてきました。

 

素材(石)を利用した模様が素敵です。

 

ゴシック建築の特徴である壁を支える構造も健在。

 

高台からの景色はこんな感じ。少し高さが足りないですね。

先ほどの教会の時計台には40コルナで上がることができるのですが、

天気があまり優れないので遠慮しておきました。

晴れた日であれば美しいブルノの街が一望できるかと思います。

 

街を見下ろす公園にあったオベリスク。

 

旧市街とは逆の方向です。良い景色。

特別美しい景色ではないのですが、

街の建物の高さと今いる場所の高さの塩梅がちょうど良く、

なんだかハッとしてしまいました。バランスって大事ですね。

 

十字架withピンクのランプです。ファンシーですね。

 

その裏には積み石の十字架。

 

ふらふら歩いて駅まで歩いてきました。

 

先ほど申し上げた通り

駅の周辺には中国系やインド系の移民が多いようで、

駅前の通りには中華料理店やインド料理店が立ち並んでおり

一瞬どこの国にいるのかわからなくなるくらいでした。

私は最近中華料理にハマっているので、

明日もし現金が残っていたら最後に行きたいと思います。

 

再び旧市街に。

 

ピザ1カットが22コルナ。約110円です。

ブルノとプラハの決定的な違いは

手軽に食べられるファストフードの数かなと思います。

プラハでは100円前後で食べられるものは殆どありませんが、

ブルノでは少し歩けば色々選ぶことができます。嬉しい。

 

ブルノ旧市街のメイン広場。

 

天文時計。よくわからなかったです。

 

イベントをやってました。

結構寒いと思うのですが、皆さんお外で楽しそうです。

お酒を飲んでいる方もたくさんいらっしゃるのですが、

トイレの方は一体全体どうなさっているのでしょうか。

私だったら漏らす自信があります。1度と言わず3度ほど。

 

再び軽食を買ってみました。

小さいホットドックですが60円ほどで買えました。

味はまあ可もなく不可もなくですが、何より安いですね。

 

旧市街の中にも近代的な建物が並ぶブルノの街並みは

どこか日本を思い出すような気がして嫌いじゃなかったです。

最後のウルケル

本日はチェコ最後の夜ですので、

ビール旅の最後にふさわしく外飲みをしたいと思います。

 

やってきたのは宿の近くのホスポダ。

Googleマップでそこそこ高評価だったもので。

 

頼んだのはもちろんピルスナーウルケルです。47コルナ。

 

プラハやプルゼニで散々飲んだウルケルですが、

チェコで飲むのはここが最後の1杯です。

 

並々とビールが注がれたグラスに口をつけて一言

 

・・・

 

美味しくない。

 

あれ、ウルケルってこんな味でしたっけ。

雑味があるっていうか変なクセがあるっていうか、

これちょっと・・・いや、かなり酸化してませんかね?

 

入った店が悪かったのでしょうか。

最後の最後に美味しいウルケルが飲めなくて残念な気持ちに。

 

なのでお店情報は無しです。

店の雰囲気はいかにもローカル向けって感じで良かったのですが。

 

最後の最後にハズレウルケルに当たって残念でしたが、

その後スーパーでビールを買って帰り、

最終的には全て忘れてハッピーになれたので良しとしたいと思います。

 

明日はウィーンへ移動します。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

45.チェコ/Czech
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント