【デンマーク/Denmark】コペンハーゲンの古い建物と現代建築が入り混じる北欧らしい街並み

39.デンマーク/Denmark
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはエストニアタルトゥです。

いやーいいですね、バルト三国

生活水準が高いのに物価はそこそこ安いし、

移住したい人が多いのも納得です。寒いけど。

 

本日のブログはコペンハーゲン観光。

いよいよ北欧デビューです。(アイスランドは除外)

北欧といえばお洒落でセンスの良い街並みを想像しますが、

その期待を裏切らない北欧らしい街並みが広がっていました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.10.16 デンマーク/Denmark 1デンマーククローネ(DKK)≒16.82~17.82円

コペンハーゲン中央駅

いいですか?

 

一人旅最高!ひゃっほー!!!

 

はい、いきなり失礼しました。

 

5泊6日のアイスランド旅を終えて

約1週間振りに1人になったのが嬉しく嬉しくて。

昨夜に感じた寂しさはどこへやらです。

 

今日からはまた1人でだらだら旅を続けていきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

というわけで

早速コペンハーゲンの街を観光したいと思います。

 

コペンハーゲンといえば

言わずと知れたデンマーク首都

 

デンマークの人口は約600万人、

コペンハーゲンの人口は約60万人。

 

日本でいちばん人口の少ない鳥取県ですら

60万人弱の人口があるわけですから

いかにコペンハーゲンの人口が少ないかがわかります。

 

人口は少ないですが、

平均年収は日本の約2倍ほどあるそうで、

昨日も少し触れた通り物価がめちゃくちゃ高いです。

そのためバックパッカーは避けがちな国。

 

私は元から北欧に少し興味があったのと、

アイスランドからの飛行機の都合が良かったのと、

この国を入れた方がルートが美しかったので、

物価の高さは覚悟の上でこの国にやってきました。

ルートの美しさは私の旅において何よりも大事なのです。

 

というわけで改めて観光いってみましょう。

 

コペンハーゲン中央駅のすぐ前には

タイ料理屋と日本料理屋(Sushi屋)がありました。

こんな遠く離れた場所でもアジア料理屋ってあるんですね。

なんだか嬉しいです。日本人経営ではないだろうけど。

 

この時の私はまだ気づいていないのですが、

北欧は本当にどこでもSushi屋だらけです。

あのケープタウンですら比較にならないくらい多いです。

そしてどこも大変お高くて、とてもじゃないけど入れません。

ちなみに寿司屋じゃなくてSushi屋と書くのは、

寿司とSushiは違う食べ物だと思っているからです。

 

コペンハーゲン中央駅です。

 

アーチ状の天井が素敵な駅舎内。

大きな駅ではありませんが、

セブンイレブンやカフェ、レストランなど、

テナントはかなり充実していました。

 

レトロな感じがお洒落ですね。

 

どことなく地元の神戸駅を思い出しました。

群馬県にある神戸駅ではないですよ。

地元兵庫県のJRの神戸駅です。

レンガ造りで雰囲気の良い駅ですよね。便は悪いけど。

 

駅構内のツーリストインフォメーションで観光マップを入手しました。

先進国ではこのあたりのサポートが手厚いので助かりますね。

まあ観光マップはごちゃごちゃしすぎて全く役に立たなかったのですが、

このへんもヨーロッパっぽいです。ごちゃごちゃ大好き。

というわけで役に立たない観光マップを持って街歩きしてみましょう。

古い建物とモダンな建物が入り混じる

駅前にあったチボリ公園

公園というからには公園かと思いきや遊園地で、

入場料がいるので中には入れませんでした。紛らわしい名前。

 

建設は1843年とかなり歴史ある遊園地のよう。

Wikipediaによると年間来場者数は350万人。

軽く調べたら上野動物園よりちょっと少ないくらいです。

余計にわかり辛くなりましたね。ごめんなさい。

平日からたくさん人が並んでいるあたり、

かなり人気のスポットなのでしょう。私は興味なしです。

 

別の入り口。

中には入れないのでそっと写真だけ撮ってみました。

 

余談ですが、

日本にはかつてこのチボリ公園をモデルとした

倉敷チボリ公園なる遊園地が倉敷駅前にあったそうです。

経営難のために残念ながら

2008年の大晦日に閉園したそうですが、

もし今も営業していたら

帰国後にぜひ行ってみたかったな、とかは全く思いません

 

お洒落な現代建築。

 

重厚感のある古い建物。

 

カラフルな壁の並ぶ路地。

 

コペンハーゲンの街の印象としては、

古い建物と現代建築が入り混じっている

といったもの。本日のタイトル通り。

 

古いレンガ造りの建物の上の方に

なんか鳥の巣みたいなよくわからん建物が乗っかっている写真。

 

手前の建物は窓の大きいモダンなビルなのに、

すぐ隣の奥のビルは石造りの立派な建物。

 

ヨーロッパって割と厳密に

このへんの住み分けをしているイメージだったのですが、

コペンハーゲンに至っては全体的にこんな感じです。

 

世界の先端をいく北欧ですから、

あまり古い建物にこだわりがないのかもしれません。

それで様になっているからすごいですよね。

やっぱりそのあたりのセンスが良いっていうか。

 

あとコペンハーゲンを象徴するもう1つの風景がこれ。

 

大量の自転車です。

 

デンマークは自転車大国です。

市内のほぼ全ての道路に自転車レーンがあり、

皆さんすごいスピードでビュンビュン走り去っていきます。

 

ガソリンは1L200円近くということで

いくらデンマークといえ割高なのは変わりないでしょうし、

庶民の足としてよく普及しているでしょう。

 

日本でも普及して欲しいとは思いますが、

道路幅を広げないと不可能なのでまあ無理かなと。

緑が多くて素敵な街

ふらふら歩いて川があるところにやってきました。

川沿いには綺麗な歩道が整備されていて、

お洒落なコペンハーゲン人が思い思いの時間を過ごしています。

 

年中無職の私がこんなこと言うのもあれですが、

この人たちって平日昼間から何やってるんですかね。

日本の常識(週休2日)が通じないのはわかってますが、

それにしても仕事どうした?って思っちゃいます。

 

鏡張り写真。

恐らくそこそこ古い建物の屋根にはネオンの看板。

 

でっかい鳥がいました。

 

川の近くにあったフードマーケット。

 

中にはサクッとテイクアウトできる

様々なお店が入っていました。

私にはちょっと値段が高くて手が出ませんでしたが、

生ガキなんかが300円くらいから売っていたので、

短期旅行で予算が潤沢ならきっと楽しい場所だと思います。

 

一応場所貼っときます。お試しあーれ。

 

公園。紅葉がとても美しかったので、

用もないのにふらふら歩いてみることに。

 

どこを切り取っても絵になります。

これは確かミュージアムだったかと。多分。

 

コペンハーゲンは緑が多くて素敵な町。

幸福度ランキング上位国の余裕のようなものを感じます。

どこでもピクニックができて良いですよね。

 

そんな幸せな空気溢れる公園の中を歩いてやってきたのが

 

ローゼンボー城です。

 

中に入るには入場料がいるので外から見るだけ。

見ての通りそんなに大きな城ではないので、

1000円以上もする入場料を支払う気にはなれませんでした。

 

城の外には衛兵さんが2人いて、

普段は2人別々にふらふら見回りをしているのですが、

たまに思い出したように

タイミングを揃えて回れ右をするのが見てて面白かったです。

 

なんでそんなことを知っているかというと

この城の付近で無料のWi-Fiが飛んでいて

ベンチに座って休憩していたからです。Wi-Fi乞食です。

 

これは倉庫でしょうか。

倉庫1つ取っても統一感がありますよね。

 

先ほどから申し上げている通り、

コペンハーゲンは古い建物と現代建築が入り混じる、

言わばごちゃ混ぜチャンプルーな街なのですが、

北欧のセンスがそれをうまく混ぜ合わせるのか、

アジアによくあるチグハグな感じはしないんですよね。

なんか悔しいけど、やっぱりすごいです。

 

再び公園。この鏡張っているのはお城のお堀です。

 

カステレット要塞です。

中には無料で入ることができ、

土手の上が絶好のお散歩&ランニングコースになってました。

 

大砲。ヨーロッパではどこでも見かけます。

城ってつくところに行ったら大抵置いてますから。

 

このカステレット城塞は

上から見たときの形が特徴的で面白いのですが、

この写真だとちょっと伝わらないですよねえ・・・

 

こんな感じです。良いのがあるじゃないですか。

函館の五稜郭を彷彿とさせる五角形星形の形です。

 

その近くにあった聖アルバン教会です。

本日は鏡張りの写真が多めです。

コペンハーゲンは水場が多くてこういう写真が撮り放題。

 

石造りの建物が多い中で

この教会は不揃いなタイルを敷き詰めたような

独特な外壁をしていて大変気に入りました。

色使いもシックな感じがしてお洒落ではありませんか。

 

というわけで海の近くまで出てきました。

 

長くなったので次回に続きます。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

39.デンマーク/Denmark
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント