世界一周中、どうやってカラダを洗う?使い捨て石鹸をつくってみよう!

世界一周中、どうやってカラダを洗う?使い捨て石鹸をつくってみよう!

こんにちは!タナカです。

 

天気が悪い日が続きますね。

太陽の光を浴びないと体調が悪くなってくるのは私だけじゃないはず。

今週半ばからは快方に向かう予報なので、もうしばらくの辛抱ですね。

 

さてさて、本日のテーマは、

世界一周中、どうやってカラダを洗う?使い捨て石鹸をつくってみよう!

です。タイトル長い!

普段はどうしているか

お風呂に入るとき(シャワーを浴びるとき)、

シャンプーやボディソープ等の洗剤を使う方がほとんどだと思います。

 

私もそうです。

面倒くさがりなのでシャンプーで全身を洗います。

 

1年中、夏も冬も、

メンソール入りのスースーするシャンプーを使ってます。(正直冬は寒い)

 

旅行中はどうでしょう?

 

私の場合は、国際線の機内持ち込みが可能なように、

普段使っているシャンプーを小さい容器(100ml以下)に移し替えて持っていってます。

 

これで安心していつも通りにスースーできます。(シャワー上がりの扇風機が最高)

 

それでは、世界一周中はどうしましょうか。

良いのを見つけた

まず、普段使っているシャンプーを持っていくのは、

持ち運べる荷物の量に限りがあるバックパッカー的にもちろんNGです。

また、小分けにして持っていったところで、すぐになくなるのでダメ。

 

旅行用の小さいシャンプーなんかも売ってますが、コスパが悪い。

 

ちょっと調べると、

旅行用に小分けにされた石鹸なんてのも売ってるみたいですね。

 

その名も旅する石鹸

http://www.mutenka-sekken.com/products/list.php?category_id=14

めっちゃ高い!あと海外で手に入らないからダメ。

 

でも、

石鹸を1回分小分けにして使い捨てる

っていうアイデアはすごく良いと思いました。衛生的ですし。

 

ってことで、

旅する石鹸の代替品をつくってみました。

市販の石鹸を切るだけ

使い捨て石鹸をつくってみました!

なんて偉そうな口をきいてますが、市販の石鹸を切るだけです。

 

ちょっと料理ブログっぽくなったので、

こちらの音楽をBGMにしていただければ、なお気分が盛り上がると思います。

 

用意するものはこちら。

包丁とまな板。使い慣れたものが良いでしょう。

 

フリーザーバッグ。密閉できるものを選びましょう。

 

材料はこちら。

無添加石鹸。ドラッグストアで1つ120円ほどで購入。

 

それでは調理をはじめます。

耐熱皿に石鹸を乗せ、500W20秒間加熱しましょう。

 

加熱しなくても切ることはできますが、絶対に加熱した方が楽に切れます。

 

加熱が終われば、いよいよ仕上げです。

まな板に石鹸を乗せ、好きなサイズにカットするだけ。

こんな感じ。やばい薬にしか見えない・・・。

 

私の場合は、1つの石鹸から24個取ることができました。1回あたり5円!

 

切った石鹸はフリーザバックに入れて保存します。

湿度が高いと石鹸どうしがくっついてしまうので、

中の空気をなるべく抜いて、しっかり密閉して保存しましょう。

 

以上おわり!簡単でしょ?

 

石鹸なら世界中どこでだって売っているからいつでも補充可能だし、

何よりリーズナブルお手軽衛生的なのが嬉しいですよね。

シャンプー問題、これにて解決

本日は、

旅行用の使い捨て石鹸についてお話ししてきました。

 

つくった石鹸を実際に使ってみましたが、

男の私であれば、このサイズの石鹸で全身余裕で洗えました。

女性であれば、もう少し大きいサイズに切った方が良いんですかね。

 

シャンプー等の液体物は場所を取るし、

漏れるリスクと常に隣り合わせになってしまいますが、

この方法なら、そんなシャンプー問題ともおさらばです。

 

同じお悩みをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

本日はここまで。それでは。