【エジプト/Egypt】エジプトでいちばんウザい町?ルクソールのカルナック神殿が超素晴らしかった

29.エジプト/Egypt
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはエジプトカイロです。

今いるエジプトを楽しむことに一生懸命な一方、

数日後に控えているケニアに対する不安もいっぱいです。

凶悪都市ナイロビ・・・果たして無事に生き残れるのでしょうか。

 

本日のブログは移動と観光。

2泊したフルガダからルクソールへの移動。

ルクソールではバスを降りた途端に、

これぞエジプトなウザい人が次から次へと登場。

しかしそんなウザい町にある

カルナック神殿は超素晴らしい遺跡でしたよ。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.7 エジプト/Egypt 1エジプトポンド(EGP)≒6.05~6.31円

情報コーナー

フルガダからルクソール

■交通手段

長距離バス(会社名:Go Bus)

■料金

110ポンド

前日にGo Busターミナルで購入。

参考までにGo Bus社の昼便(13:00発)は90ポンド。

Upper Egypt社のバス(9:00発)は100ポンド。

■出発時刻

8:15

その他、フルガダ発ルクソール行きは、

Go Bus社が13時発と17時発、

Upper Egypt社が9時発を運行。

MCV社はルクソール行きの取り扱いは無かった。

■所要時間

4時間半

■バス乗り場

フルガダのGo Busターミナル。

中心部からは徒歩・ミニバス・タクシー・Uberでアクセスする。

■バス降り場

ルクソールのGo Busターミナル。

バスを降りた途端に自称宿スタッフが群がってくるが、

宿まで付いてきてチップを貰うのが目的なので相手にしないこと。

カルナック神殿

■料金

120ポンド

■営業時間

ネット情報では17:30までとなっているが、

17:00に行ったら入れなかった人もいるみたいなので

早めに行くのがおすすめ。

フルガダからルクソール

本日は移動日です。

 

2泊したビーチリゾートのフルガダを離れ、

遺跡で有名なルクソールという町へ移動します。

 

エジプトにはフルガダから入ったわけで、

これが最初の長距離移動となるわけですが、

まあ色々不安です。なんせここエジプトですから。

 

早朝に宿をチェックアウトしてUberでバスターミナルへ。

いやー本当にUberは楽です。

これ無しでは絶対にタクシー乗りたくないですもん。

早朝でもそこそこの台数が走っていて、

配車してから15分ほどで宿の前まで来てくれました。

 

バスターミナルには一瞬で到着。料金は20ポンド。

交渉で乗る場合でもこれくらいを目標にすれば良いと思います。

メーターよりは確実に高い値段なので、

運転手がアホじゃなければすんなり話がまとまると思います。

 

移動のために水を買いました。4ポンド。

クロレッツはお釣りです。エジプトあるあるですね。

レジの中には1ポンド札が1枚も入ってませんでした。やる気あんのかコラ。

 

そして時間通りやってきたバス。びっくり。

いや、エジプトのバスって遅れることで有名じゃないですか。

で、遅れることを見こしてGo Bus社にしたんですよ。

なぜなら待合い室にエアコン完備で涼しかったから。

でも時間通り出発するのであれば必要無かったですね。

まあそんなこと言ってると遅れるんですけど。

 

ルクソールまでは砂漠と岩山の中をひた走ります。

道路は街周辺以外はちゃんと綺麗に整備されていました。

バスの車内も清潔ではないけど許容範囲で、

エアコンも効いているし何の問題もありませんでした。

 

途中休憩がありましたが降りず。

エアコンが効いた車内で寝てました。

 

そして予定通り4時間半でルクソールへ到着。びっくり。

いや、エジプトのバスって遅れる(ry

 

そしてバスを降りて早々にウザい国エジプトの本領発揮

 

エジプト人1:ヘイマイフレンド!タクシー!?

エ2:タクシー!?ホテル!?

エ3:ボブマーリーピース!?レッツゴー!

エ4:チャイナー!!!

 

いやー、私のエジプト旅、はじまりました。

 

フルガダから明らかに1段階アップしたウザさです。

あと4人目のエジプト人は何しに来たねん。暇かよ。

私は宿は予約してますし送迎もお願いしてませんので

全てを完全に無視して宿へ向かいましたとさ。

ウザいエジプト人のオンパレード

宿にチェックインしたあとは

少し休憩して観光へ向かいます。

 

ルクソールはナイル川を挟んで

東岸(East Bank)と西岸(West Bank)に分かれていて、

前者は日が昇る方向なので生者の町

後者は日が沈む方向なので死者の町とも呼ぶみたいです。

 

ルクソールには3日しか滞在せず、

3日目は朝から移動するので観光は2日ということで、

本日は東岸にあるカルナック神殿を見に行きたいと思います。

 

ルクソール神殿からカルナック神殿まで

数kmに渡って続くスフィンクス通りです。

 

そのほとんどが崩れてしまっていますが、

ちょくちょくスフィンクスの形が残っている個体もありました。

 

それでまあ宿からカルナック神殿までは3.5kmほどあり、

タクシーもミニバスも使いたくない私は徒歩で向かったのですが、

まあ道中絡んでくるエジプト人がウザいんですよ。

 

数十秒ごとにタクシーが

クラクションを鳴らしながら近づいてきて“タクシー?”だし、

“馬車に乗らないか?1ポンドだ!”とか

“水いる?水買うよね!?水!水!”とか、

“チャイナー!ニーハオー!!!”とか、

 

ちょっと私のことは放っておいてもらえませんか。

 

あと最後のやつは何やねん。

 

そんな願いも虚しく、40℃近い灼熱地獄の中、

ウザいエジプト人(ウザプト人)オンパレードの中を歩くこと1時間弱。

ようやくカルナック神殿の端っこに着きました。

 

ただここは入口ではないらしく、

入り口を探して遺跡の敷地をぐるっと回り込むことに。

その間もウザプト人は絶え間なく登場し続け、

水を買おうとするだけでもふっかけられるし、もう疲れた。

 

そしてようやく入口へ。

 

ビジターセンターの中にあったカルナック神殿の模型。

ここ、エアコンが効いてて天国でした。

 

チケット売り場は遺跡の入り口ではなく

このビジターセンターの裏側にありました。わかりにくいわ。

 

そしていよいよカルナック神殿へ入場。

果たしてここまで苦労してやってきた価値はあるのでしょうか。

超素晴らしいカルナック神殿

入り口に並んでいたスフィンクスの1体。だいぶ崩れてますね。

 

別のスフィンクス。なんか象みたいです。

 

そしていよいよメインの大列柱室へ。

 

おお?これは・・・

 

すげー!

 

柱はめっちゃ太いし表面になんか書いてあるし、

これ紀元前に作られたんですよね?すごい。

 

壁画です。

テレビで見たことあるやつです。

砂岩を削って描かれた平面絵ですね。

 

そしてぶっとい柱の上には屋根があった跡が。

今から3000年前にこの建築技術って半端ないです。

 

見てくださいよ、この四角っぷりを。

ヨーロッパの中世の建築ですら、

こんなしっかりした四角は見当たりませんでしたよ。

 

オベリスクです。

Wikipediaによると記念碑の一種らしいです。

もちろん表面に何やらかんやら書いてます。

 

誰ですかね。恐らく古代エジプトの偉い人ですね。

それにしても随分立体的ですが、新しい時代のものなんですかね。

 

壁に書かれた表のようなもの。

紀元前にも表ってあったんですね。すごい。

 

雨や風に当たらない場所は保存状態が良く、

塗料と思われるものが残っていました。

当時の華やかな様子が想像できますね。

 

個人的なお気に入りが、

敷地内南西部にあったコンス神殿。

ガイド付きの観光客はここまでやってこないため、

中には誰もおらず貸切状態。

 

規模こそ小さいものの、

まず建築物の保存状態が良かったです。

 

規模が小さい分細部まで見ることができますし、

 

壁画の残り方もカルナック神殿内では随一。

 

当初は1時間半ほどあれば十分かと思っていたのですが、

蓋を開けてみれば何時間でも見たいくらい楽しく、

閉館時間前に来たことをとても後悔しました。もったいない。

 

帰りは行きとは違う道を通ります。

 

ナイル川です。母なる川ですね。感動。

 

これはルクソール神殿。

外から見るだけで十分という話だったので中には入ってません。

 

実際、カルナック神殿を見たあとだと規模が小さく、

100ポンド払ってまで入りたいとは思いませんでした。

 

町の中心部からは近いので時間がない方はどうぞ。

 

この後、

ナイル川へ沈む夕日を見てから宿へ帰ろうとしたのですが、

ウザいエジプト人数十人に邪魔をされてどうにもならず、

日が沈むのを待たずに宿へ戻ることになりました。

 

明日はルクソール西岸エリアをツアーで巡ります。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

29.エジプト/Egypt
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント