【エチオピア/Ethiopia】アディスアベバ空港でのトランジット奮闘記

999.エチオピア/Ethiopia
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムは移動中。

ケニアのナイロビを離れて、

次の国ウガンダへ向かっている最中です。

昨年に夜行バスを降りた日本人が

強盗に襲われる事案が発生したらしく、

ビクビクしながら眠れない夜を過ごしています。

 

本日のブログは番外編。

29カ国目のエジプトから30カ国目のケニアへ移動するにあたり、

ケニアの北にあるエチオピアでの乗り継ぎ便を利用しました。

しかしこの乗り継ぎが結果的に遅れに遅れ

ほぼ丸一日エチオピアの空港で過ごすことになったので、

トランジット奮闘記として1つの記事に残しておこうと思います。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.15 エチオピア/Ethiopia 1アメリカドル(USD)≒110.5~111.8円

※トランジットのみのため現地通貨は使用せず

エチオピア航空のテキトーな乗り継ぎ

定刻から少し遅れて出発した

エチオピア航空の機内の写真です。

オーソドックスな3+3の中型機ですが、

シートの色が可愛いですね。汚いですけど。

 

機内食です。朝の5時頃ですかね。

 

出発してちょうど眠りについた頃に肩を叩かれて、

“breakfastいる?”

なんて聞かれたものですので、

“いるかぼけえぇぇぇええ寝とんじゃあぁぁ!!!”

と一喝してやろうと思ったのですが、

気が付いたときに口から出ていた言葉は、

“ください!”

でした。ほんと貧乏人ってのは恐ろしい生き物です。

 

そして私を乗せた飛行機は

明け方7時前にエチオピアのアディスアベバ空港に到着。

 

まさかのバス移動。おかしいですね。

アディスアベバ空港はエチオピア航空の本拠地であり、

その本拠地とアフリカ最大の都市カイロを結ぶ、

メジャー中のメジャー路線のはずなのですが。

この路線がボーディングブリッジを使わずに

一体どの路線がボーディングブリッジを使うのでしょうか。

 

そして更に運の悪いことに天気は

私はこの時思ったんですよ。預けた荷物が心配だなって。

まあ結果的にメインバッグは水没させられてたんですけどね。

本当にロクでもない航空会社ですよ。エチオピア航空って会社は。

 

到着エリアです。

 

今回は同一航空会社での乗り継ぎですので、

預けた荷物の心配はありません。

ダイレクトで最終目的地まで運ばれます。

 

ただ乗り継ぎは乗り継ぎということで、

何かしら事務的な手続きはあるでしょうということで、

乗り継ぎカウンターを探します。

 

それっぽいカウンターに人が並んでいたので、

私もブームに乗っかって並んでみることに。

 

私はアフリカに初めて来るわけで

このように黒人の皆様に囲まれるのは初めての経験。

少し緊張しつつも自分の順番を待つわけですが、

まあとにかく皆さん並びませんよね。

 

強引な現地人に抜かされつつも並び続けること30分ほどで、

ようやく私の順番がやってきました。

 

タナカ:乗り継ぎでナイロビへ行きます。

係員:乗り継ぎはあっちよ。

タナカ:そうですか。

 

・・・

 

先言わんかーい。

 

こちらが乗り継ぎカウンターでした。

 

タナカ:ナイロビへ行くのですが。

係員:そこのエスカレーター上がって。

タナカ:はーい。

 

こんな感じでチケットの確認をされることもなく

言われた通りにエスカレーターに乗ると、

 

まさかの出発ロビー。

 

驚くことにアディスアベバ空港の

到着エリアと出発エリアが自由に行き来できるようになっていて、

飛行機を降りて1つ上の階に行くだけで乗り継ぎ完了という

こちらが不安になるようなテキトー具合。これがアフリカ・・・!

 

本当に乗り継ぎができているのか不安になりつつも、

あまりに眠すぎて気持ちが悪くなってきたので、

出発エリアのベンチで仮眠をとることにしたのでした。

エチオピアの問題児、インジェラを食す

今回私はエチオピアをスルーして

ケニアから南下を始めることにしたのですが、

エチオピアで唯一1つだけ心残りがありました。

 

それがインジェラ

 

エチオピアの国民食であり、

世界一不味い主食として名高い名物料理です。

そんなの聞いたら食べたくなるのが人情ってものです。

 

幸いにもアディスアベバ空港の出国エリアには

民族料理が楽しめるレストランがあるということで、

プライオリティパスで使えるラウンジは無いし、

そもそもお腹も空いたしということで、

普段は絶対入らない空港レストランを利用することに。

 

席に座って注文したのは、

 

インジェラ+ラム肉のおかず(料理名不明) 14ドル

 

メニューの金額を見て怯んだのは内緒です。

いい大人はメニューを見て怯んだりしないのです。

 

もちろん当たり前の話ですが、

エチオピア国内では1/10程度の値段で食べられるはず。

 

私の場合、

今後エチオピアに来ることはきっとありませんし、

ビザ代を支払って入国することを考えたら

ここで食べた方がずっと安上がりだと思ったので無問題です。

 

そして待つこと10分ほど・・・

 

しぼった雑巾インジェラがやってきました。

 

エチオピアを旅した方々からは

こんなのインジェラじゃない!と怒られそうですが、

私も同感です。思ってたのとちょっと違う。

まあでも空港レストランですからね。何でもいいです。

 

適当にちぎって写真奥のラム肉と食べたわけですが、

普通に美味しいんですよね、これが。

 

なんかもっとブログに書きやすい、

わかりやすい不味さを期待していたのですが、

何ていうか普通に美味しくて完食しちゃいました。

 

というわけで

最初で最後のインジェラ体験は特に刺激的なこともなく

普通に美味しいランチの思い出となったのでした。

 

本場のインジェラの感想が知りたい方は

ぜひググっていただければと思います。たくさん出てきます。

乗れるの?乗れないの?何時に着くの?

インジェラを食べつつ時間を潰していた私ですが、

ここで本日の飛行機の出発時間について説明しておきます。

 

本日のナイロビへのフライトは

元々11時30分発の予定だったのですが、

前日の時点ですでに遅延が決まっており、

新しい出発時刻は13時30分という連絡が来ていました。

 

13時30分の搭乗口。

既に出発時刻は過ぎていますが、

搭乗の始まる気配は一切ありません。

 

なぜなら飛行機が到着していないから。

 

そして14時頃になって到着した飛行機。

 

これに乗ってやっと出発できるのかと思いきや、

ナイロビ行きはいつの間にか搭乗ゲートが変わっていました。

本当に何のアナウンスも無くいきなりです。

 

ちなみにこの飛行機はヨハネスブルグに行くみたいです。

 

新しい搭乗口に来て出発時刻を見ると、

そこには16時30分の表示が。

11時30分発の便が遅れに遅れて16時30分です。

 

普段であればドンと構えている私ですが、

今回は行先がナイロビ(治安悪い)ということで、

この時点でちょっとパニック気味です。

元々は昼過ぎに着く予定だったものが、

日没後の到着に変わったわけで、これは大問題です。

 

更に追い打ちをかけるように、

ナイロビ行きの1つ後ろの便の乗客も同じゲートに現れ、

もう何が何だかわからない状態に。

 

アナウンスのようなものは一切無いし、

エチオピア航空のスタッフは人数が少ない上に対応が雑で、

自身が置かれた状況が一切把握できません。

 

ナイロビ行きの飛行機はいつ出発するのか?

私はその飛行機に乗ることができるのか?

ナイロビには何時に着くのか?

 

そんなことをグルグルグルグル考えながら、

とりあえず搭乗ゲートにできている行列に並ぶ私。

 

どうやら乗れるみたいです。またバス搭乗。

 

先ほどパニック状態で列に並んでいた私ですが、

列の先頭まで進んだところで新しいチケットが発行されました。

 

そこには1つ後のナイロビ行きの便名が記載されており、

ここでようやく、私の乗る予定だった便が、

1つ後ろの便と統合して運行されることを知りました。

 

そして2便分の乗客を運ぶために

機材が大型のもの(B787)に変更されたみたい。

 

何はともあれ本日中にナイロビに行けることがわかって一安心。

 

そして17時頃になってようやく離陸した飛行機。

実に10時間にもおよぶトランジットとなったのでした。

 

機内食。お味はソーソーでした。

 

これから日の暮れたナイロビに着くというのにビールを。

飲まなきゃやってられない気分だったんです。疲れました。

 

以上がアディスアベバ空港でのトランジット奮闘記。

今回は乗り継ぎだけの利用なので

訪問した国の数にエチオピアは含まれないのですが、

まさか1記事使って書くことになるとは思いませんでした。

 

そして次回からはいよいよケニア編がスタートします。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

999.エチオピア/Ethiopia
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント