【ジョージア】バトゥミの黒海で泳いでカロリーの化身・ハチャプリを食べた日

【ジョージア】バトゥミの黒海で泳いでカロリーの化身・ハチャプリを食べた日

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはウクライナリウネです。

ウクライナはビールが安くて種類がたくさんあるので、

毎日のように飲んでは酔っぱらっています。

働かずに飲むお酒は変わらず旨いです!

 

本日のブログはバトゥミ観光。

観光といってもバトゥミは典型的なリゾートで

特に見ておきたいスポットは無かったので、

黒海で泳いで名物料理のハチャプリを食べてみました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.6.6 ジョージア/Georgia 1ジョージアラリ(GEL)≒42~46円

黒海で泳いでみた

起きました。

昨日は夜通し蚊の襲撃を受けたためあまり眠れませんでした。

寝る前に締めたバルコニーのドアを開けたのは誰ですか。

 

それで少し作業をしたり二度寝をしたりしているうちに

時刻は既に昼前になっていました。ダメですね。

 

バトゥミは何度も書いている通り、

良くも悪くもただのヨーロピアンが好きそうなリゾートなので、

正直行きたいところってないんですよね。

いつも通りロープウェイで高いところに上がっても良いのですが、

何だかバカ高いらしくてお金が足りないので却下。

 

ってわけで黒海で泳ぎたいと思います。

何たって無料ですからね。フリー黒海!ばんざーい!

 

私のように1人で海に行く場合に問題になるのが荷物の管理ですが、

今回は宿から歩いていける範囲に泳げるところがありますので、

パスポートを始めとした貴重品は宿のベッドに厳重にくくりつけ、

スーパーの袋に少額の現金と着替えと防水カメラだけ入れました。

 

こんな感じ。

カメラやスマホももちろん宿でお留守番なので、

ここから先のバンコクで買ったパチプロで撮った写真でお送りします。

画質は悪いし、広角レンズで空間歪みまくりですがご了承ください。

 

街の風景を撮るとこんな感じ。

広角レンズって面白い写りをしますよね。

日本で買っておけば良かった。使いどころ少なそうですが。

 

バトゥミの街中はかなり広い範囲が石畳です。

そして交差点の石畳のデザインが毎回違っていて興味深かったです。

 

交差点シリーズその2。

 

あちこちに自転車レーンがあります。

歩道のど真ん中にあるので正直あまり意味はありませんが、

こういうところにもヨーロッパの接近を感じますね。

 

4階立て以上の背の高いしっかりした造りの建物が多くて、

中心部だけ比較するとトビリシより都会なんじゃないかと思うくらい。

 

本日もスーパーでビールを買ってビーチへ向かいます。

海にビールは欠かせないですから。

バドワイザーがセールで安くてロング缶が100円で買えました。

 

現地のビールって不味くはないんですけど、

例え海外ビールでも日本で普段飲むビールであれば

その飲み慣れた味にホッとします。もはや日本食です。

ちなみに日本のビールはサッポロ派です。

バーベキューのときはバドワイザーかレーベンブロイを飲むことが多いです。

 

話が反れましたが、ビーチが近づいてきました。

 

着きました。黒海ビーチ。

 

青いそら!青いうみ!って感じですね。知らんけど。

 

それにしても人が多いです。

昨日の昼間ははこんなにいなかったのですが何故。

適当に空いているスペースに腰かけて、

 

まずはビールで景気づけです。

青い空に青い海、そんな中で飲むビールは大変美味しいです。

幸せって結局こういうことなんですよね。

 

時間をかけてビールを飲んだあとは泳ぎます。

写真では澄んでいるように見えますが、透明度1mって感じです。

あと見た目の優しさの割にすぐに深くなるので泳げない人は要注意。

 

少し沖にあるブイまで泳いでみたり。

 

ビーチの方を向いてプカプカ浮いてみたり、

 

まだ6月なので気温の割に水温もそこまで高くないですし

ひんやりしていて大変気持ちよかったです。

 

おまけ。

2人乗り用のカモメボートに1人で乗って、

ビーチの近く10mくらいのところを舐めるように進んでいくおじさん。

このおじさんのような強いメンタルが欲しいなと心から思いました。

カロリーの化身

ビーチで海水浴を楽しんだあとは宿に戻って昼寝。

泳いだあとの昼寝ってどうしてこう気持ち良いのでしょうか。

心地よい疲労感と共に一気に深いところまで落ちる感じ。

 

夕方になったので夕食をとるために外出します。

LAGUNAというレストランです。

バトゥミ名物のハチャプリが食べられるお店です。

 

店内はこんな感じ。少し早い時間に来たので空いてました。

 

南コーカサスに入ってからは自炊メインで生活している私ですが、

本日はジョージア最終日ですし、お金も少し多めに余っているので、

久しぶりにちゃんとしたレストランで食事を楽しもうと思いまして。

 

まずはピルスナーです。

このビール美味しかったです。スーパーで買えます。

 

マッシュルームスープです。6ラリ。

たっぷりのマッシュルームが入っていてシンプルに美味しかったです。

 

そしてお待ちかねのハチャプリです。小サイズ8ラリ。

焼きたてジョージアパンの中央部分には、

チーズとバター、そして見てまんま卵黄が乗っています。

 

日本人が大好きな生卵が乗っているこの料理ですが、

お味の方はというと完全なるカロリーです。

味がカロリーってよくわからん表現ですが、

もうとにかく1口食べて口いっぱいに広がるカロリーなんです。

そして遅れて襲ってくるカロリー

カロリーカロリーが調和して絶妙なハーモニーをつくり、

後味までしっかりカロリーを楽しむことができました。

 

要するにもう二度と食べたくありません。

 

色んなところで絶賛されているこの料理ですが、

“日本人の口に合う!”なんて絶対ウソだと思います。

生卵だけ見て適当なこと言ってんじゃないよまったく。

 

いや、不味くはないんですけど、

根本的な食に対する価値観の違いを感じてしまったといいますか。

もっと風味とか素材の味とかそういうのを大事にして欲しいなって。

 

あ、あと小サイズでもかなりの量なので、

個人的には4人で小サイズを1つ注文して、

残りは他のメニューを頼まれることをおすすめしたいです。

私は1人で半分くらいしか食べられませんでした。

 

ジョージア最後の食事は、

カロリーの暴力によるノックアウトで締めくくられたのでした。

本日はここまで。それでは。