世界一周へ持っていくメインバッグ

世界一周へ持っていくメインバッグ

こんにちは。タナカです。

 

本日は、

世界一周へ持っていくメインバッグ

をご紹介したいと思います。

 

ついに買っちゃいました!

バックパッカーの象徴、大型のバックパックです。

 

写真満載でお送りしますので、

よろしければお付き合いください!

 

メインバッグに求める条件についてはこちら。

https://tanaka-mawaru.com/requirement-for-mainbag

サブバッグについてはこちら。

https://tanaka-mawaru.com/introduce-subbag

街歩きバッグについてはこちら。

https://tanaka-mawaru.com/introduce-walkingbag

Karrimor Flyer 50-65

さっそくご紹介します。

 

私が購入したのは、

 

Karrimor Flyer 50-65

です!

 

わーいカリマーだー!

 

カリマーはイギリスの伝統的なバッグブランドです。

カッコいいデザインと、質実剛健なつくりと、抜群の背負い心地が特徴です。

ずーっと憧れていたブランドなんです!(私がFlyerを選んだ理由その①

 

それでは写真でご紹介します!(テンション高め)

まずは正面から。色はグリーン系です。

シュっとした見た目がかっこいいですね。

容量は50L(拡張時は65L)です。

 

背負う面はこんな感じ。

メッシュ素材なので通気性は良いです。(それでも蒸れるけど)

大型バックパックらしく、しっかりしたベルト類がかっこいいですね。

 

また、カリマーのバックパックらしく、

独自の背面調整機能である、SAシステムを搭載しています!

 

SAシステムについては、こちらの公式ページをご参照。

http://www.karrimor.jp/products/list.php?category_id=73

 

背負った状態で調整が可能ってのが良いですね。

実際に店頭で15kgほどの重さにして背負ってみましたが、

しっかり調整して体に密着させれば、重さはほとんど感じませんでした!

 

続いては収納スペースのご紹介。

まずは天蓋。

上に物を乗せたくないようなものや、

よく使うものの収納にぴったり。

 

裏側はメッシュ素材の収納になってます。

小物類の収納に使えそう。洗面道具なんか良いかも。

 

こちらがメイン気室の上側です。

登山用バッグらしく、紐で締めるタイプです。防犯対策に工夫が必要。

 

ここで私がFlyerを選んだ理由その②です。

バックパックの前面に逆U字型のジッパーがついていて、

それを開けると、前面がパカっと開いてメイン気室にアクセス可能なんです。

これなら奥の方にある荷物も簡単に取り出せるし、パッキングも簡単ですよね。

 

メイン気室の下部が紐で閉まるようになっています。

これによってメイン気室を上下で分けて使うことができるんです。

いわゆる2気室ってやつです。旅行用バックパックの重要な条件の1つですね。

 

もちろん下部のジッパーを開けてもアクセスできます。

汚れたものや濡れたものを入れておくのにぴったり。

私はサンダルや靴を入れるスペースにしようかなって思ってます。

 

両サイドには小さな収納が2つ。

背中に沿った細長い収納と、背負ったままで出し入れできる収納。

小物類の収納に便利そうですね。

 

以上、収納スペースのご紹介でした。

ロックジッパー搭載

続いて、

私がFlyerを選んだ最大のポイントをご紹介します。

私がFlyerを選んだ理由その③

 

こちらをご覧ください!

このバックパックですが、

ロックジッパーが最初から付いているんです!

 

分かりやすくするために竹串を挿してみました。

本来はここに南京錠をかけて防犯対策をするのです。

ジッパーの根本で錠をかけることができるので、所謂ポテチ開けはできません。

 

このロックジッパーがついてるバックパックってほとんどないんです。

今回、ネットや店頭で探し回りましたが、見つかったのはこのFlyerだけでした。

 

ロックジッパーになっている部分をわかりやすく強調してみました。

まずは正面から。

黄色い線がロックジッパーで、オレンジの線が普通のジッパーです。

メイン気室にアクセスするジッパーは2つともロックジッパーです。

あとは上部の紐で締める部分を対策すれば完璧ですね。

 

天蓋もロックジッパーです。有難いですね。

 

こんな感じで

簡単に防犯対策が可能ってところが最大のポイントになりました。

 

ちなみにFlyerは登山用としては特殊なバックパックらしくて、

東京の登山用品店を10店舗ほどまわってようやく1つ見つけたんです。

 

公式ページには、5色のバリエーションが掲載されていますが、

今年のカリマーのカタログにはパープルしか載っていないそうです。

つまり、私が買ったものは型落ちってことになりますね。

 

立ち寄ったL-breathの店員さんが言うには、

「そろそろ無くなるのかもしれませんねー」

とのこと。(真偽のほどは不明)

 

完全に無くなってしまう前に買うことができて本当に良かったです。

 

ちなみにお値段は27,702円でした。

3万円を切ったのでまあ良いでしょう!

実際に背負ってみた

それでは最後に、

実際に背負った写真をご紹介します。

 

ご参考までにタナカの身長は180cmちょいです。

 

顔見せがどうしても恥ずかしかったので

スノーボードで使っている覆面を被ってみたところ

完全なる不審者になってしまいましたが、どうかご理解くださいませ。

 

まずは後ろ姿。

このザック、めちゃくちゃカッコいいですね!

 

横から。完全に不審者ですね。

少し小さい気もしますが、大きすぎるよりは良いのではないでしょうか!

 

バックパッカースタイルということで、

前にサブバッグを抱えてみました。

 

・・・なんかもう色々と残念な写真でごめんなさい。(なんだその手は!)

 

以上、実際に背負ってみた編でした。

いよいよバッグが揃った

本日は、

世界一周へ持っていくメインバッグを

写真いっぱいでご紹介しました。

 

ついにすべてのバッグが揃いました!

 

やっぱりメインバッグは格別ですね。

買ってからは、毎日眺めてニヤニヤしてます。カッコいいんだもん。

 

これから長い間どうぞよろしくお願いします!

 

本日はここまで。それでは。