【イタリア/Italy】ミラノ1日観光~後編~無料で入れる教会巡りと科学技術博物館でお勉強

53.イタリア/Italy
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはドイツベルリンです。

はやく暖かい場所へ逃げたいです。あと2週間・・・。

 

本日のブログはミラノ観光の続き。

無料で入れる教会巡りを楽しんだあとは、

科学技術博物館で久しぶりにお勉強をしました。

よろしければお付き合いください!

 

2019.01.19 イタリア/Italy 1ユーロ(EUR)≒121.6~129.8円

無料の教会巡り

前回の続きです。

 

記念墓地で最後の晩餐の像を見学し、

ドゥオーモやスフォルツェスコ城を外から見たあとは、

歩いて次の目的地にやってきました。

 

サンマウリツィオ教会です。

街中にぽつんとあるので最初気づかずに通り過ぎました。

 

入場料は特になく、写真撮影も可能で、

しかも係員がめちゃくちゃウェルカムな感じで迎えてくれました。

なんですかこれ。セネガルから来るとびっくりします。

あっちはマジで何撮っても怒られますからね。

 

この教会の特徴は壁一面に描かれたフレスコ画。

 

色鮮やかなフレスコ画を見ていると

たとえキリスト教徒でなくても厳かな気持ちになります。

 

この教会には全く同じ大きさの部屋が2つあり、

教会に入って最初に見る部屋が公共向けの礼拝堂で、

奥にあるのがもっとプライベートな感じだったと思います。

すみません、説明読んだんですけど忘れちゃいました。

 

巨大なパイプオルガンもこの教会の売りです。

扉に書かれた宗教画も大きくて立派ですね。

 

これはノアの箱舟ですね。

これくらいはさすがの私でもわかります・・・合ってますよね?

 

教会を出たところには

何らかの出土品の展示もされていました。

無料なのに至れり尽くせりですね。素晴らしい。

 

次の目的地へ向かう道すがら

コーヒーを飲んで一息つくことに。

 

イタリアといえばコーヒー文化ですからね。

そういえば上陸したスターバックスってどうなったのでしょうか。

 

カフェマキアートです。1.2ユーロ。

クイッと飲み干してさっさと店を後にするのが作法だそうです。

なので私もクイッと飲み干してさっさと出ました。

個人的にはやっぱりゆっくり座って飲むのが好きです。

 

トラムが来なかったので

次の目的地までは歩いて行くことにしました。

 

見えてきました。

 

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。

 

言わずと知れたレオナルド・ダヴィンチが描いた

最後の晩餐の絵画が展示されている教会なのですが、

絵画は事前予約制なので今回は見学せず。

 

教会部分だけは無料で見れるのではないかとわざわざやってきたのですが、

扉は固く閉ざされていて残念ながらそういう雰囲気ではありませんでした。

 

円筒状のホールが特徴的。

 

ここにきて先ほど訪れたドゥオーモ周辺に

見忘れがあることに気が付いたのでトラムに乗って戻ることにしました。

こういうとき1日券を持っていると便利で楽チンですね。

 

サンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会です。なげえ。

ドゥオーモから歩いてすぐの少し奥まった場所にあり、

街中の小ぢんまりした小さな教会って感じです。

 

中に入るとこれまた係員の方がいらっしゃいまして、

サンマウリツィオ教会と同じく無料でウェルカムな雰囲気です。

 

内部はこんな感じです。

 

いやー街中なのに随分と奥に広い教会ですねー・・・ん?

 

全然広くないやないかー!

 

・・・はい、これがやりたかっただけです。

 

見ての通り錯視を利用して奥に広く見えるようになっています。

街中の教会ならではの工夫・・・なんですかね。面白いです。

 

そんなだまし絵的な要素を置いておいても、

金ピカなのに品の良さを感じる装飾は一見の価値があると思いました。

サンマウリツィオ教会と並んで見ていてとても楽しいです。

 

係員の皆様も笑顔が素敵なおじさまおばさまで、

出ようとしたら“あっちは見た?”と言って

まだ見ていないエリアを教えてくれたりしました。

 

今はまだアフリカから帰ってきたばかりなので

教会を見学していてもいちいち楽しいのですが、

1週間後にはきっとグチグチ文句を言っていると思います。

 

パイプオルガンです。こっちは家庭用サイズですね。

このサイズなら部屋にあっても違和感ないです。いらないけど。

昼のナヴィリオ地区

無料の教会巡りを楽しんだあとはメトロに乗って移動。

 

昨晩アペリティーヴォを楽しんだナヴィリオ地区にやってきました。

せっかくなので昼間の景色も楽しんでおこうと思いまして。

 

ミラノに唯一残る運河に沿って

お洒落なお店やら何やらが並んでいるエリアです。

ミラノでは特に夜に賑やかになる地区だそうです。

 

昨日はやっていなかった

バザーのようなイベントが催されていました。

特に面白いものは無かったです。

衣服は安かったけど質もそれなりって感じでした。

 

そして昨日は夜だったので気づかなかったのですが、

このナヴィリオ運河の水は意外と澄んでて綺麗なんですよ。

 

こんな感じで底が透k・・・

 

iPhoneですね。

大きさてきに6か7でしょうか。

iPhoneユーザーじゃないのでわからないです。ごめんなさい。

 

運河沿いにある甲子園みたいなレストラン。

 

季節の問題なのか運河といいつつ船の往来がないので、

運河沿いの建物が綺麗に水面に映っていました。

 

そんな運河沿いをふらふら散歩します。

 

大きな建物がありました。何なんですかねこれ。

 

昼間のナヴィリオ地区にやってきましたが、

これといって物珍しいものはなく、

一通り散歩したあとはバスに乗って次の目的地へ向かうことに。

科学技術博物館でお勉強

やってきたのは

レオナルド・ダヴィンチ記念国立科学技術博物館です。

 

イタリアが誇る有名人、

レオナルド・ダヴィンチの名を冠した博物館ですね。

神戸でいうところの青少年科学館みたいな感じだと思います。

 

ミラノでどこか1つだけ入場料を支払って入るとして

どこに入りたいかを考えたとき、

なぜかここに入りたいと思ったのでやってきました。

 

ちなみに入場料は10ユーロでした。中々のお値段です。

 

というわけで見学開始です。お勉強お勉強。

 

色々な発明品が展示されているフロア。

 

これは潜水服です。時代は・・・忘れました。

 

いやー、メモしながら見学するクセがないんですよね、私。

 

ふんふん・・・ふーん・・・

 

と自分で納得し、大抵その3秒後には忘れているんです。

こればっかりはクセなのでどうしようもありません。

 

これは未来の車ではなく過去の車です。

1950年くらいの24時間耐久レースで使われた車で、

エンジンは確か700cc前後、

車体の右側にドライバーと燃料タンクがあり、

左側に駆動系とエンジンが乗っているとのことです。

そうやって左右のバランスを取っているんですね。

好きな分野についてはちゃんと覚えているんです。

 

ここは企画展です。

食に関するお仕事をする人をテーマにした展示でした。

 

展示の仕方がいちいちお洒落です。さすがイタリア。

 

これは確かロケットの部品だったかと。

こういう回路とか配線とかを見てると会社員時代を思い出します。

 

超電導コイルです。

英語の説明が難しくていまいちよくわかりませんでした。

 

これはラジオがどうやって電波を処理するかを

ゲームをしながら学ぶことができる体験型アトラクションなのですが、

 

RC回路ですね。

イタリアの子どもはこんなのわかるんですか。

私ですら会社員になって実際に使い始めてから

やっとこさ自分の知識にしたというのに。

 

古い電話。

 

iPodとBlackBerryです。いやー懐かしいですね。

 

まあ両方持ってたことはないんですけど。

 

地下には休憩スペースがあって、

自販機で買ったものを食べたり、

お弁当を持ち込んで食べている人もいました。

 

お腹が空きすぎたのでお菓子を購入。1ユーロ。

このシリーズは安くて量が多くてオススメです。ピザ味が好きです。

 

大きな機械の展示も多くて、

子供はもちろん大人も楽しめる施設だと思いました。

 

鉄パイプを作る機械だそうです。

 

実際、1人で訪れている大人もたくさん見かけました。

確かこの日は土曜日だったのでお休みなんですかね。

大変有意義な休日の過ごし方ですね。私も見習わないと。

 

そんなこんなで全体を見学し、

久しぶりに脳を刺激を感じて疲れたところで退館しました。

 

1つ失敗があるとすれば

1日の最後にここを訪れてしまったことですかね。

さすがに丸一日歩き回った後だと

英語の長文を読むのがしんどくて大変でした。

 

もしまた来る機会があれば

今度は丸一日かけて隅々まで楽しみたいなと思いました。

 

退館したあとはスーパーに寄って宿に帰りました。

 

帰りはメトロの1日券の期限が切れていたので、

1.5ユーロの1回券を買って帰りました。

西欧にしてはメトロの値段が安くて助かります。

 

おまけ。デカトロンで買った色々。

イベリア航空に破かれたザックカバーの代わり(8ユーロくらい)と、

手袋(2ユーロ)、ネックウォーマー(2ユーロ)、帽子(4ユーロ)です。

さすがデカトロン、バックパッカーの味方ですね。安いです。

 

明日はミラノからヴェネツィアへ移動します。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

53.イタリア/Italy
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント