【ラオス/Laos】え、こんなに居心地良くて良いんですか?ラオスの首都・ビエンチャン!

【ラオス/Laos】え、こんなに居心地良くて良いんですか?ラオスの首都・ビエンチャン!

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはラオスルアンパバーンです。

ラオス滞在7日目です。この国、本当に好きです。

きっと日本人のほとんどが好きになれると思います。

そんな居心地の良いラオスですが、

本日の夜行バスでタイのチェンマイへ移動することにしました。

意外にもこの旅初めての夜行バスなので、

今からどきどきわくわくしています。

 

本日のブログは

ラオスのビエンチャンへ到着した日のお話。

私は新しい街へやってきたとき、

必ず最初は宿の周囲をとにかく歩き回るようにしています。

そうすることで街の規模や雰囲気・物価が把握できるからなのですが、

ビエンチャンは歩き始めて早々に好きになったくらい、

首都なのにとにかくのんびりした素敵な街(町?)でした。

よろしければお付き合いください!

 

2018.2.20 ラオス/Laos 1000ラオスキープ(LAK)≒12~13円

昼のビエンチャンを歩く

バンコクからノンカイまで寝台列車で移動し、

その後、国境バスとローカルバスを乗り継いで

ビエンチャン中心部まで移動してきた私。

 

バスを降りる場所を少し間違えて

宿まで20分ほど歩くことになりましたが、何とか到着。

 

チェックイン時間まで3時間ほどあったので、

とりあえず宿併設のカフェでコーヒーを飲むことに。

 

ラオスコーヒー。12,000キップ。グラスが可愛い。

例によってめちゃくちゃ甘ったるいのですが、

最近は“これはこれでありかな”って思い始めてます。

 

宿にあった地球の歩き方を読みながら時間を潰します。

 

カンボジアからタイへの移動で一緒になったドイツ人に、

 

ビエンチャン行くの?何で?つまんないよ?

 

なんて言われてましたが、

確かに情報が少ないし、観光スポットもほとんど無さそうです。

 

個人的にはメコン川に沈むサンセットを見ながら

のんびりできればそれで良いのですが。

 

ビエンチャンのおおよその地理なんかを把握して、

まだ時間があったので宿の周囲を少し歩いてみることに。

 

バンコクからくると

その車の少なさに驚きます。首都なのに。

 

ビエンチャンまで北上すれば涼しいかと思っていたのですが、

実際はそんなことなくて、この日も30℃超えの猛暑でした。歩きたくない。

 

バンコクほどではありませんが日本語もよく見かけます。

海の無い内陸国でシーフードとはこれいかに。

そういえば海のないラオスではメコン川で取れる魚を食べるそうです。

 

たまたま通りかかった屋台でサンドイッチを購入。

笑顔が素敵なおばあちゃんが作ってくれて、小サイズで10,000キープ。

ラオスはベトナムやカンボジアと同じく、フランスの元植民地なので、

バインミーやヌンパンと同系統のサンドイッチが食べられます。

カオ・チー・サイ・クアンっていうらしいです。言いにくいわ。

 

少し歩きましたが、

とにかく暑くてすぐにバテたので宿に戻ることに。

 

適当な商店でビアラオ小瓶(6,000キープ)を購入し、

チェックイン時間までダラダラ過ごしました。昼ビール最高!

 

少し歩いてわかったのですが、

どうやら自分はラオスが好きになれそうです。

何が良いってやっぱり雰囲気ですかね。のんびりしてます。

 

チェックイン後は夕方までベッドで爆睡。

寝台列車で思ったより眠れなかったので、それはもう気持ちよかったです。

夜のビエンチャンを歩く

さて、夕方までベッドで爆睡した私は、

このままではいかんと思って外出します。

 

ビエンチャンでは珍しい(失礼)立派な建物。

 

昼間は車が少なかったのですが、

さすがに夕方になると混んできてました。それでも空いてるけど。

 

日本食レストランです。大阪行きたいです。寿司食べたい。

 

ナイトマーケット沿いの通りです。

 

ビエンチャンは一方通行が多くて、

慣れないうちは運転が大変そうだなと思いました。

その代わり、車が一方向からしか来ないので

歩く分には歩きやすいです。道路渡るときとか。

 

メコン川沿いで毎日行われているナイトマーケット。

まだ時間が早いので人もまばらです。とりあえずスルーしました。

 

ナイトマーケットを通り過ぎると土手があって、

メコン川に沿って道路が綺麗に整備されていました。

 

ナイトマーケットの中には屋台はありませんが、

土手の下には屋台街のようなものがありました。行ってませんが。

 

メコン川です。母なる川です。

 

私には利根川に見えました。

川幅とかも土手の雰囲気がそっくりで、

日本でメコン川が見たければ利根川に行ってみてください。

メコン川はラオスとタイの国境ですが、

利根川は埼玉県と群馬県の県境です。

埼玉がタイで群馬がラオスですね、雰囲気的に。

 

ちなみに天気は残念ながら曇りで、

写真で見たような美しいサンセットは見ることができませんでした。

あと2泊するので1日くらいは見れることを期待しています。

 

ナイトマーケットに戻ってきました。

規模はそこそこ大きいし、タイより若干安い気がします。

ラオス人は押しが弱いって聞いていたけど

確かにその通りで、ゆっくり見ることができました。

タイでは売ってなかったボクサーパンツが売られていたので、

次行くときに購入しようかと思ってます。

 

ビエンチャン名物の川沿いエアロビクスです。

意外と本格的にやってて、みんな楽しそうでした。

旅行者っぽい人や男性もいたので好きな人はぜひ。

 

サンセットは残念ながら見ることができませんでしたが、

夕焼けはきれいでしたよ。

 

それにしてもビエンチャンは雰囲気が良いです。

夕日を見るために土手でゆっくりしている人がいたり、

エアロビクスやランニング、散歩を楽しむ人がいたり、

ビールは安いし、人も素朴でよく笑います。

私はこの短時間でビエンチャンが好きになりました。

 

ビエンチャンの中心にあるナンプ広場です。

恐らくビエンチャンの中でもナウでトレンディな場所で、

外国人向けのレストランが集まってますが、ちょっとお高めです。

ルーフトップに席があるレストランが複数あったので、

デートなんかでは良いんじゃないでしょうか。デートしたい。

 

私はクソ貧乏なので

ナンプ広場の洒落乙なレストランには入れず、

少し離れたところにある中華系の食堂に入りました。

 

空心菜の炒め物。20,000キープ。

量が多かったのでほとんど全部お持ち帰りしました。

 

ダックヌードル。20,000キープ。

アヒル?カモ?よくわかりませんが、

これ、マジでめちゃくちゃ美味しかったです。

鶏ダシの塩ラーメンです。また食べたい。

 

食事のあとはコンビニに寄ってビールを購入。

5,000キープ札と間違えて

50,000キープ札を出したのですが、

店員の男の子が笑顔で訂正してくれました。素敵だわ。

 

その後は宿に戻って

ビールを飲みながらブログを書いたり

日本の友達と電話したりしてました。

 

 

本日はここまで。それでは。