2018
03
Mar

【ラオス/Laos】世界遺産の町・ルアンパバーンでメコン川の向こうに沈む夕日を眺める

こんにちは。タナカです。

リアルタイムはタイパーイです。

偶然出会った宿の居心地が良すぎて、

毎日自堕落な楽しい日々を送っています。

今日1人で昼からビールを飲んでたら

ついつい楽しくなってしまい

ブログ村やFacebookページの写真を

自分の写真にしてしまいました。

こんな顔のヤツが1人でのんびり旅をしています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

本日のブログは、

世界遺産の町・ルアンパバーンで過ごした1日のお話。

ビエンチャンでは天気に恵まれずに

3日滞在して1度も夕日を拝むことができませんでしたが、

ルアンパバーンではメコン川へ沈む夕日を堪能することができました。

よろしければお付き合いください!

2018.2.25 ラオス/Laos 1000ラオスキープ(LAK)≒12~13円

ルアンパバーンを歩く

前日の夜に

バンビエンからルアンパバーンへ移動してきた私。

いや、ラオスって本当に居心地が良くて、

今まで行った国の中でもトップレベルに好きなんですけど、

ちょっと刺激が足りないんですよね。本当に好きなんだけど。

旅に出てからもうすぐ2カ月が経ち、

東南アジアにも少し飽きてきてしまっている状態なので、

ちょっとペースを上げて東南アジアを抜けてしまおうかと。

なので、クアンシーの滝や象乗りなどの

ルアンパバーン定番の観光スポットをことごとくスルーして、

翌夜発の夜行バスでタイのチェンマイまで移動することに。

そういうことなので、

今日はルアンパバーンで1日ゆっくりします。

ルアンパバーンは車やバイクの数が少なく、

大きな道路も無いので本当に歩きやすいです。

犬も可愛いです。そして大人しい。

いやマジで可愛い。犬と一緒に旅したいです。

世界一周した犬って今までいるんでしょうか。いるんだろうな。

太陽の力が強いのでとても色鮮やかです。

ナイトマーケットが開かれる通りも、昼間は割と静かです。

ちなみにほとんどのお店では子供が店番をしてました。日曜だから?

多分寺院です。興味が無いのでスルー。

入場料は確か20,000キープでした。

これはメコン川に合流する支流のナムカーン川です。

四国あたりにありそうな、そこそこ流れのある小さな川。

手前のバンブーブリッジを渡ると対岸のレストランに行けます。

お昼ごはんはカオソーイ。15,000キープ。

上にのってる肉味噌が本当に美味しいです。担々麺っぽい。

タイのカオソーイとラオスのカオソーイは違うらしいのですが、

タイでまだカオソーイを食べてないので、今度比較してみます。

プーシーの丘へ登る

ルアンパバーン中心部の有名観光スポットといえば、

中心部に頓挫する小高い丘・プーシーの丘です

入口にでかでかと看板があるのかと思ったら

意外とわかりにくくて、何回も前を素通りしていました。

写真左がナイトマーケット通りで、王宮博物館の向かいあたりですかね。

こんな階段を登っていきます。時刻は昼過ぎ。

猛暑です。夕日の時間には激混みするらしいですが、

この時間なら空いているだろうという推測。

先ほどの階段を登り切ったところで入場料の支払い。

20,000キープです。結構高いと思います。

こんなクソ暑い真昼間に

丘に登るバカな人はほとんどいませんでした。

登頂です。頂上には寺院があります。

南西方向の風景です。うーん綺麗。

これは南方向。綺麗ですね。

綺麗ですけど、思ってたほどではありませんでした。

東南アジアは写真詐欺が多くて困ります。どんだけ修正しとんねんと。

あと、木が邪魔になってあまり眺望が良くありません。

夕日の時間は混雑するようですが、

綺麗な夕日を見れる人がどれくらいいるのか不安になりました。

反対側から下りる道には仏像や寺院がありました。

この裏道から登ると

入場料がかからないっていう噂がありますが、

確かに料金所のようなものは見当たりませんでした。

まあでもその辺はモラルの問題なので、私は払うべきかなって思います。

メコン川沿いも散歩してみます。

近くで見るとめちゃくちゃ汚いです。完全にドブ川。

川沿いは中心部に比べて静かですし、

お洒落なカフェなんかも立ち並んでいるので、

次ルアンパバーンへ来ることがあれば、

このあたりに滞在しても良いかなって思いました。

メコン川に沈む夕日を眺める

さて、昼間歩き回って疲れた私は、

宿に戻って一旦休憩し、

サンセットの時間に合わせて再度外出します。

今回夕日を見るのは定番のプーシーの丘ではありません。人混み嫌いなので。

メイン通りから離れて北の方向へ歩いていきます。

メコン川とナムカーン川が合流するあたりまで

20分ほど歩くと、こんな感じの河原が見えてきます。

このあたりを目標に歩けば良いと思います。

河原に下りると、

ちょうどメコン川の下流の方向に太陽が沈んでいくのが見えます。

遠くの山々が太陽に照らされて綺麗ですね。

ほどなくして夕日が沈みはじめました。

メコン川やその上に浮かぶ小船の向こう側に沈んでいく夕日。

昨日、バンの中から見た夕日も綺麗でしたが、

母なる川・メコン川に沈む夕日には何か別の意味を感じてしまいます。

夕日は沈むまでと同じくらい沈んだ後の時間も大事です。

この日は雲が少なかったので微妙でしたが、

それでも美しいグラデーションを見ることができましたよ。

夕日を堪能したあとは町へ戻ります。

ルアンパバーンって山の中にあるのに

どことなく沖縄の離島に雰囲気が似てる気がします。

ラオス最後の夜は、ちょっとおしゃれなレストランへ。

プーシーの丘の裏の通りは、

ナイトマーケットのあるシーサワンウォン通りより静かでおすすめ。

ビアラオ大瓶。お洒落なお店なのに10,000キープ。

他のメニューも15,000キープ程度からなので、

見た目の割にお手頃なレストランでした。味も良し。

日中しっかり歩き回って疲れていた私は、

この店でビールを飲み、宿に戻ってまたビールを飲み、

ほろ酔い(だと思う)になって眠りにつきましたとさ。

そういえば、

日本ではほとんどビールを飲まない私ですが、

旅に出てからお酒はビールしか飲んでいません。

正直、チューハイ飲みたいです。あと焼酎。

日本の友達に勧められて

ラオラオっていうラオスの米焼酎を買ったのですが

まだ飲んでないのでここぞというときに飲みたいなと思います。

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)