【マケドニア/Macedonia】オフリト観光とソフィアへ乗り継ぎ移動・・・できない

26.マケドニア/Macedonia
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはブルガリアヴェリコ・タルノヴォです。

いやー、私はもう疲れました。

疲れたので、ブルガリアで行く予定だった場所を全てスルーして、

黒海沿いの都会で数日ダラダラします。許してください。もう限界。

 

本日のブログは観光と移動。

マケドニアの世界遺産の町・オフリトは、

美しい湖畔の景色が印象的な町でした。

また、オフリトからソフィアへ移動するための

完璧なプランは再び打ち砕かれました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.7.18 マケドニア/Macedonia 1マケドニアディナール(MKD)≒2.03~2.16円

情報コーナー

オフリトからスコピエ

■交通手段

バス

■料金

500ディナール

■出発時刻

16:30

その他、1日数本が運行。

■所要時間

3時間半

■バス乗り場

オフリトのバスターミナル

■バス降り場

スコピエのバスターミナル

スコピエからソフィアの夜行バス

毎日22:00と24:00に出発するはずだが、

この日はバスが運行していなかった。原因は不明。

オフリト観光

本日はバスの時間までオフリトを観光します。

 

昨日、アテにしていたバスが本日運行しないことを知り、

完璧な計画が一瞬にして崩れ去った私ですが、

直行便が無いなら乗り継ぐまでということで、

夕方のバスでスコピエに戻り、

そこからソフィア行きの夜行バスに乗り換えることにしました。

完璧な計画Part2です。簡単には諦めませんよ。

 

バスの時間は16時半なので、

それまでは予定通りオフリトの町を観光します。

石畳の狭い路地が入り組む、良い感じの街並みです。

 

湖の方向に向かって下り坂になっており、好きな雰囲気。

 

オフリトの特徴は旧市街のあちことにある教会です。

全盛期には365以上の教会があったそうです。

1年間毎日違う教会にお祈りに行けちゃいますね。

 

こっちも教会。

オフリトは今でこそ小さな町ですが、

かつては第一次ブルガリア帝国の首都だったそうです。

 

こっちも教会。

 

天気は快晴。

遠くに城壁が見えたので、そこに向かって坂を上がっていきます。

 

途中振り返ったときの景色。

今まで散々見てきた赤屋根の景色です。

こんなこと言うのも何なんですが、

ぶっちゃけもう見飽きてるので特に感動も無し。

いや、でも湖畔の雰囲気は好きです。やっぱり海とは違いますね。

 

着きました。サミュエル要塞です。

入場料60ディナールを払って入場します。

 

中はこんな感じ。特筆することはないですね。

 

ただ、この要塞は城壁の上に上がることができます。

 

そこからの景色はとても美しかったです。

これは湖とは反対の方向の景色。

オフリトって意外と大きな町なんですよね。

 

これは湖方面。

 

逆方向。浅瀬の淡い青色が透明度の高さを物語っています。

 

大きすぎて風にたなびかない国旗。

マケドニアの国旗は赤と黄の2色で構成されており、

中央の黄色い円は太陽、そこから出る8本の線は太陽から出る光線だそうです。

太陽をモチーフにしているのは日本の国旗と同じですね。

 

要塞を離れて旧市街を歩きます。

建設中の建物。教会でしょうか、独特な形状です。

それにしても最初に屋根から作るんですね。びっくり。

 

旧市街の中はかなり広い範囲を工事しており、

中々思うように歩けませんでした。

 

ぶらぶら適当に歩いて回り道をしていると、

向こうの方にお目当ての教会が見えてきました。

 

聖ヨヴァン・カネオ教会です。

オフリトを象徴する教会でございます。

なぜかというと、

 

このロケーション。

湖畔に佇むその姿はオフリトらしさを全面に表現しています。

このオフリト湖は深さが300m近くある大変美しい湖で、

 

見てくださいこの透明度。どこかの南の島みたい。

そりゃヨーロピアンがこぞって余暇を過ごしにくるわけです。

SUP(Stand Up Paddle board)楽しそうですね。やりたい。

 

湖沿いはビーチとバーが並ぶ完全なリゾート。

根暗な私は誰とも目を合わせずに足早に通り過ぎます。

 

大きな教会。

 

新市街の近くまで戻ってきました。

簡単ですが、これにてオフリトの観光は終了。

旅程に余裕があって、

かつもう少し静かな場所であれば、

ぜひとも連泊したい素敵な場所でした。

ソフィアへ移動・・・できない

バスターミナルへやってきました。

まずはこれからスコピエまで戻ります。

 

スコピエまでは3時間半。

 

スコピエのバスターミナルへ着きました。

 

ソフィア行きのバスに乗るべく、

すぐに写真左のチケット売り場へ向かいます。

 

タナカ:ソフィアへ行きたいのですが。

おばちゃん:いつ?(キレ気味)

タナカ:今日です。22時の便で。

おばちゃん:22時は無い。Midnightだけ。(キレ気味)

タナカ:じゃあそれでお願いします。

 

予定より遅い時間ではあるものの

とりあえず明日の朝にはソフィアに着けそうで一安心・・・と思いきや

おもむろにどこかへ電話をかけるおばちゃん

 

そして戻ってきて開口一番、

 

おばちゃん:今日はソフィア行きのバスは無い。

 

はい、死にました。

 

いやいや、首都と首都を結ぶバスですよ?

こっちは事前に色々調べてきてるんですよ?

そんな簡単に運休とかなりますかね?

あとなんであなたキレ気味なんですか。

 

とまあ愚痴っても仕方ないですが。

 

念のためチケット売り場とは別に、

各バス会社のオフィスがあったのでそちらにも行きましたが、

やはり本日のソフィア行きのバスは無いそうです。おかしいな。

 

というわけで私の完璧な計画Part2も

立案からたった4時間で白紙に戻ることに。

 

翌朝のバスを予約し、

予め調べておいた駅近くの宿へ向かったのでした。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

26.マケドニア/Macedonia
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント