【モロッコ/Morocco】タリファからタンジェへのフェリー移動と初めてのタジン!

47.スペイン/Spain
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはモロッコメルズーガです。

1泊2日の砂漠ツアーに参加中です。

 

本日のブログからモロッコ編がスタート。

スペインのタリファからタンジェへとフェリーで移動しました。

久しぶりのアフリカ大陸です。ドキドキしますね。

モロッコといえば!のあの料理も食べましたよ。

よろしければお付き合いください!

 

2018.12.9

スペイン/Spain 1ユーロ(EUR)≒127.6~132.9円

モロッコ/Morocco 1モロッコディルハム(MAD)≒11.73~12.08円

情報コーナー

タリファからタンジェ

■移動手段

フェリー(会社名:Inter Shipping)

■料金

32ユーロ

前々日にフェリーターミナルの窓口で購入した。

ネット予約も可能だがあまり評判が良くなく、

また決済が通らなかったので窓口で予約した。

■出発時刻

10:00(その他1日数便が運行)

■所要時間

約1時間

■フェリー乗り場

タリファのフェリーターミナル

■フェリー降り場

タンジェの旧フェリーターミナル

■その他

天候によってはフェリーがかなり揺れるので

酔い易い人は酔い止めの服用がおすすめ

いざ、アフリカ大陸へ!

ついにこの日がやってきました。

 

アフリカリターンズです。

 

本日スペインからモロッコへ入り、

その後1カ月と少しの期間をかけて

セネガルまで陸路で南下していく予定です。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

私は今年の8月から10月までの約2カ月間、

東アフリカから南アフリカにかけて旅をしました。

 

その旅を終えての正直な感想は、

 

もうアフリカには行きたくない

 

でした。

 

治安や衛生面で不安があるし、

何より色々と考えることが多すぎるんですよね。

差別や貧富の差、先進国と後進国などなど、

毎日考えては眠れなくなることが多かったのです。

 

それにも関わらず

どうしてまたアフリカに行くことになったのか?

 

 

んなこと知りませんよ。

 

 

気が付いたときには

西アフリカを旅するイメージが脳裏にこびりついて離れず、

 

もう行くしかない・・・いや、行かないといけない!

 

という謎の義務感に駆られるようになったんです。

これはもう病気です、病気。保険効くんですかね。

 

そういうわけですので、

誠に不本意ながら本日よりアフリカリターンズ編がスタートします。

 

愚痴と不満に溢れた日記が続くことになりますので、

どうぞ会社に向かう電車の中ででも読んでいただき、

より一層ブルーな気持ちになっていただければと思います。

 

フェリーターミナルまでは宿から歩いて10分ほど。

ヨーロッパともしばらくのお別れです。また帰ってきますが。

 

タリファのフェリーターミナルです。

チケットは2日前に購入済みですので、

そのまま出国審査へ進みました。

 

荷物検査(X線)と出国審査を経て一瞬で出国。

フェリーターミナルには無料で使えるWi-Fiが飛んでました。

 

フェリーには徒歩で乗船。

乗ってすぐの場所に大きな荷物を置く場所もありました。

 

乗船後はすぐに出国審査です。

2箇所に分かれてモロッコの国境職員がいたので、

列に並んで自分の番を待ちました。

 

自分の番が来たらパスポートと

事前に記入しておいた入国カードを提出し、

あとはスタンプが押されるのを待つだけ。

今回はタンジェでの宿泊先の名前だけ聞かれました。

 

スタンプの押し方よ。

 

何を贅沢に1ページ使っちゃってるんですか。

私はページ数足りてるから別にいいんですけど、

もし増補してない人とかだったらキレていいですよ。

 

船内を探検します。

タリファから出るフェリーは全て高速船です。

ザンジバルに行ったときのことを思い出しました。

 

そんなに大きな船ではないですが売店や免税店もありました。

 

もちろんデッキもあります。

 

出発までは時間があるので、

適当な座席に座ってゆっくりしてました。

 

フェリーは定刻通りに出発。

Googleマップのレビューを見る限り、

あまり評判の良い会社ではないので心配していたのですが、

今回は時間通りに運行してくれるみたいで良かったです。

 

所要時間は約1時間ということで、

あっという間にアフリカ大陸が見えてきました。

 

この大陸間をフェリーで渡るっていうのを、

旅に出る前からずっとやりたかったんですよね。

だからこの区間は絶対にフェリーを使うって決めてました。

そしてついに夢が叶いました。ありがとうございます。

 

タンジェの街が見えてきました。

 

タリファを出発するフェリーは

市街地のすぐ近くにある旧フェリーターミナルに着きます。

 

ちなみにアルへシラスを出るフェリーは、

市街地から離れた新フェリーターミナルに着くので要注意。

バスが出ているみたいなので、

あまり気にしなくても良いかもしれませんが。

 

下船の準備です。

荷物の準備もそうですが、心の準備が大事です。

ここはもうアフリカですからね。

 

入国審査は既に船内で済んでいますが、

フェリーを降りる際にパスポートチェックがありました。

 

というわけで

世界一周49カ国目・モロッコ編のはじまりです。

タンジェのメディナで早速迷う

フェリーターミナルを出た途端に

タクシーの客引きに囲まれるのではないかと

かなり身構えて怖い顔をして建物を出たのですが、

 

誰も話しかけてきません。

正面に見えているのがメディナ(旧市街)の城壁です。

 

もっとこうお手本のような

ウザいモロッコ人がたくさんいるのかと思いきや、

皆さん特に私には興味がないみたいです。おかしい。

 

その後メディナに歩く途中で、

何回かタクシーの客引きはあったものの、

笑顔で“No~”というと一瞬で引き下がってくれました。おかしい。

 

そしてあっという間にメディナに到着。

どうやらここがメインストリートのようです。

 

通りにはカフェやお土産屋さんが並び、

たくさんの人が行き交っていてとても賑やか。

ヨーロッパとは明らかに違う雰囲気に心が躍ります。

 

そして迷いました。

 

もうね、すごいんですよ。とにかくすごい。

メディナの中が完全に迷路になっています。

 

頼みの綱であるGoogleマップやMAPS.MEですら

全ての路地を網羅できていない上に、

そもそも道が狭すぎてGPSの精度じゃ現在地を特定できません。

 

予約している宿は城壁の近くなので、

とりあえず城壁を探してそれに沿って歩きました。

 

城壁の外側から見た景色。美しいです。

 

そして何とか宿まで辿り着き、

チェックイン時間まではまだ少し時間があったので

荷物を置いて早速街歩きに出かけることに。

 

モロッコはイスラム圏なので、

そこら中に猫がいて癒されます。

 

カメラに興味津々なにゃんこ。

 

将来美人になりそうな子猫。

 

とりあえずメディナの外に出て、

宿のスタッフに教えてもらった中心部へ向かうことに。

 

いやーいいですね。

モロッコ!って感じがします。

 

ここが目的の中心地。

真ん中に広場があってその周囲に飲食店が並んでいます。

とりあえずここの近くの銀行でモロッコのお金、

モロッコディルハムを引き出しました。

ディルハムって響きがかっこいいですよね。

 

広場の周囲には特に見るものがなかったので

メディナの周囲をぐるっと回ってから再び中に入りました。

 

薄暗い路地。なんだか不安になる雰囲気です。

 

適当に歩いているうちに

また先ほどのメインストリートに戻ってきました。

 

こうなんていうか・・・生活感がありますよね。

 

この生活感の有無ってとても大事で、

私はもちろん生活感のある方が好きです。

人の生活と文化って切り離せないじゃないですか。

 

ヨーロッパの旧市街って

確かに美しくて写真映えもするのですが、

そこに生活する人がほとんどいないので、

どうしてもテーマパークっぽさを感じてしまうんです。

 

その点モロッコのメディナの中は、

そこに住む人たちの生活が垣間見えるので好きですね。

 

メディナの中には市場もありました。

野菜やらお肉やら雑貨やら何でも置いてました。

イスラム教の国なので豚肉はもちろんないのですが、

軒先からウサギが吊るされていたのにはびっくりしました。

ウサギ食べるんですね。ちょっと食べてみたいです。

 

こっちは魚コーナー。

モロッコで海の幸が食べられるといえば

南部の海沿いにあるエッサウィラが有名ですが、

タンジェももちろん海のすぐそばなので、

置いてある魚はどれも新鮮そうでした。

モロッコといえばタジン

お腹が空いてきたので、

モロッコといえば!あの料理を食べたいと思います。

 

あんまりローカルな店に入って

ぼったくりや何やらで揉めるのが嫌だったので、

先ほど出てきた中心部の広場にある、

英語メニューがある観光客対応のお店に入りました。

 

無料で付いてくるパン。

元々は丸い円盤状になっていて、

中央アジアのナンを思い出すような見た目ですが、

食感はこちらの方がずっと軽くて、私は好きです。

 

タジンです。

モロッコといえばタジンですよね。

 

タジンにはいくつか種類があったので、

オススメされたものをオーダーしてみました。

“いちばん高いやつを勧めるんかい!”

とは思いましたけどね。

 

牛肉のタジンです。45ディルハム。

ほろほろに煮込まれた牛肉と野菜が大変美味しく、

ダシの出た濃厚なスープにパンをつけて食べると最高でした。

味自体はスパイスが効きすぎているようなこともなく、

素材の旨味を活かしていて、なんていうかとても優しいです

 

というわけで初めてのタジンは大満足でした。

きっとこれからモロッコにいる間は何度も食べると思います。

 

食事のあとは宿に戻ってチェックイン。

屋上のテラスがとても素敵だったのでそこでのんびり。

 

テラスから眺めるタンジェの街並み。

旧市街を一望・・・とはいきませんが、

海から吹く風がとても心地よかったです。

 

あと建物と建物の間が近いので、

屋根の上にもう1つの町ができているみたいで面白かったです。

 

そして旧市街の向こう側へ沈んでいく夕日。

 

モロッコ1日目は何のトラブルもなく、

いたって平和で幸せな気持ちのまま終わったのでした。

 

明日はテトゥアンへ移動します。

 

本日はここまで。それでは。

コメント