【モロッコ/Morocco】ワルザザートから日帰りで世界遺産のアイット=ベン=ハドゥに行ってきた

49.モロッコ/Morocco
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはモロッコで移動中。

居心地が良すぎたエッサウィラを離れて

タフロウトという田舎町へ向かう夜行バスの中です。

 

本日のブログはワルザザートから

世界遺産のアイット=ベン=ハドゥの集落を訪れた日のお話。

映画の撮影にも使われたりする独特な景観が楽しかったです。

よろしければお付き合いください!

 

2018.12.22 モロッコ/Morocco 1モロッコディルハム(MAD)≒11.73~12.08円

情報コーナー

アイット=ベン=ハドゥの集落

■入場料

無料

集落内で道を塞いでお金を請求する現地人がいるが

お金を支払う必要はないので、

無視して通り過ぎるか、面倒であれば別の道を使うと良い。

■行き方

ワルザザートの民営バスターミナルから

マラケシュ方面へ向かうバスに乗り、

アイット=ベン=ハドゥに最寄りの国道との交差点で降車する。

降車場所はこの交差点。

所要時間は約30分。料金は20ディルハムだった。

距離を考えると少しボったくられている気がする。

バスに乗る際にスタッフに“アイット=ベン=ハドゥ”と伝えるか

“ワデマレ”“オーデマレ”と言っても伝わると思う。

 

前述の交差点で降車すると、

アイット=ベン=ハドゥへ向かう道路沿いに

グランタクシー乗り場があるので(看板がある)、

そこからグランタクシーかミニバンに乗る。

アイット=ベン=ハドゥまでは約10分で10ディルハム。

■帰り方

下記のモスクの近くから

ワルザザート行きのグランタクシーに乗れる。

料金はワルザザートまで30ディルハム。

貸切の場合でも100ディルハム程度で乗れそうな雰囲気だった。

昼過ぎになると台数が減るらしいので要注意。

バスとミニバスを乗り継いで

本日はワルザザートから日帰りで

アイット=ベン=ハドゥの集落へ行きたいと思います。

 

名前がクソ言い辛くていけ好かないのですが、

世界遺産に登録されているみたいなので一応行っておこうかと。

やっぱり世界遺産のネームバリューはすごいですよ。

 

宿の屋上から見た民営バスターミナルです。

 

影になっている部分が広くてまるで早朝のようですが

これで朝の9時を過ぎているってんだからビックリです。

 

モロッコはヨーロッパと同じく

サマータイム制を導入していたのですが、

今年の秋からなんと年中サマータイムを継続するという

年中夏休みの私もびっくりの政策を発動しておりまして、

日の出の時間が異常に遅くなっているわけですよ。

 

冬にも関わらず日の入りが18時以降なのは有難いのですが、

いかんせん日の出が遅くて朝起きれないのが難点です。

 

宿の近くのカフェで朝ごはんです。

ベルベルオムレツ。15ディルハムです。

メルズーガで食べたオムレツの方が100倍美味しかったです。

 

ちなみに頼んでもいないパンを勝手に出した上で

それに対してお金を取ろうとするクソみたいな店でした。

モロッコでよくある手口ですね。

 

このお店です。民営バスターミナルの近く。

愛想の悪いムスリムのおばはんが要注意です。

 

バスターミナル北のミニバス乗り場です。

 

事前に調べたところによると

ここからアイット=ベン=ハドゥ直通のミニバスが出てるみたいです。

 

その辺りにいる人に聞いても確かにそのようですし、

直通じゃない場合は民営バスと乗合タクシーを乗り継ぐ必要があるので

面倒くさがりな私はこのミニバスを使おうと思っていたんですね。

 

民営バスに乗りました。

 

言い訳させていただきますと

ミニバスがいつ出発するのか全く読めなかったんですよ。

そもそもそのミニバス自体が見当たりませんでしたし。

きっと不定期運行なんだと思います。

前日にバスターミナルで聞き込みした際も

“そのミニバスは日によって出たり出なかったりする”って

胡散臭いおじさんが言ってましたし。

 

モロッコで民営バスに乗るのは初めてですが、

バスターミナルを出るのにやたらと時間はかかるわ、

バスの車内はやたらと汚いわ、出発した直後に給油するわで、

CTMやSupratoursとはまるで別世界の低クオリティ具合でした。

 

ワルザザートの町はずれにあった映画のモニュメント。

このあたりには映画撮影スタジオがあるみたいです。

 

その後は何もない荒野をひた走ります。

 

30分ほどでアイット=ベン=ハドゥ最寄りの交差点に到着。

ちなみにここでバスを降りたのは私だけでした。そりゃそうか。

 

歩いてすぐのグランタクシー乗り場にはミニバスが1台。

アイット=ベン=ハドゥまでの料金を聞くと

10ディルハムとのことなので了承して乗車しました。

 

私が乗った時点で3人しか乗っていなかったので

出発までかなり長い時間待つことを覚悟しましたが、

結局5人ほど乗せた時点でミニバスは出発しました。

 

10分ほどでアイット=ベン=ハドゥの集落に到着。

当初の予定である直通ミニバスには乗れませんでしたが

無事にたどり着けたので結果オーライとしておきましょう。

世界遺産のアイット=ベン=ハドゥ

小さな村の中を歩いて

アイット=ベン=ハドゥの集落を目指します。

 

湧き水があるのでしょうか。

村の中には小さな川が流れていました。

 

アイット=ベン=ハドゥの集落です。

なかなかインパクトのある見た目をしていますね。

 

この集落はかつて対象貿易の拠点として栄えたらしく、

孤立している集落を盗賊等の略奪から守るために

集落でありながら城砦に匹敵する構造になっているみたいです。

 

頂上にあるのは籠城に備えた食糧庫とのこと。

 

ちなみにこれらの情報は近くにいた日本人ツアーからの盗み聞きです。

さすがに世界遺産ともなると日本人ツアー客もちょいちょい見かけますね。

 

私が今立っている村と城砦集落の間を流れる川。

 

日本語ツアーのガイドさん曰くこの川の水はしょっぱいらしいのですが

後ほど一人でこっそり舐めてみたところただの真水でした。

ただこんな異国の地で決して清潔ではない川の水を舐めている事実に

なんだかしょっぱい気持ちになったのは事実です。そういうことか。

 

真っ直ぐな橋を渡って集落へ向かいます。

 

入場しました。

 

とりあえず最短距離で最上部の食糧庫を目指そうとしたのですが、

上に上がる階段でおばはんに道を塞がれてしまいました。

 

10ディルハム払いやがれ。

 

とのことです。この写真のおばはんです。

 

入場料がいらないことは事前に確認済みですし、

こうやってお金をだまし取るやつがいるという話も聞いてましたので

無視してさっさと通りすぎてしまえば良かったのですが、

なぜか立ち止まってしまったがためにスルーするのが難しくなってしまいました。

 

結果的にこの写真だけを撮って別の道を使うことにしたのですが、

隠れることなく写真に堂々と写り込むあたり、

このおばはんに悪いことをしているという自覚はなさそうです。

 

仕方がないので回り込んでいきます。

集落の中には現在も数家族が生活しているようですが、

基本はお土産屋さんくらいしかありません。THE 観光地です。

 

細い路地が中心の迷路のような集落。

 

こんなトンネルを通ったりしつつ、

 

広いところに出てきました。

 

上から見た川。橋が2つ渡されています。

 

登頂しました。

 

頂上からの景色です。

対岸の村から手前の橋を渡って歩いてきました。

 

遠くに見える雪山が美しいです。

それにしてもモロッコって雪降るんですね。びっくり。

 

地球!って感じの景色です。

モロッコの大地は自分が地球の上にいることを

これでもかと訴えかけてくる感じが好きです。

 

向こうに見える丘の上が眺望ポイントのようなので、

あっちまで歩いていきたいと思います。

川辺から眺めてみたけど・・・

集落を出て丘の麓までやってきました。

 

先人が歩いたあとと思われる道を登っていきます。

 

登り切った場所からの景色がこれです。

確かに良い景色です。アイット=ベン=ハドゥの全体像がよくわかりますね。

 

なんだかミニチュアを見ているような気分になりました。

 

丘を下り、畑の間を歩いて川の方へ向かいます。

 

河原に出てきました。

 

先ほど上から見た橋です。

近くで見るとただ土嚢と板を詰んだだけのものでした。

 

河原から見るアイット=ベン=ハドゥも美しいです。

 

飛び石みたいな橋。

この橋を慎重に渡って再び村のある側へ。

 

最初にミニバスを降りた場所まで戻ってきました。

 

この時点で時刻はまだお昼過ぎ。

 

ここでワルザザートへ戻るのは少し勿体ない気がしたので、

川沿いに座ってジュースでも飲みつつぼんやり集落を眺めてみることに。

 

・・・

 

・・・

 

飽きた、帰ろう。

 

ボーっと眺めたところで特に変わり映えはしませんでした。

何だかんだで最初に見たときのインパクトがいちばん強いです。

 

帰りはワルザザート直通のグランタクシーで。

行きと違って乗り継ぎが無い上に料金は同じなので楽チンです。

 

30分ほどでワルザザートへ戻ってきました。

 

この時間であれば

このままマラケシュへ移動するのも可能でしたが、

宿は今日の分も含めてすでにお支払済みですし、

マラケシュ行きのバスも明日の朝の便を予約してしまったので、

この日は宿にこもってだらだら過ごしたのでした。

 

明日はマラケシュへ移動します。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

49.モロッコ/Morocco
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント