【モロッコ/Morocco】ワルザザートからマラケシュの絶景ゲロロードとウザいフナ広場食べ歩き

49.モロッコ/Morocco
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはモロッコワルザザートです。

約3週間滞在したモロッコをついに離れる日が来ました。

本日の夜行バスで西サハラのダクラへと向かいます。

 

本日のブログは移動と観光。

ワルザザートから向かったのは

モロッコ最大の観光都市であるマラケシュです。

移動するバスの車内から見た景色や

ウザくて有名なフナ広場での食べ歩きについてお送りします。

よろしければお付き合いください!

 

2018.12.23 モロッコ/Morocco 1モロッコディルハム(MAD)≒11.73~12.08円

情報コーナー

ワルザザートからマラケシュ

■移動手段

バス(会社名:Supratours)

■料金

90ディルハム

荷物代はチケット代に含まれていた。

朝8時発の便はComfort Plusという上級クラスで

3列シートの豪華なバスだった。

普通のバスより料金は高いと思われる(詳細は不明)。

■出発時刻

8:00

朝一の便はワルザザート始発。

その他ティネリール方面から走ってくるバスが

午前中に1本、午後に1本それぞれあった。

■所要時間

4時間半

途中の村で15分ほどの休憩があった

■バス乗り場

ワルザザートのSupratoursオフィス前

■バス降り場

マラケシュのSupratoursバスターミナル

■その他

バス降り場から中心部へはタクシーの他に路線バスで移動する。

GoogleMapの経路検索が利用可能。

料金は2018年12月現在で4ディルハム、乗車時の支払いだった。

マラケシュへの絶景ゲロロード

おはようございます。

本日はワルザザートを離れてマラケシュへ向かいます。

 

マラケシュへ向かうバスは1日数本ありますが、

マラケシュ滞在は1泊だけですのでいちばん早い8時のバスを予約済み。

昨日も言いましたが今のモロッコは年中サマータイム政策のおかげで

日の出が異常に遅く、朝8時前といったら普通に真っ暗です。

 

宿のテラスからバス乗り場の様子を伺います。

 

というのもですね

バスのチケットには7時30分発と印刷されている一方、

その下に手書きで7:55と書かれているんですよね。汚い字で。

 

予約するときにちゃんと確認したんですけど、

スタッフ曰く手書きで書いてある方がちゃんとした集合時間とのこと。

 

まあ信用できないじゃないですか。だってモロッコですし。

 

そういうわけですので、万が一にも置いていかれないよう

部屋のすぐ前のテラスから様子を見つつ準備をしていたのですが

7:30になってもバスが出発するような気配はなかったので、

やっぱりあのスタッフが言っていたことは正しかったみたいです。

 

疑ってすまn・・・チケットをちゃんとしなさいよ。

 

外は寒いので出発時間ぎりぎりまで部屋で待機し、

その後チェックアウトしてすぐにバスへ乗り込みました。

 

3列シートやー!!!あー!

 

・・・

 

取り乱してしまいました。ごめんなさい。

まさかモロッコにこんなバスがあるとは思っていなかったもので。

 

後から調べたところ、Supratoursには決まった路線で運行する

Comfort Plusという上級クラスがあるみたいでこれがまさにそれ。

料金はCTMと変わらなかったのでお得な気分です。

逆にSupratoursの他のバスならもう少し安く移動できると思います。

 

座席はいちばんの2人席でしたが、

隣席は空席で、フロントガラスからの景色を独り占めです。

 

っていうか乗車率が30%に満たないような感じで、

他人事ながら採算が取れているのか心配になりました。

 

通常バスとの価格差がどれくらいか知りませんが(20ディルハムくらい?)、

地元の人には決して無視できない金額なのだろうと想像できます。

 

バスは定刻を少し遅れて出発しました。

徐々に日が昇り始めて周囲も明るんできます。

 

遠く雪山の向こうに沈もうとしている月。

見事な満月ですね。とても幻想的な景色です。

 

やがて太陽は完全に昇り切り、

バスは平野部分を抜けて山間部に差し掛かりました。

 

ワルザザート方面からマラケシュ方面へ抜ける道には

カスバ街道という立派な名前がついているのですが、

旅人の間でもっぱら口にされるゲロロードという汚い名前。

 

ご想像の通り、めちゃくちゃ酔うらしいです。

 

私は乗り物酔いはしない方なので特に対策せずに挑みましたが、

実際に乗ってみて、“確かにこれは酔うな・・・”と思いました。

 

そんなゲロロードの写真がこちら。

こんな感じで山肌に沿って数時間グネグネ走り、

アトラス山脈を越えていくことになるのです。

 

ただこのゲロロードですが景色が本当に素晴らしいんですよ。

 

絶景です。

 

私、“世界一〇〇!”とか“絶景!”とか

そういう安っぽい言葉をなるべく使いたくないタイプなのですが、

モロッコに来てからはよく絶景って言葉を使ってる気がします。

 

だって本当に絶景なんですもん。

本当にモロッコの自然は多彩でかつ美しいです。

 

というわけで私はこのカスバ街道を

絶景ゲロロードと名付けることにしました。

 

途中の村で休憩。

朝ごはんと水は前日に購入済みだったので特に降車せず。

 

いやー、本当に美しい。

 

モロッコにこんな綺麗な山の景色があるなんて。

砂漠と砂漠と砂漠しかないような国だと本気で思ってましたから。

 

4時間半ほどでマラケシュのバスターミナルに到着。

乗り物酔いしない私でも少し頭が重たくなったので、

酔い易い人は酔い止めを服用することを強くオススメします。

 

都会や・・・。

ちなみにこれはマラケシュ駅です。

 

モロッコでも鉄道に乗ってみたかったのですが、

今回私が辿ったルートで鉄道を利用できる区間がなく、

残念ながらその機会を得ることは叶いませんでした。

 

マラケシュ駅から旧市街までは路線バスで移動。

なんとGoogleMapの経路検索が利用できました。都会や・・・。

 

料金は一律4ディルハムで、

前のドアから乗車する際に運転手に払ってレシートを受け取ります。

路線が多くて本数もそれなりに走っているみたいですし、

タクシーの値段交渉で疲弊することもないので有難いですね。

 

宿へ行く前にお昼ご飯。

これはモロッカンサラダ。6ディルハム。

お野菜たっぷりでビタミンチャージです。

 

チキンのパニーニです。16ディルハム。

 

ランチを済ませたあとは少し迷いつつも

無事に予約していた宿にたどり着いたのでした。

メディナぶらぶら

宿に荷物を置いたあとはすぐに外出します。

なんせマラケシュにはたった1泊の滞在ですから。

 

狭い通りに立ち並ぶ商店やお土産屋さん。

フェズ以来のメディナですが、本当に人が多くて賑やかです。

欧米人観光客の姿もたくさん見られるようになり、

ここがモロッコ最大の観光都市であることをひしひしと感じました。

 

門です。眩しい・・・。

 

メディナを歩いていて不満なことが1つあって、

やたらとバイクが通るんですよね。それもかなりのスピードで。

 

マラケシュのメディナの路地は

フェズやテトゥアンに比べるとかなり広めになっているのですが、

逆にそれがバイク等の車両の進入を簡単にしているんですよね。

 

バイクを使った引ったくりが頻繁に発生しているようですし、

接触が怖くて常に後ろを気にしていないといけないし、

今まで訪れたメディナの中でも歩いていていちばん疲れました。

 

大きなモスク。中に入りたいです。

 

フナ広場にやってきました。

ここが賑やかになるのは夜のようで、

昼間は人通りも多くなくウザい客引きもほとんどいません。

 

モロッコといえばのオレンジジュース屋台。

 

4ディルハムです。味は安定の美味しさです。

 

フナ広場にあった看板のモロッコ地図。

西サハラがモロッコの地図に含まれていました。

まあモロッコの姿勢としては当たり前ですよね。

 

このへんの世論ってどんな感じなんでしょうか。

気になr・・・いややっぱりどうでもいいです。面倒だし。

 

その後もメディナの中をふらふら歩いていたのですが、

移動疲れなのかただの風邪なのか体調が優れなかったので、

すぐに宿に戻って暗くなるまでベッドで眠りこけてしまったのでした。

ウザいと噂のフナ広場で食べ歩き

少し寝て体調が良くなったあとは、

トドラで一緒だった日本人の男性と合流して

フナ広場で夕飯を食べに行くことになりました。

 

夜のフナ広場です。

昼間と比べて格段に人通りが多くなり、

広場には昼には無かった食べ物屋台が大量に並んでいました。

 

3秒に1回立ちふさがるウザい客引きを交わしつつ

まず最初にやってきたのは、旅友おすすめの4番の屋台

揚げ茄子のペースト(5ディルハム)とパン(1ディルハム)です。

茄子の方は揚げてからかなり時間が経っているようで、

残念ながら個人的にはヒットしませんでした。

 

イワシのフライ(1尾3ディルハム)です。

これは抜群に美味しかったです。身がふわふわ。

揚げたてではないけど、揚げ直してはくれました。

 

食べている最中に停電になりましたが、

数秒でロウソクを用意してくるあたり停電は日常茶飯事みたいです。

 

会計時にチップだなんだと金をせびってきましたが、

基本的には対応も良いし、メニューもあったので良い店でした。

 

オレンジジュース。4ディルハム。

 

どうでもいいけどフナ広場のジュース屋台って

広場の端っこの方にほぼ全店が密集しているんですよ。

 

そしてその前を通る度に

熾烈な客引き合戦が繰り広げられるのですが、

 

もうちょっと離れて営業しなさいよ

 

と思っちゃいましたよね。

 

こういった同業種の店が隣接しているのって

モロッコに限らずどこの国でもよく見かけるのですが、

なんか法律で決まってたりするんですかね。

 

これがもし日本だったら

コンビニの横にコンビニができるようなものだと思うのですが、

 

にゃーん。

 

何やら賑やかな屋台を見つけたので入ってみます。

こういう時誰かと一緒だとチャレンジしやすくて良いですね。

 

カタツムリ屋台です。

前にカタツムリを食べたのはスペインでしたが、

ここモロッコでもよくカタツムリを食べている光景を見かけます。

 

カタツムリ汁(5ディルハム)です。

美味しくはなかったです。不味くもないけど。

カタツムリ自体に旨味が全くないんですよね。

 

これは確か44番の屋台だったかと。

 

山羊の脚肉の煮込み(25ディルハム)です。

すみません、動物の名前も部位も値段も全く自信がありません。

あんまり印象に残らなかったんですよね。美味しかったけど。

 

ここでも会計時に頼んでないティーの値段を加算されたりして、

毎度会計する度に何かしらあるのがフナ広場らしいなと思いました。

面倒ったらありゃしません。だからウザいって言われるんですよ。

 

最後は本日3回目のジュース屋台へ。

 

持ち帰り容器の場合は5ディルハムでした。

 

ウザいと噂のフナ広場でしたが、

実際に訪れた正直な感想を言わせていただきますと、

 

本当にウザかった!

 

です。

 

3秒に1回は進路を妨害してくる客引きはもちろん、

腕を掴んで強引に引っ張ろうとしてくるやつ、

断った瞬間に“Fuck You!”と言ってくるクソ野郎など、

歩いていて本当に疲れましたよね。

 

しかも値段もローカル屋台に比べると高くて、

経験として1度訪れたら十分かなと思いました。

 

モロッコがウザいと言われるのは

恐らくこのフナ広場の強引で非常識な客引きのせいで、

逆にここを訪れなければ

嫌な思いをする可能性を格段に減らせると思います。

 

マラケシュの滞在は今日の1泊だけですが、

溢れる人混みやウザい客引きなどに疲れてしまい、

何の悔いも無く次の街へ移動することができそうです。

 

というわけで明日はエッサウィラへ移動します。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

49.モロッコ/Morocco
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント

  1. ヒデ より:

    タナカさん、こんにちは!
    前回に続いて2度目のコメントです。

    モロッコで年越しかと思っていたら、西サハラとは!
    かっけー!!
    私はアフリカはエジプトしか経験がないので、まったく
    想像が付きません。

    毎日これだけの情報を継続してUPするのは本当に
    凄いと思いますし、後に続く旅人にも有益だと思います。
    1年間本当にお疲れ様でした。
    良い年越しをお過ごし下さい!

    ※ブログはウズベキスタン編まで追い付きました。

    • タナカ タナカ より:

      ヒデさま
      前回に引き続いてのコメントありがとうございます。
      これ以上ない嬉しいお言葉をいただきまして、
      また来年もブログを続けていく気持ちになりました!
      西サハラでの年越しは私も全く想像がつきませんが
      きっと何でもない普通の1日を過ごすのだと思います。
      ヒデさまもどうぞ寒さで体調を崩されませんよう。
      良い年越しを過ごされることを西サハラより願っております。