【モロッコ/Morocco】散歩して美味しいものを食べて夕日を見て…エッサウィラでの幸せな1日

49.モロッコ/Morocco
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはモーリタニアヌアディブです。

51カ国目のモーリタニアにやってきました。

久しぶりに黒人に囲まれて懐かしいようなそうでもないような感じ。

 

本日のブログもエッサウィラでの1日。

いやーほんと食べてばっかりでブログに書くことないです。

ただ当たり前の1日を過ごしただけでした。でもそれが幸せ。

よろしければお付き合いください!

 

2018.12.27 モロッコ/Morocco 1モロッコディルハム(MAD)≒11.73~12.08円

朝の定番、Drissでドリる。

宿のテラスから見た朝焼けです。

 

この写真を見て、

 

“あ、今日はタナカさん早起きしたんだな。”

 

って思いますよね。

 

でも実はちg・・・え?思わない?

 

いやいやお客様困ります。

そこは同意してもらわないと。話が進まないじゃないですか。

 

私がお話ししたいのは

皆様が私に興味があるかないかの話ではなく、

早起きしたかどうかの先にある本題でして、

 

いやほんとリアルでもこういう人いますよね。

 

“そこ食い下がる必要あります!?”みたいな人。

こっちはこっちで色々と考えて話してますし、

ある程度想定通りの返答をしてもらわないとはなs

 

まあ要するに日の出が遅いって話です。

 

モロッコの日記でこの話するの何回目ですかね。

だって仕方ないじゃないですか。

朝起きる度に“日の出遅いな・・・”って思うんですもん。

太陽が見え始めるのが9時頃ですからね。起きれんわ。

 

今日は少し早く目が覚めたので

まだ人通りが少ないメディナのメイン通りを歩き、

そのままメディナの外側をぐるっと散歩することに。

 

城壁です。ようやく太陽が姿を現したようです。

朝日に照らされた城壁と建物の白い壁が美しいですね。

日が差すと同時に気温も上がり始め、

かじかんだ指先が徐々に温まっていくのを感じました。

 

とはいってもモロッコの人々の朝は遅く、

メディナの中も外も開いている店はほとんどありません。

 

良い感じの朝ごはんが見つかれば嬉しかったのですが、

ちょっと難しそうな雰囲気です。

でももの静かなメディナはこれはこれで素敵な雰囲気ですね。

 

昼間はどの路地にも観光客が溢れていますが、

早朝のこの風景こそがこのメディナの本来の姿なのかなと。

 

お腹が空いてどうにもならなくなってきたので、

結局いつものPâtisserie Drissへやってきました。

本日もDrissでドリりたいと思います。ナウな響きですね。

 

パイ(6ディルハム)とカフェラテ(7ディルハム)です。

パイの方はピーナッツのペーストのようなものが入っており

甘さ控えめで大変美味しゅうごさいました。

本日もDrissのおかげで良い朝を迎えられて私は幸せです。

本日のランチはアジ丼です

Drissで朝から優雅にお茶をしたあとは、

宿に戻って少しPC作業をしたりしつつだらだら過ごします。

 

落ち着いたところで宿から歩いてすぐの魚スークへ向かい、

“今日のお昼は何にしようかしら”なんて呟きつつ、

水揚げされたばかりの魚を眺めたりしました。主夫か。

 

買ってきたのは30cmくらいある大きなアジ。

目がキラキラした新鮮な個体が2尾で10ディルハムという激安でした。

 

エッサウィラ滞在も本日で4日目となり

捌いた魚の数もそろそろ二桁に突入しようとしてますので、

アジくらいなら一瞬で綺麗に捌けるようになりました。

 

じゃーん。

 

なかなかのクオリティではないのでしょうか。

その昔、“魚が捌けたらモテるんじゃないか・・・”という

謎の情念に駆られて一生懸命練習した時期があったのですが、

数年越しにようやくそのスキルが身を結びました。

 

ちなみに当時は家にこもって黙々と魚を捌き、

それを肴にただ飲んだくれてただけなので、

モテるどころか彼女ができることもありませんでした。

 

アジ丼です。

味はもう言わずもがなです。美味しいに決まってます。

 

朝は優雅にフランス菓子でお茶をし、

昼は新鮮な魚を刺身にして食べる・・・。

 

エッサウィラ居心地良すぎますね。この町は危険です。

 

お昼を食べたあとはまたメディナの中をお散歩。

 

SIMカードにデータをチャージしました。

ちなみに1週間有効な2GBのデータバンドルが20ディルハムです。

宿のWi-Fiが割と頻繁に調子が悪いのでこの安さは本当に助かります。

 

海沿いの城壁へ向かう通り。

昼を過ぎるといつも通りメディナには観光客が溢れます。

 

こういう細い通りの方が静かで好きですね。

 

にゃーん。

 

この旅に出てからは特に

こうやって当たり前の1日を過ごすことの幸せさを

強く感じることができるようになりました。

 

やっぱり私に旅は向いてないみたいです。

この旅が終わったら日本でのんびり暮らしたいですね。

庶民スープのハリラと城壁からの夕焼け

夕方になったので

同宿の方に教えていただいたハリラスープのお店へ向かうことに。

 

大通り沿いのこちらのお店です。

これまでに何度か前を通りましたが、

長い昼休みを除いて朝から晩まで営業しているみたいです。

 

場所はここ。

余談ですがこの店の数軒南にある商店では

キッコーマンの醤油や中国味噌が手に入ります。

 

屋外のプラスチック椅子に座ってハリラをオーダー。

 

こちらがハリラスープです。1杯3ディルハム。

豆やパスタの切れ端が入っている、

トマトベースにスパイスが効いたようなスープです。

 

パンをつけてもいいですが、

具が具なのでこれだけを食べても結構お腹が膨れます。

 

炭水化物だらけなあたりに

エジプトのソウルフードであるコシャリを思い出しますが、

モロッコのハリラは味はかなり薄めでお腹に優しい感じ。

 

わかりやすく美味しいのはコシャリですが、

長く付き合っていきたいのはハリラだなと思いました。

 

ハリラを食べたあとは夕日を見るために城壁へ。

 

城壁の窪みの部分に座って日が沈むのを待ちます。

海沿いは風が強くてとても寒く、

ウルトラライトダウンを着てこなかったことを公開しました。

 

大西洋に沈んでいく夕日。

本日は雲が多くて絶好の夕焼け日和ですね。

 

そして日没。

こちらの城壁は18:45には入り口が閉鎖されるため、

日照時間が短い今の時期以外は日が沈むのを見ることができません。

最後まで夕焼けを楽しみたい場合は城壁ではなく、

港の近くの適当な場所から見るのがおすすめです。

 

そして宿に戻ってからはお楽しみの・・・

 

刺身パーティです。

ユメカサゴの炙り(右)とアジのたたき(左)、アジの刺身(奥)です。

 

いや、ちょっとクオリティ上がり過ぎですね。

捌くのが上手くなり刺身自体の味も格段に良くなりました。

 

ただなんだかんだで

シンプルなアジの刺身がいちばん美味しいあたり、

料理人としてはまだまだ未熟だなと思いました。

 

それにしても本日は幸せな1日でした。

ずっとこんな日が続けば良いのにと思ったりも。

でも始まりがあるものには終わりがあります。

 

というわけで明日はエッサウィラ最終日です。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

49.モロッコ/Morocco
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント