【ネパール/Nepal】アンナプルナトレッキングで必要なTIMSとACAPをカトマンズで取得する方法

【ネパール/Nepal】アンナプルナトレッキングで必要なTIMSとACAPをカトマンズで取得する方法

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはネパールポカラです。

本日はこれからバスでインドへ移動します。

国境は強盗が頻発するという噂のスノウリです。

十中八九何もないとは思っていますが、

ビビりなのでとても緊張しています。行きたくない・・・。

 

本日のブログは情報記事です。

ネパールでトレッキングをするには、

訪れるエリアに応じて許可証や入域証を取得する必要があります。

今回はアンナプルナエリアでトレッキングをするために必要な

TIMSとACAPをカトマンズで取得してきましたので

その手順や費用、注意点についてまとめておきたいと思います。

よろしければお付き合いください!

 

2018.4.5 ネパール/Nepal 1ネパールルピー(NPR)≒1円

アンナプルナトレッキングで必要なもの

ネパールといえばトレッキングですよね。

 

トレッキングエリアとして人気なのは、

世界最高峰のエベレストを望むエベレスト方面と、

アンナプルナを始めとした8000m級の山々を望むアンナプルナ方面。

 

そして今回私が訪れるのは、後者のアンナプルナエリアです。

 

このアンナプルナエリアをトレッキングするためには、

以下の2つの許可証と入域証が必要です。

  • TIMS(Trekker’s Information Management System)
  • ACAP(Annapurna Conservation Area Project)

TIMSはネパールでトレッキングをする人全員が申請する許可証、

ACAPはアンナプルナエリアへ入るための入域証です。

 

これらは、トレッキングルートの入り口の他、

道中のチェックポイントでも提示が必要となり、

携帯していない場合は罰金の対象となりますので、

必ず申請して取得するようにしましょう。

 

なお、エベレスト方面をトレッキングされる場合

ACAPとは違う入域証が必要となるのですが、

本記事にそちらの情報は含まれていませんのでご了承ください。

申請場所

カトマンズでの

TIMSおよびACAPの申請場所は

Nepal Tourist Boardという施設です。

 

場所はここ。

タメル地区からは歩いて30分から40分ほど。

営業時間は土曜日を除く10時~17時です。

私は混雑を避けるために

朝10時の受付開始に合わせて訪問しました。

 

建物の外観です。

 

写真ドアを入って左側にTIMSの申請カウンター、

奥に進んで右側にACAPの申請カウンターがあります。

申請に必要なもの

TIMSの申請に必要なものは以下の通り。

  • パスポート(念のため)
  • 申請書(ツーリストボードで記入)
  • 証明写真2枚(ツーリストボードで無料で撮影可能)
  • 申請料2,000ネパールルピー

 

ACAPの申請に必要なものは以下の通り。

  • パスポート(念のため)
  • 申請書(ツーリストボードで記入)
  • 証明写真2枚(ツーリストボードで無料で撮影可能)
  • 申請料2,260ネパールルピー

 

TIMS、ACAP共に

申請に必要なのはパスポートと申請料のみです。

証明写真はツーリストボードにて無料で撮影してもらえるので、

事前に用意していく必要はありません。

 

各種許可証の申請料が書かれた張り紙。

 

TIMS申請用紙(左)とACAP申請用紙(右)。

記入内容は入国カードに書くような内容の他、

ざっくりとしたトレッキングルートや、

ネパールと母国での連絡先、保険の内容などです。

ネパールでの連絡先についてはポカラでの宿の情報を記入しました。

保険の内容については海外旅行保険の証書を持参し、

補償内容の中から関係のありそうな項目を記入しました。

 

TIMS申請カウンターの横の部屋にて

証明写真の撮影および印刷を無料で行ってくれます。

申請の手順(TIMS編)

TIMSの申請手順は、

  1. TIMS申請用紙に記入する。
  2. 証明写真2枚とパスポート、申請用紙をカウンターに提出する。
  3. 2,000ルピーを支払う。
  4. TIMSカードを受け取り、個人情報を自分で記入する。

だけ。

とても簡単に申請できるうえ、

カウンターのお姉さんの手際が良くて、5分もかからず発行されました。

 

証明写真が無い場合は、その旨を伝えると、

隣の部屋で撮影してその場で印刷してもらえます。料金は無料。

L判写真用紙に6枚印刷したものが貰えるので、

ハサミで借りて切り、改めて申請書と一緒に提出しましょう。

TIMSとACAPの申請で使う証明写真は4枚なので、2枚は余り。

思いがけず証明写真のストックができたのでラッキーでした。

申請の手順(ACAP)

ACAPの申請手順は、

  1. ACAP申請用紙に記入する。
  2. 証明写真2枚とパスポート、申請用紙をカウンターに提出する。
  3. 2,260ルピーを支払う。
  4. ACAP許可証を受け取る

だけ。

TIMSと同様にとっても簡単で、

こちらも5分もかからずに発行されました。

 

気を付けておくことといえば、

申請料が2,260ルピーと中途半端な点でしょうか。

お釣りが不足している可能性があるので、

なるべく細かいお金を用意しておくと安心ですね。

 


 

本日は、

アンナプルナトレッキングで必要なTIMSおよびACAPの

カトマンズでの取得方法についてお話ししました。

 

TIMSおよびACAPの申請はポカラでも可能ですが、

申請したい日がたまたま休日だったりすると、

許可証の発行が遅れ、トレッキングの日程にも影響が出ます。

カトマンズで時間が申請する時間が取れる場合は、

早めに申請しておくことをおすすめします。写真も無料ですし。

 

本日はここまで。それでは。