【ネパール/Nepal】え、ここが私の席ですか?カトマンズからポカラへのバス移動!

【ネパール/Nepal】え、ここが私の席ですか?カトマンズからポカラへのバス移動!

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはインドで移動中のはずです。

ちょっと状況がわからないので早めの予約投稿です。

10日間のネパール滞在を終えて、

またインドに戻ってきてしまいました。

北インドは日程の都合上3泊だけなので、

サクッとクリアしてしまいたいと思います!

 

本日のブログは移動です。

カトマンズからポカラへはバスで移動しました。

この区間の距離はたったの200kmなのですが、

私の場合は9時間もかかかりましたよ。

そして何より私の席が、”え、ここ?”な場所でした。

よろしければお付き合いください!

 

2018.4.6 ネパール/Nepal 1ネパールルピー(NPR)≒1円

ほほう、ここが私の席ですか。

6時過ぎに起床してバス乗り場へ向かいます。

本日はカトマンズからポカラへ移動します。

 

バスのチケットは宿の近くの旅行代理店で800ルピー。

出発時間は7:00、エアコン付きのツーリストバスです。

探せばもっと安いバスがあると思います。

 

宿の近くの道路沿いから乗れると言われたのですが、

大量のバスの中から目的のバスを見つけられるかわからないし、

不安になるのが嫌なので、始発のバス乗り場へ行くことに。

 

タメル地区を抜けてバス乗り場までは15分ほど。

 

場所はここです。

 

いわゆるバスターミナルではなくただの路上なのですが、

こんな感じで観光バスが大量に停まっているのですぐわかります。

 

各バスのフロントガラスの上に会社名が書かれているので、

チケットと見比べながら、自分が乗るバスを見つけました。

 

バスを見つけました。

見た目からして明らかに古い車両な上、

大型バスより若干小さいサイズのバスです。

ハズレを引いてしまったことをすぐに悟りました。

 

ぼやいても仕方がないので、

スタッフにチケットを見せてバスに乗り込みます。

ちなみにチケットに書かれた席番号は15。

案内されるシートは4列目あたりを想定していたのですが、

 

スタッフ:あんたの席、ここ。

タナカ:え、ここ?真ん中?ほんとに?

スタッフ:そう、真ん中。

 

そんなやり取りの末案内されたのは、

写真中央、バス最後部の真ん中席でした。

玉座っていうんですか?それともお誕生日席?

 

いや、近距離なら全然良いんですけどね。

でも今日は7時間の悪路移動ですから。

猛烈にツアー会社の愛想の良いおっさんを締め上げたいと思いました。

 

バス会社もバス会社で、

どうしておひとり様の客をこの席にあてがうんですかね。

普通は奇数グループとか、4人グループじゃないですか?

 

まあぼやいても仕方ないんですけどね。

 

とまあ、ボロボロバスにお誕生日席という

移動前から不安なスタートを切ったわけですが、

とりあえず近くのパン屋さんで朝ごはんのパンを購入。

 

出発まではチャイを飲んで時間を潰しました。

ちなみにカトマンズの朝は結構寒くて、久々にダウンを着てました。

 

玉座からの景色です。

バスは定刻を少し過ぎてから出発。

これからこの景色が9時間続くことになるのでした。

最悪のでこぼこ道を9時間

カトマンズを出発したバスは

快調にポカラを目指・・・しません。

 

走り出してすぐに尋常じゃなく揺れる車内。

 

今まで、ラオスやミャンマー、インドなど、

様々な国で悪路移動を経験してきた私ですが、

それらが可愛く見えるくらい、ネパールの道路はヒドいです。

 

常に震度7ですよ。いやマジで。

しかも平均スピードは推測10km/hほど。遅すぎます。

 

2時間ほど走って1回目の休憩です。

ここまでで全体の1/5ほどしか進んでません。

7時間って聞いてたんですけど、

本当にそんな時間で着くのか不安で不安で仕方ありませんでした。

 

ワイルド男性トイレです。立ちションじゃなくて良かったです。

 

再出発した後も揺れ続ける車内。

ちなみに玉座に座っている私の隣人ですが、

左隣はアメリカ人カップル、右隣は中国人カップルでした。

 

で、左隣のアメリカ人カップルがまあパリピでして、

大声で話したり、ノリノリで音楽を聴いては肩をぶつけてきたりと、

まあとにかくうっとおしいんですよ。

私が一国の支配者ならこいつらの国にミサイルでも打ち込んでいるところですが、

残念ながら国どころか住所も収入も無いただの無職でした。席は玉座ですが。

 

2回目の休憩です。ここでは食事を取れました。

 

割と清潔なレストラン。

 

ネパール料理のトゥクパです。180ルピー。

麺料理ですが、日本でいうとチャンポンに似ていると思いました。

野菜がたっぷり入っていて大変美味でした。ネパール料理、いけます。

 

しばしの休憩を挟んで、またバスに戻ります。

出発から4時間で、全体の1/4ほどしか進んでませんでした。

 

ここから先はひたすらこの景色です。

音楽を聴いたり、映画を観たり、虚空を眺めたりしながら、

とにかく時間が過ぎるのを待ちました。

 

ただこの席、

最初の方こそ居心地が悪くて難儀したのですが、

よくよく考えればリクライニングは倒し放題だし、

足は伸ばし放題だしということで、意外と快適でした。さすが玉座。

 

外の景色は常に誰かの頭越しに見えてましたが、

四国か九州あたりの山の中の景色に似ていると思いました。

仁淀川町から四万十方面へ抜けるときに使う道路とか、

八代市から山都方面へ向かう道路にそっくりです。伝わりますか。

 

途中の休憩で、

右隣にいた中国人カップルがバナナをくれました。

その際、翌日トレッキングに行くならタクシーをシェアしようと誘われましたが

ポカラでは1日準備をする予定だったので丁重にお断りしました。

その後は、バナナのお礼としてMAPS.MEで残りの距離を教えてあげたりしてました。

 

カトマンズを出発して9時間。

16時頃にポカラのツーリストバスターミナルへ到着しました。

事前情報で7時間という話でしたが、プラス2時間の9時間。

最初から最後までずっと揺れっぱなしでしたし、かなり疲れました。

ネパール政府に言いたいのですが、

さっさとこの道路整備した方が良いですよ。いやマジで。

「お前若いんだから腹減ってるだろ」定食

ポカラの宿は、

ツーリストバスターミナルに近いダムサイドという地域に予約してます。

タクシーの客引きは大変しつこいですが、無視して歩き始めました。

ちなみに天気は久しぶりの小雨でした。

 

着きました。本日の宿。Hotel UNIです。

シングル1泊600ルピーです。Booking.comから。

 

部屋が空いてないらしく、

同料金でツインの部屋に案内されました。

広くて清潔で悪くないです。

スタッフは親切だし、日本語が話せるスタッフもいました。

 

ここに2泊した後、荷物を置いてトレッキングに行き、

戻ってきてから再度2泊する予定です。

後半2泊は翌日に直接予約しましたが、

Booking.comと同じ料金で受けてくれました。

 

レイクサイドと違って静かですし、

少し歩けば食堂にも事欠きませんので、

トレッキングの拠点にするなら十分おすすめできる宿です。

 

小腹が空いたので近所の食堂でモモ。100ルピー。

ニューエベレストモモセンターのソースも好きですが、

普通のチリソースも美味しいですね。モモ好きです。

 

宿に戻ると、トレッキング終わりの日本人の方が

たまたまロビーにいらっしゃったので、

トレッキングについての情報を色々教えていただきました。

それにしても、久しぶりに日本人と話すと緊張します。

 

暗くなったので晩ごはんを食べに出かけます。

この通りはレイクサイドから続くポカラのメイン通りで、

レストランやお土産屋さんがたくさんあって賑やかです。

 

宿の近くの食堂で初めてのべジダルバート。230ルピー。

おかわり自由です。頼まなくても持ってきてくれます。

 

でも私、デカいくせに少食なんですよね。

ぶっちゃけおかわりなんて無くてもお腹いっぱいなんです。

でもすすめられると断れないじゃないですか。

え、もう食べないの?もしかして美味しくない?

とか思わたら嫌ですし。

 

で、結局苦しくなるまで食べてしまいました。

 

この感じ、

親戚の集まりでの

おっさん:お前若いから腹減ってるだろ!もっと食え!

だったり、

会社の飲み会での

上司:若いんだからもっと食べなきゃ。遠慮しなくていいから!

だったりの感覚に非常によく似ていると思いました。

 

こういう時、大抵の場合は期待に応えられず、

少し気まずい感じになるので苦手です。

 

とまあ話がそれましたが、

要するにダルバートっていう食べ物は、

お腹いっぱい苦しくなるまで食べられるので、

たくさん食べる人にはとってもおすすめです。

私はしばらくはいいかなと思いました。

 

本日はここまで。それでは。