【ネパール/Nepal】ポカラ町歩き&アンナプルナトレッキングの準備と持ち物

【ネパール/Nepal】ポカラ町歩き&アンナプルナトレッキングの準備と持ち物

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはインドデリーです。

無事にインドに戻ってくることができました。

インドは今日もインドです。ありがとうございます。

 

本日のブログは

ポカラでトレッキングの準備をした日のお話です。

トレッキングの持ち物についても触れています。

どうぞお付き合いください!

 

2018.4.7 ネパール/Nepal 1ネパールルピー(NPR)≒1円

床屋で早速やられる

昨日カトマンズからポカラへ移動してきた私。

 

本日はポカラで1日過ごしつつ、

明日からのトレッキングの準備を行います。

 

で、朝起きると外は雨。

雷の音が鳴り響くくらいの見事な土砂降りで、

とりあえず昼頃までは宿でブログ書いたり寝たり。

 

昼前になってようやく小雨になり

お腹も空いていたので外出します。

 

朝ごはんのトゥクパです。

昨日食べたものとはまるで別の料理のようでしたが、

お味は美味しかったです。やっぱりちゃんぽん似です。

 

ポカラの町並。

路地に入ると車通りが一気に少なくなり、

クラクションの音も一切聞こえないし、

何だか日本の住宅街にいるような気分になりました。

 

天気が良ければ

遠くにアンナプルナ山群の雄大な景色が見えるらしいです。

 

で、町を歩いていると床屋がたくさんありまして、

そういえば随分長い間髪を切っていないし、

そろそろ一度坊主にしたいなと思って、とある床屋に入ったんです。

 

料金表ではカットで350ルピーとなっていたのですが、

それはあくまでふっかけ価格のようで、あっさり値下げして200ルピー。

(まあそれでも高いなとは思いましたが。)

 

で、坊主なので5分もかからずにカットは完了。

お礼を言ってお金を払おうとすると、

“ちょっと待って”と言われて、そのまま肩もみが始まります。

私はバカなので、

“肩もみ付きなんて日本の床屋みたいだなー”

のんきに構えていたのですが、

最後にしっかり肩もみの料金を請求されました。500ルピーも。

 

さすがに納得いかなかったので、もちろんゴネましたが、

最終的にカット代200ルピーに加えて200ルピー払わされました。

 

床屋の兄ちゃんは

“レイクサイドだともっと高いぜ?こっちはチープだ!”

とかのたまってましたが、

頼んでもいない肩もみには1ルピーの価値もないんですよ。

 

私はバカなので押し売り商法に引っかかりましたが、

賢い皆様はぜひお気を付けください。

レイクサイド散歩と買い物と食事

もやもやしながら散歩再開。

 

レイクサイドへ続く道路です。

段々と賑やかになり、観光客も増えていきます。

 

湖にやってきました。フェワ湖です。

水は決して綺麗ではないものの、

山々に囲まれて何とも素敵な雰囲気です。

 

湖沿いには歩道が整備されています。

 

ボートツアーなんかもあるようです。

価格は500ルピー~でした。ご興味のある方はぜひ。

 

不安なクオリティの遊園地もありました。稼働してませんでしたが。

 

狭い路地です。好きです。

 

メイン通りに戻ってきました。

 

ここからは翌日のトレッキングに向けてお買い物。

本日購入したのは、水ボトルとレインコートです。

 

水ボトルは300ルピーで購入。

トレッキング中の飲み水を補充するためです。

ペットボトルだとゴミになりますからね。

 

レインコートは600ルピーで。

使うかどうかわからないアイテムですが、

もし降った場合に動けなくなるのは避けたいので。

防水性能よりコンパクトに収納できることを優先して選びました。

 

10店舗以上回って

価格調査と値引き交渉をしながら購入したので、

それなりに安く購入できているとは思います。

 

ケンタッキーがありました。

ネパールでチェーン店を初めて見ました。

 

レイクサイドからダムサイドの方向へ流れている川。

こちらでもカヌーを借りたりできるみたいです。良い雰囲気でしたよ。

 

宿に戻る前に遅めの昼食。昨日もきた食堂です。

この店、安くて美味しくて店員さんが優しいので好きです。

 

定番のモモです。100ルピー。

美味しいです。そして安い。

 

こちらはチョウミンです。100ルピー。

見た目は焼きそばですが、味付けは醤油系でした。

こちらも普通に美味しかったです。ネパール料理は口に合います。

 

夕方になると徐々に空が晴れてきまして、

遠くにヒマラヤの山々が薄っすら見えてきました。

 

写真だとすごく遠くて小さく見えますが、

肉眼で見てもやっぱりすごく遠くて小さいです。

 

そんな小さく見える山なのですが、

何とも言えない迫力を感じる部分はありまして、

明日からのトレッキングが一層楽しみになりました。

 

晩ごはんはチベット料理屋で。

モモ(右)とネパール地酒のロキシー(左)です。

 

ロキシー2杯目(左)とポテトチリ(右)です。

 

ロキシーは味は甲類焼酎、香りは米焼酎に似ていました。

安物日本酒に似た香りもして、何とも悪酔いしそうな感じ。

ただ、ビールに比べると安く酔っ払えるので、

節約旅行者にはありがたい飲み物だと思いました。

 

それにしてもインドからネパールに来ると、

食べ物や飲み物のバリエーションにビビります。

カレー味のものしか食べられないインドに比べると天国です。

トレッキングの持ち物

最後にトレッキングの持ち物についてまとめておきます。

  • サブバッグ
  • Tシャツ
  • トレッキングパンツ
  • スウェットパンツ
  • 下着
  • ヒートテックシャツ
  • ヒートテックタイツ
  • ウルトラライトダウン
  • レインコート
  • マウンテンパーカー
  • 速乾タオル
  • 一眼レフカメラ
  • 予備バッテリー
  • アクションカメラ
  • モバイルバッテリー
  • ヘッドライト
  • 洗面用具
  • トイレットペーパー
  • 水ボトル
  • 行動食(クッキー)

以上です。

 

時期的にそこまで気温が下がるとは思えないので、

寝袋は用意しませんでした。ストックも無しです。

 

持ち物についてはトレッキング終了後に、

必要だったもの、不要だったものについて

改めてまとめたいとと思います。

 

本日はここまで。それでは。