【オランダ/Netherlands】ロッテルダムの近代的な街並みとミニ中華街で見つけた愛しのフォー

55.オランダ/Netherlands
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはキューバです。

宿にWi-Fiがない国なので書き溜め分を予約投稿しています。

途中で記事が追加できれば毎日更新できますが、

それがダメだった場合、更新が停まることをご了承ください。

 

2019.02.01 オランダ/Netherslands 1ユーロ(EUR)≒121.6~129.8円

情報コーナー

アムステルダムからロッテルダム

■移動手段

バス(会社名:Flixbus)

■料金

4.99ユーロ

料金は日時や空席状況によって変わるのでご参考まで

■出発時刻

朝から晩まで1~2時間おきに頻発していた

■所要時間

約1時間

■バス乗り場

アムステルダムのSloterdjik駅横のバスターミナル

■バス降り場

ロッテルダムのバスターミナル

ロッテルダムへの移動

本日はアムステルダムを離れて

バスで1時間ほどの場所にあるロッテルダムへ移動します。

 

旅で出会った誰かにおすすめされた街なのですが、

誰に勧められたのか、何があるのか全く思い出せません。

 

ただブリュッセルへ向かう経路上にあったので、

せっかくなので行ってみようかと思った次第です。

 

めっちゃ雪積もってるやん・・・。

 

テンション下がるわあ・・・。

 

前も言いましたけど、

観光する上で積雪ってマイナス以外の何物でもないですから。

 

いやまあ十字架の丘くらい

写真映えするところだったらいいんですけどね。

【リトアニア/Lithuania】猛烈な吹雪の中の十字架の丘訪問とヴィリニュスへの移動
こんにちは。タナカです。 リアルタイムはチェコのプラハです。 やっぱりチェコのビールは美味しいです。 毎日酔っ払って私は幸せです。 本日のブログでは 有名なリトアニアの十字架の丘を訪れました。 しかし当日は地元の人も驚く...

 

今日は移動ですから。テンション下がるわあ・・・。

 

宿から歩いて駅までやってきました。

写真左に見えてるのが駅で、右奥にバス乗り場があります。

 

ベルリンから夜行バスで着いた際は

なぜか40分もかけて歩いたような気がしますが、

今回は20分ほどでたどり着きました。空間が歪んでます。

 

ロッテルダム行きのバス。

取ってつけたようなFlixbusのマークがついてます。

提携会社ですかね。見た感じ車両がショボいのが気になります。

 

ただ中に入るとちゃんと綺麗でトイレもついており、

特にFlixbusとの違いはありませんでした。Wi-Fiもありましたし。

 

バスは定刻通りにアムステルダムを出発し、

 

途中で風車を見かけたりしつつ、

 

あっという間にロッテルダムに到着しました。

外は寒いしもう少し乗っていたかったんですけど。

 

ちなみにバスターミナルは鉄道駅のすぐ隣。

そして駅がそのまま街の中心地になっていますので、

観光客には大変わかりやすくて助かります。

 

そしてバスを降りて最初に目についたのは

駅の周囲に立ち並ぶ高層ビルの数々です。すげえ。

 

宿までは駅から徒歩10分ほど。

チェックイン時間まではまだ少し時間があったので、

荷物だけ置かせてもらって早速街歩きに出かけました。

ロッテルダムの近代的な街並み

というわけで天気が怪しいですが、

早速ロッテルダムを観光していきたいと思います。

 

ロッテルダムの観光地といえば

郊外にある世界遺産のキンデルダイク風車群が有名なのですが、

できれば午前中から行きたいところですので、

今日は街の中心部を徒歩で回る程度にしたいと思います。

 

宿のすぐ前にあった大きなビル。

 

壁面がよくわからんことになっています。

 

このロッテルダムという街は

第二次世界大戦でこっぴどく破壊されてしまった街でなのですが、

戦後に新たに街をつくったので近代的な建物が多いんです。

 

同じく戦争で破壊された街でも

ポーランドのグダニスクのように以前の街並みを復元するところもあって、

そのときの選択によってこうも風景が違ってくるんだから、

人間のやることって面白いなって思います。

 

というわけで高層ビルが多いんですよ。

世界遺産の登録を目指しているようなところだと

基本的に大聖堂より高い建物は建てられませんからね。

 

ちなみに後ろにある霧がかかったデカいビルは

マリオットホテルでした。デカすぎです。何階建てなんでしょう。

 

そして建物が新しいだけでなくデザインも斬新なんです。

これは駅前駐車場の入り口です。お洒落ですね。

 

アムステルダムに続く人口を持つ都市ですが、

一部分を切り取った写真だとこちらの方が都会に見えますね。

 

トラムのデザインもどこか未来的。

シルバーの車体に赤と緑の線が入っています。

ちょっとウルトラマンを彷彿とさせますね。好きです。

 

ロッテルダム駅です。

ロッテルダムの近代的な街並みを象徴するランドマークで、

この駅の正面にドーンと大きなメインストリートが伸びています。

 

数々の建築賞を受賞したとされるその外観は独特で

なおかつ巨大なのでこの周囲でも一際目立っております。

 

あとなんか駅の前に謎のオブジェがありました。

 

INTERNATIONAL FILM FESTIVAL ROTTERDAM

 

どうやらロッテルダム国際映画祭が行われているようです。

だから宿代が高かったのでしょうか。迷惑な話です。

 

ただヨーロッパの映画祭にはちょっと興味があったので

宿に戻ったあとにチケットの料金とか調べてみたのですが、

よくよく考えたら私、映画は好きですけど英語は苦手でした。

 

イスタンブールでミッションインポッシブルの最新作を見て

ストーリーをほとんど理解できなかったことを思い出し、

早々に映画祭に参加するのは諦めました。お金の無駄です。

 

改めて駅の写真です。大きいですね。

 

この尖がりがいいじゃないですか。

そして後ろの高層ビルと相まって未来都市感が半端ないです。

 

駅構内も天井が高くて広々。

このあたりは日本の駅も見習ってほしいですね。

なんであんなに薄暗くて狭いんですかね。

 

壁の高いところには巨大なモニターも。

 

正面は曲線メインのデザインでしたが、

横から見ると直線を基調としていてまた違った印象を受けます。

 

駅のすぐ近くにあった郵便局の壁です。

郵便局がこれってなんかもうよくわからないです。

 

地震とか大丈夫なのかな・・・。

 

昨日のアムステルダムといい、

オランダにはいろいろと不安になる建物が多いですね。

 

そしてこの写真を撮ったあたりで強めの雨が降り始めました。

ロッテルダムには2泊する予定だったこともあり、

今日の観光はここで終了して一旦宿に戻ることにしたのでした。

ロッテルダムのミニ中華街

ちょっと観光とは関係ないのですが、

今回泊まった宿のすぐ近くがミニ中華街になっていて

ちょっと便利で楽しかったので軽く紹介させてください。

 

この通りです。

 

場所はこのあたり。

このお店がある通りが1kmほどに渡ってチャイナタウンになってます。

 

通りには中国語が書かれたお店がたくさん。

ここは中華食品スーパーです。品揃えはなかなか。

 

旅行会社と散髪屋さんですね。

いよいよオランダ語併記すらありません。

 

こっちが私のお気に入りの中華食品スーパーです。

品揃えが良くまた値段も安くて滞在中何度か行きました。

中華食品だけでなく日本を始めとしたアジアの食品が手に入ります。

 

中国薬局です。漢方とか売ってそう。

 

極め付けは春節の幟です。完全に中国です。

中国について知らないオランダ人からしたら何のこっちゃですよ。

2月なのにハッピーニューイヤーですからね。

 

そして先ほどの中華スーパーで

長らく探していて見つからなかったアレをついに見つけました。

 

VIFON社のインスタントフォーです。

 

ポーランドで見つけてその美味しさに惚れ込んだのですが、

その後色々な国で探しても一切見かけることがなく、

ようやくここオランダの中華スーパーで再会することができました。

 

ポーランドでは普通のスーパーで売っていたので安かったのですが、

中華スーパーでも1袋0.6ユーロだったので思わず何個か買っちゃいました。

 

ミックスベジタブルと一緒に作りました。

このVIFON社のフォーは本当に美味しくておすすめなので、

ヨーロッパにお越しの際はぜひ探して食べてみてください。

 

明日は引き続きロッテルダムに滞在します。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

55.オランダ/Netherlands
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント