2017
05
Jun

世界一周の持ち物紹介 (パソコン周辺機器編)

こんにちは。タナカです。

長期の出張や、高知への楽しい旅行を終えて、

久し振りに関東での普段の生活に戻りました。

ブログは変わらぬペースで更新していきたいと思います。

本日のテーマは、

世界一周持ち物紹介 (パソコン周辺機器編)

です。

先日、世界一周へ持っていくパソコンのご紹介をしました。

そのときの記事はこちら。

世界一周へ持っていくパソコン
こんにちは。タナカです。 本日は、世界一周の持ち物の1つ、 パソコンについてお話ししたいと思います。 そもそもパソコン...

本日は、パソコンをより便利に使えるようにする

パソコン周辺機器についてお話ししていきたいと思います。

インナーバッグ/エレコム ZSB-IBUB03WH

調べものやブログの作成、写真の整理と

世界一周中になくてはならない存在であるパソコン

そんな大事なパソコンですが、

長い長い旅の中では、ぶつけたり落としたりすることもたくさんあるでしょう。(大事にはしてるんですよ?)

そんなとき、故障の可能性を少し低くしてくれるのがインナーバックです。

タナカが購入したのは

エレコム ZEROSHOCK スリム 11.6インチ ホワイト ZSB-IBUB03WH

です。

外観はこんな感じ。

パソコンの色に合わせて白色にしたのですが、汚れが目立つのでちょっと後悔。

開くとこんな感じ。写真ではわかり辛いですが、色はグレーです。

このデコボコしたウレタンクッションがパソコンを衝撃から守ってくれるのです。

外側には小物入れになる収納スペースがあります。

見ての通り、厚さが全くないので、収納できるのは薄いもののみになります。

タナカが収納しているのは、

  • ポータブルHDD
  • SDカードアダプタ
  • USBメモリのフタ

など、“薄くて小さくてちょっと収納場所に悩むようなもの”をまとめて入れてます。

タナカはインナーバッグは必須だと思ってます。

前述したとおり衝撃から守ってくれるのはもちろん、

例えばバッグの中で水をこぼしても、助かる可能性が高くなるし、

砂やほこり、塵なんかが本体の内部に入ることへの対策にもなります。

USBメモリ / SanDisk SDCZ33-064G-J57

これは先日のパソコン紹介でも少し触れたのですが、

タナカのパソコンは内部ストレージが32GBのeMMCなので、

自由に使える容量は10GB以下しかありません。

恐らく最も大きい割合を占めるであろう写真

後述するポータブルハードディスクに保存するので問題ないのですが、

それにしてもこの容量では心もとないです。

というわけで、タナカが購入したのが

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 64GB SDCZ33-064G-J57

です。

見た目はこんな感じ。USBメモリに見えない・・・。

フタを外すと、見慣れたUSBメモリの挿し口が見えます。

この大きさで64GBなんてすごい時代になったものですね。

これをパソコンに挿すとこんな感じになります。

出っ張りは0.5cmくらい。先述したインナーバッグにも装着したまま入ります。

タナカはこのUSBメモリを常時挿しっぱなしにして、

いわゆる“Dドライブ”の代替として、ちょっとしたファイルやソフトを入れています。

これにてパソコンの容量不足問題は解決です。

ポータブルハードディスク / シリコンパワー SP010TBPHDA80S3BTV

世界一周中にたくさん撮るであろう大量の写真たち

それらを残しておくための記憶装置に求める条件は、

  • 大容量
  • 軽量
  • 耐衝撃
  • 耐水
  • 防塵

などなど。

こうなってくると選択肢としては、耐衝撃ポータブルハードディスク一択になります。

タナカが購入したのは、

シリコンパワー 2.5インチ ポータブルHDD 1TB SP010TBPHDA80S3BTV

です。

ネイビーの落ち着いた(無骨な)デザインです。

USB挿し込み口です。

ハードディスク側がメス(ケーブルがオス)になってます。

ここのケーブルが本体と一体になっていないのも決めての1つ。

断線や紛失した場合でも、USBオス-オスケーブルなら世界中どこでも手に入りそうなので。

反対側にはケーブルが収納できます。

これ以外にも少し長めのケーブルも同封されていました。

このポータブルハードディスク、注目すべきはそのスペックです。

  • IPX7の防塵防水等級。(粉塵が内部に侵入しない。水深1mで30分沈めてもOK。)
  • MIL-STD810Gメソッドに準拠し、1m22cmから落下しても問題無し。
  • 300kgの耐荷重。

なんかよくわからんけど、とにかく頑丈ってこと。

その分、決してコンパクトではない大きさにはなっているけど、

世界中を巡って撮影した写真が消えることと比べれば我慢できますね。

タナカは写真は基本的にここに保存しつつ、

ネットワークストレージも併用して、鉄壁の守りで臨むつもりです。

Bluetoothマウス / iBUFFALO BSMBB21SWH

ノートパソコンに標準でついているタッチパッドって使いづらいんですよね。

ちょっとした調べものなら問題ないんですけど、

ブログ書いていると、あっちからこっちへドラッグしたり、

縦に長いページを一気にスクロールしたくなったり、とにかくマウスが欲しくなります。

ところが、タナカのパソコンのUSBポートは2つしかありません。

1つは先述した通りUSBメモリが常時装着されているため、使えるのはあと1つ。

ここにポータブルハードディスクやスマホを接続して、

写真をパソコンに転送したりするので、USBポートに空きはありません

ということで、タナカが購入したのは、

iBUFFALO Bluetooth3.0 BlueLEDマウス BSMBB21SWH

です。

そう、Bluetoothマウスです。

ちゃちゃっと簡単にペアリングして、無線で使えるので、USBポートは必要ありません。

パソコン、インナーケースと一緒のホワイトに統一。

白で揃っていると、とても軽やかな印象になり、タナカはとても気に入っています。

裏はこんな感じ。BlueLEDなので光は青いです。

大きさはこんな感じ。

amazonで購入したのですが、想像より少し大きかったです。

ただ、あまりに小さいと使いづらいので、これくらいで良かったかなと。

肝心の使い心地ですが、全く問題ありません

接続が途切れたりすることもないし、反応も悪くありません。

有線マウスや専用レシーバ付きの無線マウスと遜色ない使い心地で、満足しています。

強いて難点をあげるとすれば、

ホイールを回転させるときにキュッキュッと音がする

ことですかね。

ドミトリーなんかで夜遅くに作業するときは配慮が必要かも。

作業を捗らせる便利なアイテムたち

本日は、

世界一周へ持っていくパソコン周辺機器をご紹介しました。

タナカは、仕事にブログに毎日パソコンを触るので、

使用感が少しでも良くなるように、アイテムを厳選しています。

ぜひ、周辺機器選びの参考にしていただければと思います。

また、追加で便利なものが見つかったら紹介しますね。

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)