【ポーランド/Poland】総勢57体。ヴロツワフでの小人狩りの成果報告。

【ポーランド/Poland】総勢57体。ヴロツワフでの小人狩りの成果報告。

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはスペインを友人と旅行中です。

 

本日のブログはヴロツワフ名物の

小人探し・・・いえ小人狩りです。

私と小人の真剣勝負。果たしてその結果は?

よろしければお付き合いください!

 

2018.11.7 ポーランド/Poland 1ポーランドズロチ(PLN)≒29.01~31.00円

メイン広場周辺

本日はここヴロツワフにて名物の

小人探し・・・いや小人狩りを行いたいと思います。

 

ヴロツワフには旧市街やその周辺に

約250体ほどの小人が設置されているらしく、

それを探すのが一種のアクティビティになっているのです。

 

ちなみに小人自体に歴史的な深い意味は特になく、

元々は反共産主義運動に設置されたものですが、

現在は主に観光誘致を目的として日々設置されているそう。

 

本日はそんな小人たち・・・いや小人どもと、

見つけるか見つかるかの真剣勝負を執り行いたいと思います。

 

先にネタバレしておくと

この日私が見つけた小人の総数は57体です。

本日のその57体全ての写真をダイジェストでお送りします。

 

というわけで早速旧市街の広場へやってきました。

 

広場に入って早々に視界の橋に黒い物体が飛び込んできました。

 

記念すべき1体目。本を持って叫んでる?

 

そして頭上には2体目。

 

同じく頭上に3体目。なんかファンキーですね。

 

近くの建物の前に4体目。

 

向かいの柱に5体目。

 

なかなか順調な滑り出しです。

この小さな広場だけで5体の小人を発見しました。

 

続いてやってきたのが大広場。

ヴロツワフ観光の中心地であり、

恐らく最も小人が生息しているであろうエリアです。

 

6体目。親指立ててますね。腹が立ちます。

 

7体目はしわしわのおじいちゃん。

 

こちらはヴロツワフの象徴的な教会ですが、

小人探しに夢中な私はもちろん興味がなく、

中に入っていないどころか名前すら調べておりません。

どうぞご理解いただければと思います。今日はこんな感じ。

 

教会の前には8体目から10体目。

 

広場中央の狭い路地の中にも入ります。

 

11体目。ライオンに乗ってますね。

 

12体目。何をしているのでしょうか。不審者?

 

13体目。左官の小人ですかね。

ちょっとマニアックすぎませんか。いらすとやみたい。

 

14体目。針の筵です。

 

15体目はATMでお金を下ろしていました。

 

ヴロツワフに設置されている小人のほとんどは、

そこで経営するお店が宣伝目的で設置しているものが多く、

この小人は銀行が設置したものなのでATMを使っているのです。

私はこういう小人をビジネス小人と呼んで忌み嫌っていました。

 

16体目はギターを持って“Thank you!”と叫んでいました。

 

17体目。よくわからん。

 

広場エリアはまだまだあります。

とにかく広場をジグザグに歩いて

見落としがないように目を凝らしていきます。

 

18体目は自由の女神のコスプレ。

 

19体目はアイスを食べていました。

ご想像の通りアイス屋の設置したビジネス小人です。

 

20体目は徳利から日本酒を飲んでいました。

 

え?徳利じゃない?

 

何をおかしなことを言っているんですか。これは徳利です。

 

21体目は小人を撮影する小人。

そしてそれを嬉しそうに撮影するハゲた日本人が私。

なんだか虚しくなるのでやめてください。

 

22体目は犬と乾杯していました。素晴らしい。

 

23体目は井戸にしがみついてました。謎。

 

24体目はその姿がただただ腹立たしかったです。

 

以上で広場の捜索はひとまず終了。

 

見落としはたくさんあるとは思いますが、

とりあえず次のエリアに進んでみたいと思います。

しらみつぶしに路地を歩く

広場の捜索を終えたあとは、

その周辺の路地をしらみつぶしに歩いていく作戦に。

 

こちらの教会は屋根のタイルが可愛らしく、

 

内部は工事中であるものの

レンガと石膏によるゴシック装飾が美しかったです。

しかし小人に魅入られた私にはもはや何も響きません。

 

25体目と26体目。大野君と杉山君と名付けました。

 

 

27体目。他の小人に比べてサイズが小さかったです。

 

28体目はよくわからんものを手に持ってました。あと腹出すぎ。

 

29体目はこれから旅行に出かけるみたいです。

 

ヴロツワフの街並みはなんだかんだで美しいのですが、

本日は誠に申し訳ないのですがすべて割愛させてください。

 

30体目と31体目にはハッシュタグがあるみたいです。

もちろん調べていません。そこまでの興味はないです。

 

32体目と33体目。仲が良さそうで何より。

 

34体目は博物館の前にいたのですが、

そのイメージ通りに賢そうな見た目をしていました。

 

35体目は・・・これは一体何をしているのでしょうか。

私には全裸で股間に傘を当てているようにしか見えないのですが。

 

小腹が空いたので腹ごしらえ。

ポーランド全土にあるZabkaというコンビニで買えるホットドック。

500mlのコーラとセットで150円くらいなのでとってもリーズナブル。

街中でもよく食べている人を見かけるし、

ポーランドのソウルフードと言っても良いのではないでしょうか。

え、味ですか?どうぞお察しいただければと思います。

 

36体目はアイス屋の前にいたビジネス小人。

 

37体目は蕎麦を打っていました。蕎麦食いてえ。

 

38体目は不審物を手にしていました。

 

 

39体目は引き上げ、

 

40体目は引き上げられていました。

助け合う姿に目頭が熱くなりました。

 

途中で入った教会。美しいですね。

 

そしてその教会の前にいた

ハーレー(推測)を駆るファンキーな小人が41体目。

 

玉を押す42体目と43体目を見つけて午前の部はひとまず終了。

トイレと昼食がてら一度宿へ戻ったのでした。

ランチ休憩からの後半戦

午後の部が始まりました。

午前中は広場周辺とその西側エリアを主に捜索しましたので

午後からは広場から東のエリアを重点的に探していきます。

 

44体目と45体目。

 

46体目。

 

47体目は気持ち悪い。

 

トントン拍子に見つけているように見えますが、

実際は午前中に比べるとペースが上がらず、

小人に出会う感覚もどんどん長くなってきました。

 

川を渡った先にも行ってみます。

 

48体目。

 

49体目。

 

50体目。

 

大きな教会。

 

川沿いに広がるヴロツワフの街並みは嫌いじゃないです。

 

51体目もファンキー。

ちょっとこういうふざけた感じの小人が多くないですかね。

 

 

52体目は花を持って可愛さアピールをしてました。

 

53体目はシブい。

 

ここまで見つけたところで

いよいよ小人狩りに飽きてきてしまいました。

 

というわけで本日の小人狩りはこれにて終了とし

打ち上げをするべくパブへ向かうことにしたのでした。

タタールとかいう神の食べ物

やってきたのはこちらのPrzedwojennaというお店。

 

場所は旧市街のほぼど真ん中。

実は前の日の夜にもやってきたのですが、

その際に大変気に入ったので2日連続でやってきたのです。

 

店に入ろうとしたところ、

店のすぐ前に54体目と55体目を見つけてしまいました。

 

ビールで打ち上げ開始です。4.5ズロチ。

 

実は私、

こちらのパブで大変気に入った料理がありまして、

本日もそれを目的にやってきたのですが、

 

それがこちらのタタールという料理。

 

写真を見てください。生肉生卵です。

 

いいですか?もう一度言いますよ?

 

生肉生卵です。

 

ポーランドでこんなものが食べられるなんてビックリ。

生肉と生卵を絡めてピクルスと一緒に食べるのですが、

それがもう何とも形容しがたい美味しさでして、

美味しい生ビールと相まって何とも幸せな気持ちになりました。

 

ちなみにお値段はたったの9ズロチ(≒270円)。

他のレストランだともっとずっと高いのですが、

このパブはフード全品が9ズロチ均一となっていて、

お安くいただくことができました。というわけでおすすめ。

 

飲んだあとにフラフラ歩いてた時に見つけた56体目。

 

そして57体目でいよいよ完全に終了です。

 

総勢57体の小人コレクションはいかがでしたでしょうか。

自分で言うのもなんですが私は小人を探すのが下手でして、

上手な人ならもっとたくさんの小人を見つけられるかと思います。

 

ヨーロッパの旧市街に飽きたときは

小人を探して息抜きをしてみるのもいかがでしょうか。

 

明日からチェコ編がスタートです。

 

本日はここまで。それでは。