【ポルトガル/Portugal】あてもなくポルトを歩いて名物のビファナを食す

48.ポルトガル/Portugal
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはポルトガルリスボンです。

私、ポルトガル好きです。

ヨーロッパらしからぬ雑な感じが居心地が良いんですよね。

 

本日のブログもポルト街ぶら。

宿のWi-Fiが使いものにならなかったために

観光のための下調べが十分にできなかった私は、

とりあえずポルト滞在を延長することにして

あてもなくポルトの街をぶらぶらしていました。

ポルト名物のビファナも食べてみましたよ。

よろしければお付き合いください!

 

2018.11.26 ポルトガル/Portugal 1ユーロ(EUR)≒127.6~132.9円

宿のWi-Fiが全く使えない

ポルト2日目の朝を迎えました。

 

雨ですね。

 

土砂降りですね。

 

昨日の夕方から降り始めた雨は

そのまま一晩中降り続いた挙句に

朝になってもまだ降っているみたいです。

どれだけ降るねんっていう話ですよ全く。

 

まあでもこういう時にこそ

サボっているブログをまとめて書いたり

観光のための下調べをしたりするので・・・

 

・・・

 

Wi-Fiが繋がりません

 

昨晩から繋がったり切れたりしていたのですが

朝になってついにうんともすんとも言わなくなりました

 

ポルトに着いた時点では

晴れ予報になっている本日の午後からポルトを観光し、

明日の昼過ぎのバスでどこか次の都市へ行くつもりだったのですが、

昨晩からWi-FIの調子がおかしいせいで

本日の観光のプランすら立てることができていない状態です。

 

これは・・・うーん・・・

 

・・・

 

延泊するか。

 

というわけで延泊決定です。もちろん宿は移動。

 

っていうか今泊まっているこの宿、

Booking.comで星9個の高評価宿にも関わらず、

Wi-Fiは弱いわ、シャワーはチョロチョロだわ、

ベッドにコンセント無いわ、

共有スペースが少なくて居場所がないわで、

びっくりするくらい満足度が低くて困ってしまいました。

せいぜい星7.5個くらいが妥当なところですよ全く。

ほんとどいつもこいつも適当な評k

 

昼食は野菜炒めです。

先日のスペイン旅で友人と合流したことにより

ダシの素その他の日本食材が補充されたので、

私が日本を出て以来ちびちび使っていた

古い調味料をバンバン使っております。幸せ。

 

そうこうしているうちに晴れてきました。

しかしWi-Fiは復旧する気配すらありません。

 

延泊することは決めてしまいましたし、

本日の観光は諦めることにして、

Wi-Fiを探しがてら街の方へ歩いていくことに。

 

中心部までやってきました。

平日昼間ですが活気があって良い雰囲気。

 

市場は工事中。

臨時の市場が近くにありそうな雰囲気でしたが、

地図に示された場所に行っても何もありませんでした。

あれは一体何の地図だったのでしょうか。謎です。

 

とりあえずのWi-Fiを求めてショッピングモールへ。

 

ここで拾えたフリーWi-Fiを使って

とりあえず翌日の観光のプランだけざっくり立てました。

 

プラン立てといっても

行きたい場所の場所を調べてMAPにピンを打ち込み、

あとは料金とか割引パスの有無を調べるくらいなのですが。

 

本当はこういったことは

その街に入る前にやるべきだとはわかっているのですが、

バルセロナで連日二日酔いになっていたり

移動中にアニメを観ていてその時間が取れませんでした。

仕方ないですね。うん、仕方ない。

あてもなく街をぶらぶら

とりあえず最低限やることはやったし、

本日は特に観光をする予定もありませんので、

昨日に引き続いて適当に街を歩きたいと思います。

 

ポルトの街は西欧らしからぬゴミゴミとした雰囲気で、

マリファナを勧めてくる怪しい人もそこらじゅうで見かけます。

とはいってもしつこくついてきたりはしないので、

(個人的には)治安が悪いとは感じませんでした。

 

あとはとにかく坂が多くて歩くのが楽しいです。

この雑多な雰囲気もどこか東京の下町を思い出させます。

 

教会の壁面には

 

ポルトガルらしいタイル装飾が施されていました。

東中欧や北欧では見られなかったスタイルなので、

見ているだけで楽しいです。今だけだとは思いますが。

 

坂の向こうに街が見えるこの感じが大好きです私は。

 

特に地図を見たりせず、

気が向くままに適当な方向に歩き続けます。

 

こちらもタイル装飾が美しい建物。

 

地震がきたら一瞬で倒壊しそうな建物。

こういう建物を見るたびに

“地震がなくて羨ましいなあ”と思ってしまいます。

日本は天災が少し多すぎますね。仕方ないけど。

 

立派な教会。気分じゃないので中には入らず。

側面がアズレージョ(タイル絵)になっていて大変美しかったです。

名物のビファナを食す

再び街の中心部と思しきところに戻ってきました。

 

ふらふら歩いていると

ふと目に留まったパン屋のガラスに

 

BIFANA 1€

 

きったない文字が。

 

ビファナといえばあれですあれ。

生姜焼きバーガーみたいなポルトのB級料理です。

私もTwitterで教えていただくまで知りませんでした。

 

せっかくオススメされたものですので、

ちょうど小腹も空いてきたところですし食べてみることに。

 

こちらがビファナです。1ユーロ。

柔らかいパンにソースを絡めた豚肉が挟まったもの。

このソースに生姜が効いていて、

さながら生姜焼きをパンに挟んでいるような感覚に。

お味の方はもう普通に美味しかったです。安定って感じ。

きっと恐らくもう1度食べることになるなと思いました。

ドン・ルイス橋がいちばん綺麗に見える場所

小腹も満たされましたので街歩き再開。

特に行きたい場所もないので、

昨日と同じくドン・ルイス一世橋を渡ってみることに。

私、どうやらこの橋が大好きみたいです。

 

対岸の高台に大きな教会があり、

手前側の川を見渡せる場所が公園になっているようなので、

そこまで歩いていくことにしました。

 

じんわり汗をかきながら到着。

11月末とはいえポルトガルまでくるとさすがに暖かく、

日中は半袖Tシャツと上着1枚で十分な感じ。

少し日が陰ったり夕方になってくると途端に寒いので

ウルトラライトダウンが1つあると安心ですね。

 

公園からの景色がこちらです。

 

うーん・・・ナンバーワンですね。

 

昨日から様々な角度でこの橋を見てきましたが、

ここから見る姿がいちばん美しいように感じます。

後ろに見えるポルト旧市街との対比が見事ではありませんか。

 

ポルト旧市街をズームしてみました。

本当に美しい街だと思います。

今まで訪れたヨーロッパの都市の中でもかなり上位かと。

 

高台からの景色を堪能したあとは

ドン・ルイス一世橋と夕日のコラボレーションを見るべく、

少し歩いて別の橋の上までやってきたのですが、

 

太陽の沈む方向がイマイチで

良い写真が撮れそうになかったので、

諦めて宿に戻って飲んだくれたのでした。

 

明日からポルト観光スタートです。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

48.ポルトガル/Portugal
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント