2017
13
May

世界一周ルートを考えてみる (1)

皆さん、こんにちは。

このブログのタイトルは

タナカがまわる、のんびり世界一周。

ということで、

本日は世界一周のルートについて書いてみたいと思います。

第2回の記事はこちら。

世界一周ルートを考えてみる (2)
こんにちは。タナカです。 本日は、 世界一周ルートを考えてみる (2) と題しまして、前回に引き続...

南極大陸を除く五大陸をまわる

一般に地球上の大陸といえば、

  • ユーラシア大陸
  • アフリカ大陸
  • 北アメリカ大陸
  • 南アメリカ大陸
  • オーストラリア大陸
  • 南極大陸

を思い浮かべるかと思います。(他の分類方法もあるようです。)

対する”世界一周”の定義は

太平洋と大西洋をそれぞれ1回ずつ渡って出発地に戻ること

いろいろ意見はあれど、私はこれがいちばんしっくりきました。

つまり、世界一周を謳うために、訪れた大陸の数は関係ありません。

でも色んな大陸行ってみたいじゃん

ってことで、

南極大陸を除く、五大陸を西回りでまわりたいと思います。

南極大陸は、ちょっとハードルが高そうなので外しました。

後日改めて、単品で行くことができれば良いな、と思ってます。

第1カ国目は香港

世界一周をする上でとても大切な、記念すべき第1カ国目。

タナカは香港からスタートします。

理由は2つ、

  • 日本からのLCCが豊富で安く行ける
  • 香港から深圳に入って成都へ向かうルートを取りたい

トータルの移動費を考えると

レガシー・キャリアで日本から直接成都まで行っても大差無いんだけど、

中国を陸路で旅してみたいってのもあるので、自分はこのルートです。

中国から東南アジア、そしてインドへ

中国からは陸路で東南アジアへ移動します。

東南アジア各国(タイ・ベトナム・ラオス・カンボジアあたり)は

物価も安いし、見どころもたくさんあるので、時間をかけてまわります。

バックパッカーの間で人気の

“タイでの予防接種”もここで済ませてしまおうと思ってます。

その後は、これまたLCCでインドへ移動。

“世界三大ウザい国”の1カ国目を満喫して、アジアは終了です。

最大の試練、アフリカ南下

ここから先は、本当にただの予定になってきますね。

インドからは中東を経由して、エジプトからアフリカ大陸入り。

このあたりのルートは

治安や国際関係を考慮して臨機応変に決めていく予定です。

特に、私はアメリカへ行く予定ですので、

“入国履歴があるとアメリカへのビザ無し滞在ができなくなる国々”

へ入国しないように注意しなければなりません。(イランやイエメン等々)

また、エジプトからの陸路南下は、

前述の理由によりリビア・スーダンに入国できないことから不可能です。

従って、エジプトからケニアまでは飛行機で移動します。

ここから南端ケープタウンまで陸路で移動する期間が、

タナカの世界一周旅、最大の試練になるのではないかと思ってます。

治安が悪いことで有名なナイロビやダルエスサラーム、

黄熱病やマラリア等の感染症の危険、

それを補って余りあるアフリカの自然、

最大の試練であり、最高の経験になるであろう、この期間をとても楽しみにしています。

長くなったので続きは(2)へ

思ったより長くなったので、

続きは”世界一周ルートを考えてみる (2)”へ持ち越したいと思います。

正直なところ、この計画通りになるなんて思ってません。

でも考えるだけならタダだし、

ていうかルート考えるのめちゃくちゃ楽しい!!!ので、全く問題無しです。

それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)