【セネガル/Senegal】宿の周囲を歩いて飯を食って巨大な像と海を見てウンコを出しただけの1日

52.セネガル/Senegal
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはセネガルダカールです。

ついにダカールでの沈没生活を終え、

本日深夜の飛行機に乗ってヨーロッパへ戻ります。

さよならアフリカ!もう一生来ません!

 

本日のブログは特に中身はありません。

西アフリカ旅の終着地であるダカールに着いた翌日は

何をする気も起きず少し外出しただけで1日が終わりました。

よろしければお付き合いください!

 

2019.01.11 セネガル/Senegal 100CFAフラン(XOF)≒18.53~19.83円

世界最大のブロンズ像?を訪れる

宿のキッチンにある炊飯器です。

ものすごく久しぶりに見ました。世界のHITACHIですね。

 

というわけでモロッコで買ったものの

その後はただただ荷物になっていただけの米を炊いてみました。

やはり待っているだけで失敗なしでお米が炊き上がるのは便利ですね。

それに日本の炊飯器なのでお米の炊きあがりも気になります。

 

お茶漬けです。

炊き上がりが気になるとかぬかしておきながら

いきなりお湯をかけるという暴挙に出てしまいました。

どうしても食べたかったんです許してください。

 

ちなみにお茶漬けの素(永谷園のうめ茶漬け)は

サハラ砂漠ツアーで一緒だった日本人の方にいただきました。

 

お味の方は文句なしにクソ美味しかったです。当たり前ですね。

 

さて、昨日の夕方に無事にダカールへ着き、

それを以て西アフリカ旅の最後の移動を終えた私。

あとはダカール発の飛行機に乗ってヨーロッパへ帰るだけです。

 

ダカールの滞在期間は少し長めに7泊となっており、

急いで観光をする必要もない(観光する場所もない)ので、

今日は宿と宿の周囲でダラダラしたいと思います。疲れてますし。

 

朝食後はとりあえず宿の共有スペースでだらだら。

前からやりたかったブログのテーマ変更の準備をしたり、

お金や旅程の確認、あとはスマホでゲームをしたりして過ごしました。

 

昼頃になってお腹が空いてきたので外出。

宿の前の道路は未舗装路です。

たまに靴の中に砂が入るので腹が立ちます。

 

宿の周りをぶらぶらしてみます。

この道路は舗装路ですが、

やはり路肩には大量の砂が乗っていて歩きにくいです。

 

この砂は一体どこから運ばれてくるのでしょうか。

まあ十中八九遠く離れたサハラ砂漠だとは思うのですが、

邪魔なんでモーリタニアへ送り返してはいかがでしょうか。

あっちは砂がいくら増えても誰も気づかないくらい砂だらけなので。

 

市場があるエリア。

バスターミナルのようにもなっていて賑やかです。

 

ただド観光地のサンルイと違って人々は穏やかで、

お土産を売るべく話しかけてくるような人もいないので

歩いていて疲れにくいのが有難いですね。

 

昨日と同じ食堂でランチを取ることに。

店の入り口にある黒板にその日のメニューが書かれていて、

その中からCest Bon(セボン)という料理を注文しました。

フランス語でGoodの意味で広く使われる言葉ですね。

 

そんなGoodという名を冠した料理ですが、

肝心の写真が残っていませんでした。撮ったはずなのに・・・。

 

とはいっても特に変わった料理ではなく、

山盛りライスと焼いた魚とヤッサソース、

それに辛くないラー油のようなものが付いてました。

 

お味の方は本日も大変美味しく、

この食堂は本当に外れがないなと思いました。安いですし。

 

食事のあとは昨日も遠くから見た

あの巨大な像の下まで歩いてみたいと思います。

遠くからでもがっつり見えてますね。でけえ。

 

着きました。アフリカ・ルネサンスの像です。

 

看板です。

 

噂によると世界最大のブロンズ像らしいのですが、

似たような巨大なブロンズ像を今まで見た覚えがありませんし、

逆にただの(ブロンズじゃない)巨大な像なら色々見てますし、

ぶっちゃけあまり惹かれるキャッチコピーではありませんね。

 

ちなみに建設したのは北朝鮮の会社らしいです。

巨大像の建設で有名な会社があるんですって。なんか面白いですね。

 

こちらの像については

他にも色々と問題があるようで面白いので、

興味のある方は一度Wikipediaを読んでいただければと。

アフリカ・ルネサンスの像 - Wikipedia

 

像の足元までは無料で上ることができますので、

早速広い階段を駆け上がってみたいと思います。

 

駆け上がってきました。疲れました。

最近あんまり歩いてないので目に見えて体力が落ちてます。

そしてこの先も特に歩く予定はありません。

 

下から見たアフリカ・ルネサンス像。

こういう巨大建造物あるあるなんですけど、

近付けば近付くほどその大きさが感じられなくなりますよね。

ダカールに着いた初日に、

600mほど離れたバス停から見たときがいちばん驚きましたもん。

 

像の内部は展望台になっているらしく、

1,000円以上する高い入場料を支払えば入れるらしいのですが、

今日はどうやらお休みのようです。金曜日だから?

 

まあ仮にオープンしていたとしても

そんな高い入場料を支払ってまで入場することはないのですが。

 

お金がもったいないってのももちろんありますが、

そんなことより、

 

土台部分からの景色で十分ですもん。

 

ここから50m(像の高さ)ほど上ったところで

大して景色が変わるとは思えません。本当に無駄です。

 

良い景色ですね。曇っているのが残念です。

海が近いので良い感じに風も吹いていて心地良いです。

 

ちなみにダカールの人口は100万人を超えていて、

西アフリカの中ではかなり人口の多い都市となります。

東アフリカの有名な都市に比べると少ないんですけどね。

 

 

世界遺産のゴレ島がある方向。

天気が良ければゴレ島が見えそうな雰囲気です。

今日はちょっと靄がかかっていてダメですね。

 

像の周囲を見ていると、

リゾートとして開発しようとした形跡が見られます。

海沿いにあるホテルのような建物は廃墟でしょうか。

像の土台部分にまでつながる道路も整備されていますが、

立派な設備に対して像の周囲にはほとんど人はいません。

 

アフリカ大陸最西端のアルマディ岬が見えました。

噂によると最西端は工事中で入れないみたいですが、

後日近くまでは歩いて行ってみようと思っています。

 

飽きてきたので階段を下って海を見に行きたいと思います。

シークレットビーチ?を訪れる

ビーチまでの最短距離を歩こうとしたら

えらいところを歩くハメになりました。

 

宿のオーナーに教えていただいた

シークレットビーチを目指して道路脇の小道に入っていきます。

 

向こうの方にビーチのようなものが見えました。

これはちょっとテンションが上がります。

 

てくてく歩いて海が見えてきました。

 

海です。

 

波がたけえ。

 

半島の北側にはサーフィンで有名なンゴール島もありますし、

サンゴ礁があるわけでもないので波が高いのは当然っちゃ当然。

のんびり海水浴って感じの海ではないですね。

 

欧米人はがっつり泳いでましたけど。

 

ちなみにこのビーチ、

シークレットビーチと聞いてやってはきたのですが、

売店やらレストランやら何やらがいっぱいあって騒がしく、

ちょっと期待していたものとは違っていました。

 

雰囲気としては悪くはないのですが、

根暗な私には居心地が悪く、ものの数分で退散したのでした。

そして1日が終わる

宿に戻ってベッドの上で作業。

ブログのテーマを変える準備をしていました。

この記事が公開される頃には

きっとテーマが入れ替わっていることと思います。

 

夕方になったので買い物がてら宿の周囲を散歩。

これは謎の窪みです。そして窪みにはゴミがあります。

ありとあらゆる隅っこと窪みにゴミがある、それがアフリカです。

 

宿の周囲は住宅街で、

食堂や売店はちょいちょいあるものの、

いまいち利便性にはかけるかなという印象。

でもバス乗り場は複数使えるし、

なんだかんだ手に入らないものはないので

慣れてきたら快適に過ごせそうな感じはします。

 

宿から歩いて10分ほどのバス乗り場。

ここから空港行きのバスに乗れるみたいです。めっちゃ便利。

 

柵からわんこ。大人しくて可愛いです。

このあたりは在住外国人もたくさん住んでいるようで、

立派な門を構えた邸宅がたくさんあります。

 

歩道に乗っている砂。

これがあるせいで歩きにくくて仕方ありません。

 

そうやって宿の周囲を散歩したあとは

市場で野菜を購入し、宿で簡単に調理をして晩ごはんを済ませ、

ウンコをして眠りについたのでした。

 

明日はラックローズへ行きます。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

52.セネガル/Senegal
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント