【セネガル/Senegal】グッバイアフリカフォーエヴァー!ダカールの新空港からヨーロッパへ!

52.セネガル/Senegal
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムは夜行バスで移動中。

ドイツのミュンヘンへ向かう夜行バスの中です。

 

本日のブログはアフリカ脱出編。

1週間滞在したダカールを出発し、

飛行機に乗ってヨーロッパへ向かいます。

グッバイアフリカフォーエヴァー!!!

よろしければお付き合いください!

 

2019.01.17 セネガル/Senegal 100CFAフラン(XOF)≒18.53~19.83円

情報コーナー

ダカールからブレーズ・ジャーニュ空港

■前提

ダカールの有名な日本人宿がある

ワカム(Oaukam)地区からの行き方を説明する

■交通手段

路線バス(DDDの401番)

■料金

1,000セーファ

■運行間隔

1時間以上(今回待ったのが1時間だったので)

宿のオーナー情報では20~35分間隔

■所要時間

1時間半(道路状況による)

■バス乗り場

ワカムのバスターミナル

401番のバスはここが始発なので乗り過ごすことはない

■バス降り場

ブレーズ・ジャーニュ空港の前の路上

理由は不明だがバスはターミナル建物の前までは行かなかった

セネガルご飯食べおさめ

本日はいよいよアフリカを脱出します。

スペインのマドリードを経由してイタリアのミラノへ飛びます。

 

思い返せば昨年の8月、

初めてのアフリカ旅はケニアから始まりました。

(個人的にエジプトは中東に分類しています。)

 

初めて見る黒人だらけの街と治安の悪さにビビり、

陽気な人々と豊かな自然と野生の動物に出会いました。

 

ただただ疲れましたよね。楽しくなんかないです。

 

そして約2カ月かけて南アフリカまで頑張って南下し、

ケープタウンからドイツへ向かう飛行機の中では

“もうアフリカには一生来ないだろう・・・”と思ったものです。

 

そう思っていたにも関わらず、

どこでどうおかしくなったのかは知りませんが、

12月にモロッコに入ってからアフリカリターンズ編がスタート。

1カ月で西サハラ、モーリタニア、セネガルと旅をしてきました。

 

ただただ疲れましたよね。

2回目のアフリカだろうが何だろうが疲れるものは疲れます。

 

そんな嫌な思い出いっぱいのアフリカとも今日でおさらばです。

 

セネガル最終日ということで

いつもの食堂でセネガル飯を食べおさめたいと思います。

 

今日の日替わりメニューはチェブヤップですね。

 

チェブヤップ(Thiebouyapp)です。1,000セーファ。

少し前の記事で紹介したチェブジェン(魚の炊き込みご飯)の

ヤップ(肉)バージョンですね。お肉は恐らく羊肉です。

 

チェブジェンと同じく定番料理の1つなのですが、

今まで食べたことがなかったので最後に食べられてラッキーです。

 

お味の方は本日も大変美味しゅうございました。

パラッと炊かれた味の付いたライスと、

ホロホロに煮込まれたお肉の相性が抜群です。

 

それにしてもこちらの食堂には本当にお世話になりました。

1週間で5回ほど来ましたかね。なんせ日替わりメニューなので。

 

もしまたセネガルに来ることがあれば

ぜひこの食堂にも再訪したいなと思いました。

 

まあ来ることはないんですけど。

 

誤解を招くといけないので補足しておくと、

セネガル(アフリカ)が嫌いとかそういう話ではないです。

そんな感情論は置いておいても、

私が休暇中の滞在先としてアフリカを選ぶことはないという話。

だってアフリカって疲れるじゃないですか。

私は休暇は文字通り休みたいんです。だからアフリカには来ません。

 

セネガル飯を食べおさめたとは

宿の隣の商店で残った硬貨を使い切りました。

これで移動中の食料が確保できました。

ダカール新空港へのアクセス

宿に戻ったあとは

出発時間まで誰もいない宿でダラダラしてました。

なんせ飛行機は夜の10時台ですので。

 

幸い宿のオーナーさんには

“今空いてるからベッドとか使ってていいよ”

と言っていただけたので

居場所に困るようなことはありませんでした。有難い。

 

私がこれから向かうダカールの空港、

ブレーズ・ジャーニュ空港は2017年12月に開港したばかり。

 

それ以前の旧空港は今の宿から目と鼻の先にあったのですが、

この新空港はダカールから50kmほど離れた辺鄙な場所にあり、

路線バスでアクセスすることができます。

 

ただダカールの路線バスといえば

渋滞でびっくりするくらい進まないことで有名ですので、

今回も時間に余裕を持って出発することにしました。

 

空港行きのバスは宿の近くのバスターミナルから乗車可能。

宿からは歩いて15分くらいなのでとても便利です。

 

というわけでバスターミナルにやってきました。

目当ての401番のバスは見当たりませんので、

そのへんに荷物を置いてバスがやってくるのを待ちます。

 

そして45分が経ち・・・

 

バス来ません。

 

まあ薄々想定はしていましたけどね。

時刻表なんてないセネガルのバスが、

しかもほとんど誰も使わないような空港行きのバスが、

15分おきとか30分おきに運行しているわけがないんですよ。

 

青いの:バス来ないね~

赤いの:そだね~

 

暇すぎて横にあった看板に台詞を付けて遊んでました。

 

最終的に1時間ほど待ったあと、

バスターミナルに停まっているバスのうちの1台が

空港行きの401番のバスになりました。

ここでようやくここ(ワカム)が始発であることに気が付きました。

やってきたバスに乗り過ごすまいと道路を見張っていた

労力と時間を返して欲しいですね。

 

空港行きのバスだからか車内はがら空き。

高速道路に乗るまでの間は普通に乗り降りできるのですが、

そもそもルート的に需要がなさそうな雰囲気でした。

 

天気が良いので海が青く輝いて見えました。

 

そして渋滞にハマりました。

まあこんなのは想定内なので、

適当にボケーっとしつつバスが進むのを待ちます。

 

最初の渋滞を抜けたあとはバスは順調に進み、

 

大きなスタジアムの横を通って、

 

高速道路に乗りました。

 

ここからは渋滞もなく

バスは順調に空港へと向かっていき、

 

1時間30分ほどでブレーズ・ジャーニュ空港に到着。

 

最大で3時間ほどかかることを見越していたので、

たったの1時間半で到着してびっくりしました。

 

ダカールから距離があるのは確かに不便ですが、

これだけ簡単にアクセスできるのであれば(料金も安いし)、

思ったほど悪くはないなと思ったのでした。

グッバイアフリカフォーエヴァー!

オープンして間もない空港なので

アフリカといえどターミナル内は先進的かつ清潔です。

エスカレーターだってもちろん動いていました。

 

両替所のレート。

 

余ったフランセーファをユーロに両替しました。

レートは悪いですが、悪質というほどではないかと。

 

ブレーズ・ジャーニュ空港はまだ情報が少なく、

両替所が無い可能性も想定してビクビクしていたのですが、

普通にありましたし、外貨への両替も対応してくれて一安心。

 

バオバブの木の形をしたイルミネーション。

 

両替したあとは

航空会社カウンターが開くまでロビーで待機。

 

空港のフリーWi-Fiはあったものの

遅すぎて使い物にならなかったため、

昨日無駄にチャージしたSIMでテザリングしつつ

セネガルのブログを一気に片付けました。

 

そうこうしているうちに

出発の3時間前になったので出国することに。

 

ブレーズ・ジャーニュ空港は

空港内の動線がちょっと変わっていて、

航空会社カウンターがあるエリアに入る前に保安検査がありました。

 

イベリア航空のチェックインは特に何事もなく完了。

チケットは乗継後の分も合わせて2枚発行されました。

航空会社のスタッフの皆さんがとても印象が良く、

セネガル-スペイン便という日本人に全く関係ない路線にも関わらず、

日本語で挨拶をしてくれる人が数名いて嬉しかったです。

 

出国審査では両手の指紋取得と顔写真、

そしてなぜかダカールでの滞在先を聞かれました。

適当に“ワカム!”と答えたらそれ以上は何も言われませんでしたが。

 

というわけで無事に出国しました。

写真はありませんが、立派な免税店がありました。

お値段も立派で目ん玉が飛び出たので頑張って元に戻しました。

 

謎のアート。

 

出国後もまだまだ時間があったので

引き続きブログを書き続けてました。

 

その日の汚れはその日のうちに、

アフリカのブログはアフリカのうちに、です。

 

定刻通りに搭乗開始。

抜き打ちで手荷物検査が行われていましたが、

主に地元民に対して行っているようで私は何も言われず。

 

機内中ほどの通路側座席です。機材はA321だったと思います。

 

機内誌を読んでいたらスキー場の記事が。

 

写真を見てて思ったんですけど、

こっちの人って皆さんヘルメットをかぶるんですよね。

 

日本人ってほんとヘルメット使わないじゃないですか。

あれって良くないと思うんですよ。安全性の面で。

 

私はスノーボードをするときヘルメットをかぶりますし、

一度転倒してヘルメットが割れてゾッとしたことがあるので、

ヘルメット無しでは滑れないようになってしまいました。

 

というわけで皆さんもヘルメットかぶってください。

ちなみに私の知り合いで2人、スノーボードで死んでます。

海外旅行よりスノーボード(スキー)の方がよっぽど危ないですから。

 

出発してすぐに出てきた機内食。

ご飯の上に乗ったお肉が美味しかったです。

 

食事のあとは機内消灯、

私もすぐに眠りについたのでした。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

52.セネガル/Senegal
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント