【スロバキア】コシツェのトラムに乗ったら全く目的地にたどり着けなかった

【スロバキア】コシツェのトラムに乗ったら全く目的地にたどり着けなかった

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはボスニア・ヘルツェゴビナビハチです。

憧れのクロアチアをたったの1泊で脱出してきました。

理由は天気です。向こう数日激しめの雨が降る予報のため、

キャンプはおろか最も楽しみにしていたプリトヴィッツェも断念。

ちょっと悲しいですが、アフリカ後のリベンジを検討しています。

 

本日のブログは移動だけ…のはずだったのですが、

コシツェでトラムに乗ったらひどい目に合いました。

この町ではトラムにだけは絶対に乗らないことを推奨します。

よろしければお付き合いください!

 

2018.6.22 スロバキア/Slovakia 1ユーロ(EUR)≒125~130円

情報コーナー

スピシュスキー・ポドフラディエからコシツェ

■交通手段

路線バス

■料金

4.3ユーロ

■出発時刻

5:56/6:28/7:07/13:10/14:29

■所要時間

約1時間半

■バス乗り場

スピシュスキー・ポドフラディエ中心部のバス停

■バス降り場

コシツェ駅横のバスターミナル

小さくてカラフルな町

本日はコシツェへ移動します。

が、バスの時間まで時間があるので、

それまでスピシュスキー・ポドフラディエ、

略してスピポドの町をぶらぶらしたいと思います。

 

昨日から気になっていたのですが、

大変可愛らしくて素敵な町なんですよ、この町。

 

ここが中心部です。

統一感のある2階建ての建物と教会、

少し遠くに見える丘の上にはスピシュ城と、

まるでおとぎ話に出てくる町のよう。

また世界遺産の町でありながら観光客がほとんどおらず、

町がとても静かなのもポイントが高いです。

 

ほら、可愛いでしょ?

特に1階と2階で塗り分けているあたりにこだわりを感じます。

素敵な町並を形成する上で大切なのは統一感だと思っていますが、

その点でこの町は非常に良い感じです。小さい町ですからね。

 

マンションもカラフルで素敵。

壁が汚れていないのも素晴らしいです。

スロバキアの人は綺麗好きなんですかね。

 

この時計台はなんと観光案内所でした。

町から結構離れてる上に、営業していませんでしたが。

 

街はずれにある教会。ゴシック系っていうんですかね。

 

中から見ると相当綺麗なステンドグラスだと思われますが、

残念ながら中に入ることはできませんでした。

っていうか人っ子一人いませんでした。

本当に世界遺産のある町なんですかね、この町。

 

高台から町を見下ろしてみました。

のどかで本当に素敵な町です。

車があれば街まで直ぐですし、

住むならこれくらい静かな場所が良いですね。

 

スピシュ城を見渡せる場所を探して撮った1枚。

手前の林が邪魔ですね。意外と綺麗に見える場所が無いんですよ。

 

別の場所からもう1枚。

天気が良ければさぞ綺麗な風景だったことでしょう。

 

以上でスピポドの観光は終わり。

コシツェへ移動したいと思います。

コシツェのトラムはヤバい

スピポドの町からコシツェの街までは約90分。

車窓からの景色はずっとこんな感じです。

訪れる前に抱いていたスロバキアという国のイメージまんまです。

 

コシツェのバスターミナルに着きました。

 

コシツェはスロバキア第2の都市ですが、

思ったより大きな街で驚きました。

バスターミナルも駅も結構立派です。

 

駅のチケット売り場で明日の鉄道チケットを購入。

詳細は明日の情報コーナーにて。

 

宿に荷物を置いたあとは、

観光ではなく買い物のためにとある場所へ向かいます。

歩くにはちょっと辛い距離なのでトラムを使いたいと思います。

30分有効なチケットが0.6ユーロ。乗車後に打刻するタイプです。

 

GoogleMapの経路検索によると

トラム1本で目的地の近くまでアクセスできるとのこと。

 

私はGoogle先生を心より信頼していますので、

自信満々でトラムに乗り込み、写真を撮ってみたり。

 

そして気が付いたら

目的地と全く違う方向に向かってました。

 

慌てて降りました。何もありません。

 

初めてGoogle先生に裏切られました。

いや、実は初めてではないのですが、

ここまで見事にやられたのは珍しいです。ショック。

 

何もないので、

仕方なく逆方向に向かう適当なトラムに乗り、

チケットの有効時間が切れるタイミングで下車。

 

そこにあった路線図とMAPS.MEの停留所の名前を比較し、

今度こそ確実に目的地近くまで行くことができるトラムに乗車しました。

そして目的地の1km手前で降ろされました。

 

既に0.6ユーロのチケットを2枚消費しているのに、

まさかの目的地に未達です。1.2ユーロですよ。大金ですよ。

 

もう1kmくらいなら歩いた方が早いかと思い、

張り切って歩き始めたのですが、

 

いきなり工事現場にぶち当たりました。

なんかよくわかりませんけど、

随分と広い範囲を工事しているみたいです。甲子園10個分くらい。

トラムが路線図通り走らないのもこの工事が原因っぽいです。

 

更にこの工事の何が悪いって、

車両だけじゃなくて人も通らせてくれないんですよ。

私が行きたい場所はこの工事現場の向こう側なので、

甲子園10個分の面積を持つ工事現場を迂回していくハメに。

 

1.2ユーロ払って目的地にたどり着けなかった上に、

この距離を歩かされたのにのは正直かなりへこみました。

 

まあそこまでして来たかった場所っていうのが

ただのDechathlonなんですけどね。

フランス資本のアウトドア用品店です。

ハンガリーあたりから徐々にキャンプをしてみようと思っていて、

色々と必要なものを買いそろえたかったんです。

 

まあ結果的にこの店舗は品揃えが悪くて何も買えなかったのですが。

ほんと何のためにあれだけ歩いたのかサッパリわかりません。

 

何にしてもコシツェの公共交通機関を一切信用できなくなった私は、

帰りは5kmほどの距離をとぼとぼ歩いて戻ることになったのでした。

コシツェの中心部

コシツェの中心部に戻ってきました。

元々観光する予定は無かったのですが、

通り道なので少し見学していきたいと思います。

 

大きな教会です。

 

意外や意外、中々素敵で味のある教会でした。

こんな小さな地方都市ですらこのレベルってヨーロッパ半端ないですね。

 

街の雰囲気も、失礼ながら意外と素敵です。

通りにはテラス席のあるレストランが並び、

売店が並んでいるエリアがあったりして賑やかです。

 

観光的には弱い街ですが、

腰を据えて少しのんびりするには

割と良い場所なんじゃないかと思いました。

 

コシツェ観光は終わり。

明日は朝6時の電車に乗ってハンガリーへ移動します。

 

本日はここまで。それでは。