【南アフリカ/SouthAfrica】ついに念願の喜望峰!アフリカ旅の終着点へは楽々レンタカーで。

37.南アフリカ/South Africa
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムは南アフリカステレンボッシュです。

ワインの試飲やウィスキー蒸留所の見学を目的に

わざわざこの町へやってきた私ですが、

スマホ盗難の後処理だけをして、あとは何もせずに

本日ケープタウンへ帰りたいと思います。傷心です。

 

本日のブログでは

いよいよアフリカ旅の終着点、喜望峰を訪れます。

非常にタイミング良く出会いに恵まれまして、

レンタカーで楽々到達することができました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.10.2 南アフリカ/South Africa 1南アフリカランド(ZAR)≒7.21~8.51円

情報コーナー

ケープポイント国立公園

■入場料

147ランド

■駐車料金

無料

■営業時間

季節によって異なるようなので、

公式ページにて事前にチェックしてください。

レンタカー

■会社

AroundAboutCars

Cat and Mooseから徒歩5分くらい

■料金

私が主だって借りたわけではないので詳細は不明だが、

5人乗りの普通車ATで48時間で950ランド程度とのこと。

ガソリン満タン返し。窓ガラスとホイールの保険込み。

■駐車場所について

Cat and Mooseには駐車場はない。

夜通し止める場合はすぐ近くのShell(ガソリンスタンド)の

敷地奥にあるパーキングに一晩60ランドで止められるとのこと。

また宿前の道路は両脇が駐車可能になっていて、

夜間であれば無料で止められるが、

車上荒らしや当て逃げ等のリスクがあるのでオススメしない。

初めての海外レンタカー

本日はですね、

ケープタウン近郊を代表する観光地である、

喜望峰ボルダーズビーチへ向かいたいと思います。

 

交通手段はなんとレンタカーです。

 

というのもですね、

Cat and Mooseでお会いした日本人のおばさまが

個人的にレンタカーを2日間借りられるということで、

しかも私は私で以前からTwitterで連絡を取っていた方と

ちょうど昨晩ケープタウンで合流したこともあり、

じゃあ2日目のレンタカー代を3人で割りましょうか

ってな感じでトントン拍子でレンタカー旅が決定したわけです。

 

ナミビアのレンタカー仲間待ちは一体何だったんですかね。

こういうのって本当にタイミングだなって思いました。仕方ない仕方ない。

 

というわけで

前日のうちにおばさまが既に借りていた車に乗り込み、

煩わしい手続き等は一切なくレンタカー旅がスタートしました。

いや、マジで楽すぎる。甘やかされ過ぎですね。

 

アフリカとは思えない(毎日言ってる)

完璧に綺麗に整備された片側2車線の道路をかっ飛ばし

車は順調に南へ進んでいきます。

運転は全ておばさまが行ってくださいましたので、

私は助手席に座ってナビと軽い漫談をするだけです。

ちなみに南アフリカは交通量はそこまで多くなく、

日本と同じ左側通行ということもあり運転は簡単そうでした。

 

素晴らしい景色の中を進む車。

朝は曇っていた空も、車が進むにつれて徐々に青空に変わります。

 

やがて道路は海沿いへ。

 

日本海みたいな海です。曇りだからですかね。

晴れていたらきっと青くて美しいことと思います。

 

サイモンズタウンが見えてきました。

公共交通機関で喜望峰を目指す場合、

まずは鉄道に乗ってサイモンズタウンまで行き、

そこから何かしらの手段で向かうことになるみたいです。

 

サイモンズタウンを過ぎ、

更にペンギンで有名なボルダーズビーチも通り過ぎて、

車は半島の南端に向けて走り続けます。

 

Cape Pointの看板。

 

さすがの喜望峰ということもあり入場ゲートには長蛇の列。

ここで人数分の入場料を支払ってチケットを受け取ります。

ちなみに国立公園内でチケットをチェックされることはなく、

車内の人数は完全に自己申告制だったので・・・でした。ザルです。

 

というわけで

無事にケープポイント国立公園に入場しました。

ゲートを越えてもすぐに喜望峰があるわけではなく、

ここから更に車を走らせていきます。

まずはケープポイント

国立公園内の風景。

大きな山とその手前に草原が広がる雄大な景色。

曇っていた空はすっかり青空に変わり、

アフリカ旅の終着点への期待が高まっていきます。

 

まずやってきたのはケープポイント

入場ゲートからは20分ほどかかりました。遠い。

 

実は今いるケープ半島の最南端は喜望峰ではなく、

このケープポイントみたいです。(10分ほど前に知った)

まずは最南端に行ってみようということです。

メインの喜望峰は後のお楽しみ。

 

入り口にあった看板。

ケープポイントは駐車場から15分ほど登った場所にあり、

歩けない方のためにケーブルカーも用意されていました。

私たちはもちろん歩きです。悔しくなんてありません。

 

坂を上る途中でずっと見えている

この岬を見ながらの同行のM氏との会話。

 

タナカ:あの岬って何なんですかね?

M氏:喜望峰ですかね。

タナカ:うーんもっと遠かった気が・・・。

M氏:じゃあただのケープポイントの隣の岬ですね。

タナカ:なるほど。Next Cape of Cape Pointですね。

M氏&タナカ:

 

まあこれが喜望峰だったんですけどね。

 

無知って本当に恐ろしいなと思いました。

 

ケニアからアフリカに入って、

そこからずっと南下してきた私ですが、

南アフリカの植生は本当に独特で興味深いです。

このアロエのような葉っぱでできたお花みたいな植物なんか、

他のどの国でも見たことがありません。なんじゃこりゃ。

 

上に見えている灯台を目指してひたすら登ります。

 

登り切りました。

頂上には古びた灯台と小さな広場とたくさんの人が。

アフリカでこういうTHE 観光地って本当に珍しくて、

久しぶりにカメラを首からぶら下げて歩くことができました。

 

古びた灯台。

こっちが古い灯台ですかね。恐らくですけど。

そんで岬のいちばん端にあるやつが

確か新しい方の灯台だったと思います。すべて推測です。

 

ケープポイントの東側の海。

この日は風が西から吹いていたので、

東側の海は風が岬に遮られて穏やかでした。

 

一方で西側の海は風が当たるので大荒れ。

落ちたら一瞬で死亡です。でも青くてとても綺麗。

 

更に南にあるあの先っぽまで行けるようなので、

頑張って歩いていきたいと思います。

 

風が吹き荒れる中を3人で話しながら歩きます。

複数人での観光は感動がすぐに共有できるので、

自然と笑顔になれますし、本当に楽しいですね。

短期的に誰かと一緒に行動するのは好きです。

この日のメンバーが皆さん大人だったってのもありますけど。

 

これもまた独特な植物です。

ケープタウン周辺ではよく見かけるような気がします。

 

先ほどの上の灯台は人でごった返していましたが、

どうやらここまで歩いてくる人は少ないようで、

景色を楽しみながら写真を撮りつつゆっくり歩くことができました。

 

そして歩ききった先には小さな広場が・・・写真はありません。

 

というのもですね、

 

クジラです。

写真ではわかり辛いですけど、クジラが写ってます。

 

広場に着いて早々に

先にいた方々に興奮気味に話しかけられまして、

クジラの存在を教えてもらったのです。ありがたやありがたや。

 

広場の先の下の方にある小さな灯台。

 

というわけでケープポイントの観光は終了。

特にこれと言って見どころはありませんでしたが、

やはりケープ半島最南端なので行く価値は十分あるかと。

 

最後にお土産屋を少し見て、次の目的地へ向かいます。

そしていよいよ・・・

向かう先はもちろん喜望峰

ケープポイントの駐車場からは車で5分ほど。

 

そういえばサイモンズタウンから

自転車で喜望峰を訪れる方が結構いらっしゃるようですが、

アップダウンすごいし、

そもそも距離が半端なく長いですし、本当に尊敬します。

ダラけきった私には到底無理な話です。

 

というわけで

一瞬にして喜望峰の駐車場に到着しました。楽チンです。

 

例の看板です。

色んなブログに載っている写真は

ここで撮られているんだなと思ってちょっと感動しました。

私たちも3人いましたので、交代で写真を撮ったり

皆で写真を撮ったりして楽しみました。こういうの久しぶり。

 

せっかくなので後ろの山に登りたいと思います。

 

ケープハイラックスです。可愛いですね。

人に慣れているので近づいても逃げません。

 

むしゃり。

 

というわけで登頂。

 

これにて

 

アフリカ横断完了

 

ですね。

 

ケニアスタートなので縦断には程遠いのですが、

一応陸路でインド洋と大西洋を見てますので、

横断しているのは間違いないかと。ですよね?

 

ここも特に見どころはありませんでした。

それでもやっぱり訪れる価値はあります。それはもう半端なく。

 

私のアフリカ旅は全部で2カ月足らずの短いものでしたが、

ケニアからずっと陸路にこだわって旅をしてきましたし、

途中でいろいろトラブルに巻き込まれたりもしましたが、

無事にここまで辿り着くことができました。

 

そしてその終着点として、

教科書にも載っている喜望峰は相応しかったです。

 

南アフリカへの滞在はまだ1週間ほどありますが、

まずはここで良い区切りを迎えることができました。

 

実はこのあと

そのままボルダーズビーチを訪れたのですが、

長くなってしまったので続きは次回にしたいと思います。

 

本日はここまで。それでは。

コメント