【タンザニア/Tanzania】ストーンタウンのアラブとヨーロッパが入り混じる独特な街並み

33.タンザニア/Tanzania
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはザンビアルサカです。

紆余曲折ありましたが

なんとか首都のルサカまでたどり着きました。

1泊でまた移動はさすがにしんどいので、

少しだけゆっくりさせてください・・・。

 

本日のブログはストーンタウン観光。

北部のヌングイ行きをやめた私は

ザンジバルからの脱出を図りましたがあえなく撃沈。

仕方なく・・・本当に仕方なくストーンタウンを観光しました。

世界遺産に登録されるアフリカの街並みとはいかに?

よろしければお付き合いください!

 

2018.9.3 タンザニア/Tanzania 1000タンザニアシリング(TZS)≒48.1~49.0円

安くて美味しい食堂

宿の朝ごはんです。

フルーツたっぷりでオムレツも焼き立て、

健康的で非常に良いと思います。

個人的には朝食抜きで良いので

宿代を安くしてほしいところですが。

 

宿の屋上テラスから見える港。

何やら朝から騒がしいです。あと生臭い。

 

何やってるんですかね。

そんなに乗ったら沈んちゃいますよ。

岸にもたくさん人がいるし、ほんと謎。

ちなみに翌日も全く同じ状況になってました。

 

とまあ昨日あった色々によって

ザンジバルに対する興味を一切失った私は、

とりあえず宿にこもって色々作業を。

 

昼頃まで宿で過ごしたあとは

お腹が空いてきたので昼ご飯を食べにいくことに。

 

それにしてもザンジバルは物価が高いんですよ。

昨日食べた大して美味しくないフィッシュカレーが450円。

モシと比べると2~3倍のイメージです。本当に高い。

 

でもまだ私の運は尽きてなかったみたいです。

 

安くて美味しい食堂、見つけました。

 

こちらの食堂です。店名は不明。

 

店内に入るとショーケースにご飯物やおかずが並んでおり、

店員のお兄さんもとってもフレンドリーです。

 

ビリヤニビーフマサラ

これでなんと5,000シリング。安い。昨日のカレーの半額。

 

そしてお味の方は・・・めちゃくちゃ美味しい

ほろほろに煮込まれた牛肉カレーと

クセの無いシンプルなビリヤニが抜群に合いますし

ボリュームたっぷりでお腹もいっぱいです。

 

店名はわかりませんが場所はこのあたり。

ザンジバルの物価に疲れた方はぜひ。ちなみにお昼だけの営業です。

アラブとヨーロッパが入り混じる

というわけで仕方なく街歩きに出かけましょう。

 

いやぶっちゃけ出かけたくないんですよ。

だってもう嫌な思いはしたくありませんし。

でも1日中宿にこもっていてもやることないし、

ブログに書くネタにも困るしってことで仕方なく。

 

ちなみにこの

ブログに書くために観光する

ということに対して否定的な意見は多いですが、

私の場合はこれをしなかったら

ただ宿に引きこもっているだけなので

むしろ良いことだと思ってます。大事なのは出かけること。

 

話がそれましたが街歩きスタート。

これは市場です。名前は、えーっと、忘れました。

中にはスパイスとか野菜とか魚市場もありました。臭かったです。

 

市場の裏の通り。

歩いているのは確かに黒人なのですが、

雰囲気や匂いが中東に似ています。

私が行った国だとトルコとエジプトに近いです。

 

道案内版かと思いきや工事標識でした。

日本の工事現場にもありますね。

まさかアフリカでこんな表示が見られるなんて。

意外としっかりしているのでしょうか。いやまさか。

 

ただのドアではありません。ザンジバルドアです。

ザンジバルは過去いろいろな国に支配されてきた過去を持ちますが、

こちらはオマーン統治時代の名残なんだそう。

独特な彫刻が施されたドアは、

その家の格を判断するのに役立ったんですって。

この細かい意匠は確かにイスラム圏の文化だなって思います。

少なくともアフリカじゃない。

 

ストーンタウンの街並みは世界遺産に登録されており、

3階建て以上の建物が並ぶ、アフリカらしからぬ街並みが特徴。

 

ザンジバルドアその2。

 

ちょっとわかりにくいですけど、

建物が崩れた空き地でキャンパスに絵を描くおじさん。

絵になりますね。かっこいい。

 

この白い壁の建物はヨーロッパっぽいですね。

ポルトガルですかね。それともイギリス?

 

海の見える場所へやってきました。

一昨日、Fさんと一緒にやってきたところ。

 

ストーンタウンはそこそこ人が住む町なので

ビーチはさすがに汚いです。泳いでいる人もいましたが。

やっぱりザンジバルで海を楽しむなら、

少し田舎に行くか、離島に行くかしないとですね。

私はもういいです。ザンジバルの海に興味はありません!

本当に世界遺産?

海を離れて再び路地の中へ。

細い路地が好きな方にはたまらない街並みが続き、

私も地図を見ずにふらふらと気の向くままに歩きます。

 

ザンジバルドアその3。

 

ザンジバルドアその4。

 

しかしここでふと疑問が湧いてきました。

 

これって本当に世界遺産なの?

 

と。

 

確かにアフリカにおいて

この多文化が入り混じった景観は独特ですが、

全くもって大事に保護されている雰囲気がないんです。

 

通りや空き地にはゴミが散乱しているし、

黒ずんだまま放置された壁や、

崩れたまま特に修復もされていない建物など。

 

観光面についても疑問が。

狭い路地を歩けば

かなり頻繁(本当に頻繁)に客引きに声をかけられるし、

バイクがクラクションを鳴らしながら

猛スピードで走り去っていく光景なんて何度見かけたことか。

 

本当に世界遺産なの?ちょっと違うくね?

 

そう思わざるを得ない私なのですが。

まあ私はザンジバルが嫌いですからね。

どうしても嫌なところが目についてしまうのだと思います。

 

にゃーん。

最後に猫の写真を。

ストーンタウンは猫の数が非常に多くて、

荒んだ心を何度も癒してもらいました。

 

明日はダルエスサラームへ帰ります。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

33.タンザニア/Tanzania
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント