【タンザニア/Tanzania】世界一周する中で”行かなきゃ良かった・・・”と思う場所は当たり前にある

33.タンザニア/Tanzania
dav
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはザンビアルサカです。

無事に34カ国目のザンビアにたどり着きました。

明日はいよいよ、あの大きな滝で有名な

リビングストンへ移動しますよ。

 

本日のブログはザンジバル脱出編。

ザンジバルの何もかもがとにかく気に入らない私は

予定を切り上げてダルエスサラームへ戻ることに。

楽しいことしか無いように思える世界一周ですが、

“行かなきゃ良かった・・・”と思う場所は

残念ながら当たり前にあります。その1つがザンジバル。

よろしければお付き合いください!

 

2018.9.4 タンザニア/Tanzania 1000タンザニアシリング(TZS)≒48.1~49.0円

情報コーナー

ザンジバルからダルエスサラーム

■移動手段

フェリー(会社名:Azam社)

■料金

Economy:35米ドル

Business:40米ドル

VIP:50米ドル

ROYAL:60米ドル

※全て外国人価格

※チケット売り場は以下の地図参照

フェリー乗り場からは徒歩10分ほど離れているので要注意。

■出発時刻

7:00/9:30/12:30/16:00の1日4便

■所要時間

約2時間

■フェリー乗り場

ストーンタウンのフェリーターミナル

■フェリー降り場

ダルエスサラームのフェリーターミナル

■その他

同区間を運行するフェリーは

今回利用したAzam社の他にFlying Horseがあり、

そちらは1日1便21時頃に出発し、

翌朝ダルエスサラームに到着する。料金は20米ドル。

ダルエスサラームの安宿

■宿の名前

YMCA Hostel

■場所

Postaから歩いて5分

■料金

ドミトリー1泊15,000シリング

■設備

Wi-Fi無し

朝食無し

蚊帳あり

水シャワー

併設レストランで食事とビールが飲める

ザンジバルなんて来なけりゃ良かった

おはようございます。本日の朝ごはんです。

フルーツたっぷり大変よろしいですね。健康的。

写真手前の緑のやつはアボカドなのですが、

スイカとバナナと一緒に盛るってことは、

こちらの人はアボカドをフルーツの1つとして

捉えているってことですよね。私にとってはおつまみです。

 

そして朝食のあとはフェリーのチケット売り場へ。

 

2日前のダラダラ乗り場でのひと悶着の直後に

Flying Horse社(安くて遅くて夜行な船)の売り場に行った際、


タナカ:あの、本日の9時のフェリーは出ますか。

おばちゃん:出ないわ。メンテナンス中よ。次は火曜日。


という会話をした世間知らずで純粋な私は、

“じゃあ次の火曜日まで待てば良いんだな”と思ったんですね。

 

もうここまで書けばおわかりいただけますかね。

 

もちろん今日(火曜日)になっても船は動いてませんでした。

 

そりゃそうですよ。

ここアフリカですもん。タンザニアですもん。

 

これ以上ストーンタウンにいたくなかった私は

いつ出るかわからない安い船に乗ることは諦め

すぐ近くにあるAzam社のチケット売り場へ。

 

ここでも本日のエコノミー席は売り切れだと言われ、

結果的に50ドル払ってVIP席に乗って帰ることに

 

港にやってきました。

 

出国(出域)カード。

 

ザンジバルの出国(出域)審査を受けたあと、

上位席専用のラウンジを探してふらふらしていたところ、

係員に連れていかれたのは審査場の手前。審査の意味よ意味。

 

Business席以上で使えるラウンジ。

 

期待しちゃダメですね。エアコンは効いてました。

ここで先日一緒に観光したFさんと合流し、

ここ数日の愚痴を色々と聞いていただきました。

その節はどうもありがとうございました。そしてごめんなさい。

 

そして出発の30分前から乗船開始。

 

 

確かキリマンジャロ5号だったと思います。

 

こちらが50ドル支払って乗ったVIP席です。

まあさすがに綺麗だし広かったです。50ドルの価値はないけど。

頭上モニターでは「モアナと伝説の海」が流れてました。

 

さよならザンジバル。

 

往復40ドルで済むはずが結局85ドルかかりました。

 

いや、お金のことは別に良いんです。良くないけど。

それでも“行って良かった”と思える場所であって欲しかったんです。

 

ダラダラドライバーにはぼったくられ馬鹿にされ、

世界遺産なのにゴミだらけで汚い街並みに疑問を抱き、

サービスに見合っていない高い物価に苦しみました。

 

行きと違って船酔いに苦しみながら

ダルエスサラームへ戻ってきたときに思ったこと。

 

それは、

 

行かなきゃ良かった・・・

 

ってこと。

 

私だってもちろん

 

それぞれに良いところがあって、

行かなくて良かった国(場所)なんて1つも無かった!

 

と言いたいです。曇りなき眼で。

 

でも実際のところそれは無理です

 

労力と費用に見合ってない場所に行って、

それでも“行って良かった”とはやっぱり思えないです。

 

今回のザンジバルもそうですし、

高いビザ代を払って苦労した訪れたのに

差別され石を投げられたタジキスタンもその1つです。

 

しかしたとえそうだとしても

行かなきゃわからないってのもこれまた事実。

それが旅だし、それを確かめるために旅をしているのです。

最近は楽しいことが続いていたので忘れていましたが、

久しぶりに私の旅について考える良い機会になりました。

 

ダルエスサラームの街並み。昼間は至って平和。

バッグを持って歩いていても危険な感じはしないです。

 

フェリー乗り場から歩いて15分。宿に到着しました。

 

宿については情報コーナーをご参照ください。

ダルエスのインド料理はやっぱり美味しい

別の宿に宿泊しているFさんと食事の約束をしたので、

その時間までは宿でビールを。2,000シリング。安い。

 

そして待ち合わせ場所へ。

 

本日もインド人街のレストランへ。

ここのインド料理が美味しいことをお伝えしたところ

Fさんがぜひ食べたいと言ってくださったので。

 

フライドヌードル。7,000シリング。

 

マトンのカレー。10,000シリング。

 

タンザニアの物価からするとやっぱり高いのですが、

そんなことは忘れてしまうくらいの圧倒的な美味しさです。

 

治安には不安の残るダルエスサラームですが、

インド料理と中華料理だけは本当に間違いない。来て良かった。

 

食事のあとはFさんを我が宿に招待し、

ザンジバルでは心ゆくまで飲めなかったビールを飲みつつ、

今後のことや、人生のこと、

そしてアフリカのことについて語らったのでした。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

33.タンザニア/Tanzania
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント