2017
06
Jun

旅に出ることを伝えなければならない人たち

こんにちは。タナカです。

天気予報を見てると、

そろそろ関東地方も梅雨に入りそうですね。

一年でいちばん憂鬱な時期、梅雨。旅人風にいうと・・・雨季?(どういうこっちゃ)

さてさて、

2018年の1月から世界一周の旅へ出る予定の私ですが、

そのことをまだ誰にも話していません。

だからといって、ある日突然、

明日から1年間海外行ってきまーす

なんて言い出すつもりは無くて、

順を追って、必要な人には伝えていこうと思っています。

というわけで、本日は、

旅に出ることを伝えなければならない人たち

と題しまして、お話ししていきます。

別に隠しているわけではない

冒頭で、

“誰にも話していない”と言いましたが、

別に隠しているわけではないんです。

いまはまだ言う必要がない、だから言ってないだけ。

聞かれたら言うけど、

世界一周いくの?とか仕事やめるの?とか聞いてくる人なんていませんよね。

もちろんブログを書いてることなんて誰も知らないので、

タナカが2018年から旅に出るのを知っているのは、タナカと皆さんだけです。

自分から積極的に話さないのは、

仕事をやめて世界一周の旅へ出ることが、決して良いことだと思わないから。

タナカにとっては、

長い人生における、リスクを伴った一世一代のチャレンジ

他人にとっては、

もうすぐアラサーの独身男が、年甲斐もなくふらふらしている

こんなもんです。これでいいんです。

自分の中に確固たる動機があればそれで十分。

ですので、タナカが旅に出ることを伝えるのは、最小限の人だけです。

ここから先は、その最小限の人たちについてお話ししていきます。

家族へ伝える

家族へは、旅に出ることを伝えなければなりません。

いちばんの理由は、

世界一周中に“もしも”があれば、真っ先に迷惑をかけることになるだろうから。

他にも、実家に荷物を置かせてもらったり、

旅に出るまでの少しのあいだ、実家に泊めてもらったりしないといけないので、

伝えないっていう選択肢はないですね。(当たり前か)

とはいっても、タナカの実家は関西、住んでいるのは関東

このことを伝えるためだけに帰るなんてことはもちろんしません。お金もったいないし。

次、何かのタイミングで帰省するときに、サラッと伝えちゃうつもりです。

厳しい家ではないし、生計を別にして既に5年以上経っているわけですから、

何かを言われるってことはないだろうけど、

なんでだろう、家族へ話すってのがいちばん緊張する気がします。

職場の人へ伝える

職場の人へ伝えることももちろん必要です。

順番としては、

  1. 最終出社日の1カ月ほど前に、直属の上司に退職を申し出る
  2. 退職が承認されたら、特にお世話になった人に退職することを伝える
  3. 最終出社日の直前に、仕事上で関わりのあった人に退職することを伝える

って感じですかね。

タナカの退職予定は12月の上旬です。

そして有給消化に入る前の最終出社日は10月の下旬を予定しています。

ってわけで、9月の下旬頃から活動を始めなければなりません

会社の人へは、

仕事をやめることは伝えますが、世界一周の旅へ出ることを伝えるつもりはありません。

理由は前述したとおり、自分から積極的に言うことではないから。

正直揉めるだろうな、とは思ってます。

いまの上司とは信頼関係が全くないので、ちょっと気が重い・・・。

でも、タナカの決意は固いですし、

旅に出ようが出まいが遅かれ早かれやめてたと思うので、

断固とした態度で臨みたいと思います。やめるぞー!!!

お世話になった人へも、退職前に余裕を持って挨拶をしにいくつもり。

仕事をやめても、どこでお世話になるかわかりませんからね。礼儀は大事

親しい友人へ伝える

最後は親しい友人たち。

今度飲みに行こうよ

って言われて

いまアフリカだから行けねー

っていうのは寂しすぎますもんね。ていうか友達いなくなるわ

帰ってきたときに、友達0人なんてことにならないように、

特に親しい友人には、仕事をやめること、もちろん旅に出ることも伝えます。

ここは前の2つに比べると本当に気が楽です。

酔っぱらった勢いでサラッと言っちゃえばいいんですから。(ダメ人間)

でも、長く旅をする中で、誰か親しい人と話したくなったとき、

いちばんお世話になる人たちだと思います。家族に電話なんて絶対しないだろうから。

きっと笑い飛ばして

いってらっしゃい

って言ってくれるでしょう。

伝えることには勇気が要る

タナカが旅に出ることを伝えなければならない人たち

家族・職場の人・親しい友人についてお話ししてきました。

正直なところ、人に話すのってほんとうに勇気が要る

“どんな顔されるんだろう””何て言われるんだろう”って想像してしまいます。

でも、これも旅へ出るための大事な準備の1つ。

立つ鳥跡を濁さず

帰ってきたときに居場所がないなんて悲しいことにならないよう、

しっかりと礼儀を持って、伝えていきたいと思います。

本日はここまでです。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)