2017
01
Sep

「会社やめます!」ついに上司に伝えました

こんにちは。タナカです。

昨日、

ハドソン川の奇跡(原題:Sully)

を観ました。

めっっっっちゃ良い映画!!!!

ノンフィクションなので結果は最初からわかってるんだけど、

そこに至るまでの演出や映像が本当に素晴らしい!

100分足らずの再生時間の中、一瞬たりとも退屈する時間はありませんでした。

主演のトム・ハンクスは歳を重ねてますます良くなってるのはもちろん、

副操縦士役のアーロン・エッカートがとにかくめちゃくちゃかっこ良かった・・・。

(調べたらダークナイトのハービー検事役なんですね。)

クリント・イーストウッド監督の作品の中でも1位2位を争う出来だと思います。

ちなみに、

ハドソン川に着水する(墜落って言ったら機長に怒られる)飛行機ですが、

Airbus社のA320なんですよね。

国内外の近距離路線でお馴染みの機材です。私も何回も乗ってます。

劇中にて、

離陸から着水するまでの約5分間が描かれるのですが、

聞き覚えのある音が画面の中で鳴りまくります。

一緒に事故に巻き込まれているような感覚になりました。怖かった。

なので、普段から「飛行機怖い」って人は見ないことをおすすめします!

(それくらい描写がリアルだってことですね。)


さてさて!

前置きが長くなりましたが、本日は、

「会社やめます!」ついに上司に伝えました

と題してお話ししていきます。

どんな感じで伝えたのか?

何も知らない上司の反応は?

せっかくなので記事にしておこうと思います。

世界一周へ行こうが行かまいが、

仕事やめようと思ってるんだよねって人はぜひ読んでみてくださいね♪

もちろんそうじゃない人もお付き合いいただければ幸いです!

果たし状をたたきつける

退職の意志を伝える前日、

まずは、果たし状(メール)をたたきつけてみました。

いわゆる、

○○月××日△△時 ◇◇で決闘を申し込む

的なやつです。

私の場合は、

●●月▲▲日を以て退社したく、

○○月××日(翌日) △△時より◇◇会議室にて相談させてください

って感じの内容ですね。全然果たし状じゃねー。

普通、退職を伝えるっていうと、

課長、お話しが・・・

といった感じで、

人がいないところに連れていって、相談して・・・、

ってのを想像しますが、私はかねてより、

それやると周りの人にバレんじゃね?

と思ってたので、メールで伝えてみました。

引き継ぎの都合もあるので、

近日中にバレることはわかってるんです。

でも、変に噂が立ったりすると、

残り1カ月半の仕事がやりにくくなったりする可能性がありますよね。

それに、周りの人のモチベーションにも影響しかねないので

バレないのに越したことはないのかな、と。

それに、予め退職する日を明確に伝えておくことで、

翌日の話し合いがとってもスムーズに進みました。

第一報がメールっていうのは

一般的な常識としてどうなのか?ってのはとりあえず置いておいて、

私が現在勤めている会社(部署)では、とても良い方法だったと思います。

色々なことを考えながら24時間を過ごす

さて、定時頃に前述する内容のメールを送り、

上司の顔を見ることもなく退社した私ですが、

ここからの24時間は本当に色々なことを考えました。

ついに「やめる」って伝えられた

世界一周楽しみだな

本当にやめて大丈夫なのかな

そろそろ準備を本格的にはじめないと

明日何言われるのかな

などなど、色々な想いが頭を巡りました。ほとんど眠れませんでした。

今年の1月に

世界一周へ行くために会社をやめる!

と決めてから9カ月。

考える時間は山ほどあって、散々悩んで決意したけど、

新卒で入った会社をやめるってのは、

やっぱりそれなりにリスクがあるし、ビビりますよね。

そんなこんなで

心がザワザワしたまま24時間を過ごし、

いよいよ上司との直接対決に臨みました。

驚くほどあっさりとした結末

会議室に入って上司を待ちます。

数分後、少し遅れて上司が入ってきました。

(上)遅れてごめんね~

(タ)いえ、こちらこそ突然すみません。

(上)いや、謝ることじゃないでしょ。

   突然でびっくりはしたけど。

(タ)本当にすみません・・・〇〇さんにとっては突然ですよね。

(上)あ、その言い方だと、前から決めてたの?

(タ)そうですね。結構前から決めてました。

(上)そうなんだ~。いや、本当は慰留しようと思ってたんだけど

   前から決まってたのなら変わらないよね~。残念だけど。

(タ)ええまあ・・・そうですねー。

(上)じゃあ仕方ない。で、引き継ぎなんだけど・・・・

って!

あっさりしてんなーおい!!!!

いや、険悪な空気になるよりかは100倍良いんですけど!

こっちは結構いろいろ用意してきたんですよ?

なんでやめるの?

とか

やめてどうすんの?

とか

もうちょっと後にできない?

とか

聞いてよ!回答用意してっから!!!

(まじで1つも聞かれなかった)

ここにきて

ナゾの物分かりの良さを発揮する上司(普段はそんなんじゃないのに)のおかげで

話し合い開始30秒であっさり退職が認められ、引き継ぎや有休消化の話に・・・。

こちらもサクサクと話し合いが進み、

ボーナス支給後にすぐやめることについても一切何も言われず、

15分ほどで話し合いが終了しました。

大事なことはメールで前日に伝えていたし、

そもそも異動してから1年も経ってない=付き合いが短いっていうのもあって、

これだけスムーズに進んだのかな、と。

最後の最後に、

次何やりたいとか決まってるの?

と聞かれたので、

とりあえず実家に帰ってゆっくり仕事探そうと思います

って答えときました。結局嘘つくんかーーーい。

すんなりと退職が決定

そんなこんなで、

驚くほどすんなりと退職することが認められました。

まずは本当に、

揉めなくて良かったなー

と思いました。

ちょっと寂しい気もしたけど、

揉めても揉めなくても結果は変わらない

っていうのを早々に理解してくれた上司には本当に感謝です。

思い返せば、新卒で入社してから5年半、

仕事に関連して不満に思ったり衝突することは数えきれないほどあったけど、

その人自体を嫌いになるようなことはほとんど無かった気がします。

法令順守っていう意味でもしっかりしていたし、

休みもある程度好きに取らせてもらって、

世間で言うブラック企業とは比較にならない、本当に良い会社でした。

本当にありがとうございました!

って、

最終出社日までまだ1カ月半以上あるんですけどね。

最後の最後までしっかり働きたいと思います!

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)