【タイ/Thailand】バンコクで過ごす何でもない普通の週末

【タイ/Thailand】バンコクで過ごす何でもない普通の週末

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはラオスビエンチャンです。

今日のバスでバンビエンへ移動します。

バンビエンは、ビエンチャンとルアンパバーンの

中間にある小さな田舎町なのですが、

その豊かな自然により、近年は観光地として注目されています。

やっぱり山ですよね。とても楽しみです。

 

本日のブログは

バンコクで過ごした何でもない普通の週末について。

バンコクへ来て以来、

近郊都市への観光を繰り返していた私は、

週末はバンコクでのんびり過ごすことにしました。

バンコクに住んでいたらこういう毎週こんな感じなんだろな

と思うくらい何でもない週末でした。

長期旅行ならではの贅沢な過ごし方だと思います。

よろしければお付き合いください。

 

2018.2.17-18 タイ/Thailand 1タイバーツ(THB)≒3.4~3.5円

昼からビールを飲んで宿に引きこもる土曜日

前日の夜にカンチャナブリから帰ってきた私は、

その疲れ(+日焼け)のせいで、知らないうちに寝てしまっていました。

 

そして起きたのは昼前。寝すぎ。

 

今日の予定は、

日本からバンコクへきている友達と

晩ごはんを一緒に食べるだけ。

 

今日は日中何もしなくて良い!自由だー!

 

そう思って近くのスーパーで買ってきたものは、

 

ビールです。チャンビールの大瓶。1本たしか57バーツ。

 

日本で会社員をやっていた頃の週末は、

よく明るい時間からお酒を飲んでました。

私は料理が好きなので、ちょっと凝ったものを作ったり。

あれはあれでとても幸せな日々だったなって思います。

 

そんなことを思い出しながら昼からビール。

あの頃と違うのは働いているかそうでないか。

 

働かずに毎日遊んで暮らしている私ですが、

ビールは変わらず美味しいです。何かすみません。

 

大瓶2本を飲みつつ、

溜まっていたブログを消化したり、調べものをして、

そのあとは夕方の約束の時間まで昼寝をしました。

旅行者の過ごし方じゃないですね。贅沢です。

 

約束の時間になったので、BTSでNana駅へ向かいます。

 

友人と合流してやってきたのはこのお店。

スクンビットタラート・ソイ1っていう名前らしいです。

 

場所はここ。Asok駅からでも歩いて15分くらいです。

 

空心菜の炒め物。60バーツくらい。

 

ソムタム。60バーツくらい。

 

プーパッポンカリー。200バーツ。

 

物価が高いスクンビットで

比較的リーズナブルに食事が楽しめるお店です。味も良し。

一皿の量が多いので3~4人で行くのがオススメかと。

今回は2人だったので食べるのが大変でした。

 

久々に会った友人とシンハービールを飲みながら

旅の話や今後の話、

パタヤに沸いているロクでもないオヤジの話で盛り上がりました。

マーケットで買い物をして夜景を見ながら洗濯した日曜日

翌朝もゆっくり起床。

前日は1日宿にこもっていたので、今日は出かけます。

 

宿の近くのバス停からローカルバスに乗り込み、

向かう先はチャトチャックウィークエンドマーケットです。

BTSモーチット駅の近くで週末だけ開催されている最大のマーケットで、

8カ月前にタイを訪れた際にも行って楽しかったので。

 

GoogleMapによるとチャトチャックまで行けるバスのはずなのに、

なぜかVictory Monument駅の近くで下ろされました。なんでだよー。

 

面倒ですが、BTSに乗り換えてチャトチャックまで行くことに。

結局バス代とBTS代で39バーツもかかりました。

ちなみにBTSだけで来たら44バーツなので、バス使った意味無し。

っていうかBTSは短距離で乗ると本当に高いです。価格設定おかしい。

 

せめてもの抵抗として、1駅手前で下りて歩いてみましたが、

余計に汗をかいただけで更に虚しくなったのでやめた方が良いです。

 

到着しました。

8カ月振りに同じ場所に帰ってこれたことを嬉しく思います。

 

まずは朝食。

チャトチャックマーケットでは奥の方に食堂が集まっているエリアがあります。

 

ひき肉炒めご飯的な?60バーツ。

この店は正直ハズレでした。

値段の割に量が少ないし、水は20バーツっていう微妙なぼったくり価格だし。

 

食事のあとはお買い物。

私はあまり買い物をするタイプではないので、

マーケットに来てもすぐに飽きて疲れて帰ってしまうのですが、

今回は欲しいものがいくつかありました。

 

Tシャツと短パン、それに下着(ボクサーパンツ)です。

荷物に余裕があるので、洗濯の頻度を減らすために追加購入しようかと。

 

店舗の数が多くて疲れてきたので、

マーケットの中にあった少しおしゃれなカフェで休憩。

 

アイスコーヒー。50バーツ。

タイはとても素敵な国ですが、

コーヒーの味だけは他の東南アジアの国に大きく劣りますね。

 

その後も炎天下の中、

2時間ほどじっくりマーケットを歩き回り、

いくつかものを購入して帰路につきました。

 

帰りは大人しくBTSで。

ちなみにドンムアン空港へ行くバスはこの写真の場所から出発しますよ。

 

買ったのはハーフパンツと小物入れ。

ハーフパンツは120バーツで生地が伸びるラクなやつ。

小物入れは20バーツでアクションカメラのアクセサリを入れようかと。

 

宿に戻ったのは昼過ぎ。

相変わらず外は炎天下なので夕方までは宿でゆっくり。

 

外が薄暗くなったころに再度外出。

バスに乗ってやってきたのは

 

シーコンスクエアです。

目的地はこの裏にあるナイトマーケットなのですが、

以前訪れた際に気になっていた店があったので行ってみることに。

 

ここ!丸亀製麺です。

以前は短期旅行だったのでもちろん行かなかったのですが、

今回は日本食に飢えているので迷わず入店です。

(バンコクを離れたらしばらくは日本食が食べられないだろうし。)

 

温玉ぶっかけうどん。98バーツ。

 

美味すぎる。

 

日本と同じ味です。

ちなみに店員はタイ語オンリーです。

Cold/Hotすら通じなかったので注文が大変でした。

 

うどんで心が満たされた後は、目的地であるマーケットへ。

 

狭い通路をしばらく歩いて、

 

マーケットに突入します。

 

タラートロットファイ・シーナカリン(鉄道市場)です。

前回来たときにとても雰囲気が良くて好きだったのでまた来てしまいました。

 

他のマーケットに比べて空間がゆったりしてるし、

周囲にある飲食店の雰囲気も良いです。

 

奥の方のエリアには

ビンテージ品を扱うちょっと怪しい店が並んでいて、

このあたりの雰囲気も好きです。

 

クラシックカー。

 

屋台エリアです。タイローカルでごった返しています。

 

ちょっと高めだけど、

市場を見渡せる2階席のあるレストランもあります。

 

ソーセージ。15バーツ。

香辛料ががっつり効いていてめっちゃ美味しかったです。

 

このマーケットでも

チャトチャックで見つからなかったTシャツや下着を探しましたが、

気に入ったものは見当たりませんでした。

 

ここで気づいたんですけど、

タイ人はボクサーパンツを履かない

みたいです。

扱ってる下着はどれもトランクスばかりで、

どこに出しても恥ずかしくないボクサー派の私が

履ける下着は1つも見当たりませんでした。

あのホールド感が大事なんです。トランクスなんか履けるかい。

 

2時間ほどぶらぶらして、またバスで帰ります。

私が宿泊しているプラカノンまでは133番のバスで1本です。

オンヌットやその他のBTSの駅まではソンテウで行けるみたいですよ。

 

宿に戻ったあとは、

翌日の移動に備えて洗濯を行います。

 

洗濯が終わるのを待つ間、

宿の屋上からバンコクの夜景を眺めつつ、

ビールを飲んで時間をつぶしました。

 

バンコクに住んでいるかのような

何でもないのんびりした週末を振り返って、

こういうのも悪くないな

っと思ったのでした。

 

 

本日はここまで。それでは。