2018
09
Mar

【タイ/Thailand】観光より三度の飯だよ飯!飯持ってこーい!チェンマイでひたすらモグモグ。

こんにちは。タナカです。

リアルタイムはミャンマーヤンゴンです。

本日夜のバスでミャンマー中部のマンダレーへ移動し、

インドビザの発給を待ちながら、

周辺のバガン等の観光地を訪れる予定です。

ミャンマーという国は人も食べ物も文化も

今まで訪れた東南アジアの国とは大きくかけ離れていて、

久々に強烈な“異国感”を感じております。

本日のブログは、

珍しく食べ物の写真が多めです。

出国を目前にしてタイバーツ不足問題が露見した私は、

観光と食事を天秤にかけた結果、

一瞬たりとも迷うことなく、3食しっかり食べることを選択しました。

凡庸な男がチェンマイで飯を食うだけの日記です。

日本ではカーリング女子日本代表のモグモグが流行っているようですが、

チェンマイでは私がモグモグしていますよ。

よろしければお付き合いください!

2018.3.4 タイ/Thailand 1タイバーツ(THB)≒3.4~3.5円

観光よりお腹いっぱい食べることが大事

朝起きて、財布の中身を確認すると、

そこには1400バーツ(≒4700円)が入っていました。

ミャンマー入りは明後日の朝の予定。

それまでこの残金で乗り切れるのか、

ここにきてやっとこさ真面目に考えはじめます。

まず明日受ける予定の狂犬病の3回目の予防接種ですが、

国立病院で受ける予定なので恐らく500バーツくらい。

チェンマイでの宿代は支払い済みですが、

メーソートで1泊する費用がおよそ250バーツ前後と予想。

更に、チェンマイバスターミナルまでの移動と、

メーソートから国境までの移動費が合計で150バーツくらい。

ってことで、

500+250+150=900バーツ

これが国境を越えるまでに最低限かかる費用。

ということはですよ、

手持ちの1400バーツから900バーツを引いて、

残りの500バーツから

飲食費、観光費、雑費を捻出しないといけません。

朝昼晩の3食として、残りの食事の回数は7回。

実はこの日、

チェンマイの街から少し離れた場所にある

ドイステープ寺院に行ってみようかと思っていたのですが、

往復のソンテウと入場料が合わせて150バーツほどかかるとのこと。

それに行っちゃうと、

残金が350バーツになっちゃうってことで、

350バーツで残り7食って、

“え、水も買えないし、トイレも行けないよ?”ってな感じで、

ドイステープ行くのやーめた。

です。迷いなく。

そら、観光より三度の飯が大事ですよ。

ついでに補足しておくと、

  • 現時点でミャンマーのeビザがまだ承認されておらず、
    メーソートでもう1泊しなければならない可能性が残っていること。
  • ミャンマーに入ってからすぐに現金が手に入るとは限らず、
    少しだけでもタイバーツを手元に残しておきたいこと。

というもっともらしい理由もありますが、

なんだかんだでやっぱり飯が大事です。腹減った。

まあドイステープ自体は

どうしても行きたい場所っていうわけでもなく、

“チェンマイに来たから何となく行っておこう”

くらいの感じだったので、後悔は無いです。

そんな訳で、本日のプランは、

“チェンマイで3食しっかり食べる!”

たったのそれだけに決まったのでした。

朝食:カオマンガイ

そうと決めたら早速朝食です。

私、普段はあまり食事を重視していなくて、

適当に目に入った、美味いか不味いか、

ついでにいうと安全かどうかもよくわからない、

そんな食堂で食べることが多いのですが、

この日に限ってはせっかくなので美味しいものを食べようと、

宿の周りを歩き回ってみることにしました。

宿前の通り。今日も快晴です。そろそろ雨降って欲しいです。

寺院です。旧市街の中に寺院多すぎです。

私、寺院にはあまり心を揺さぶられないみたいで、

やっぱりドイステープに行かなくて良かったなって思いました。

旧市街の外に出てきてしまいました。

ケンタッキーとピザハット。

チェンマイはタイで第2の都市ということで、

高い建物はありませんが、チェーン店はたくさんあります。

セブンイレブンなんか、

旧市街の中だけでも10店舗くらいあるんじゃないでしょうか。

ここにも寺院が。

立派な建物ですが外から写真だけ。入場料払えないし。

木を保護するように道路の車線を減らしています。

こうやって景観を大事にする姿勢はとても素敵ですね。

お堀の周囲にはあまり食堂が見当たらなかったので、

旧市街の中心の方向へ戻ることにします。

これは旧市街の北門です。

名前は、えーっと、チャーン・プワック門ですね。もちろん今調べました。

大量のバナナを売る商店。

どんだけバナナ好きなんですか。

下の方のバナナとか腐りかけてますからね。

そんな感じでぶらぶら歩いていると、

複数の食堂が固まっているエリアに遭遇しました。

その中でも賑わっている食堂に突入します。

カオマンガイ。大盛り、スープ付で50バーツ。

鶏ダシの効いたご飯と、しっとり柔らかい鶏肉、

そして臭みゼロのレバーが何とも美味でした。

一緒についてくるソースも抜群に美味しい。

ジャスミンティー的なよくわからんお茶が

無料で飲み放題なのもポイント高いです。

店内はこんな感じ。

カオマンガイの他にも麺類も扱っているようでした。

あと写真をよく見たら、

美味しい店だけにある緑のお椀マークがついてました。

場所はここです。店名はよくわからん。

昼食:カオソーイ

タイでいちばん美味しいかもしれないカオマンガイを食べて

大満足で宿に戻った私は、

エアコンの効いたドミトリーでひたすらダラダラします。

いま泊まっている宿、

Hostelitoというゲストハウスなのですが、

有難いことにエアコンが24時間自由に使えまして、

そりゃもう、出不精系バックパッカーの私は、

もう何時間でもベッドの上でゴロゴロできちゃうんです。

ちなみにこの宿、

1泊150バーツで、館内は清潔、

ベッドにカーテン付き、Wi-Fi爆速ってことで、

かなりオススメできる宿です。場所も良いし。

さて、ダラダラとかゴロゴロとかしながら、

ミャンマーへの移動方法とかを調べているうちに

お昼を過ぎていたので、今度は昼食を取りに出かけます。

朝歩いた方向とは別の方向に歩いて、

今度はいつも通り、

美味いか不味いか安全かもよくわからん食堂に入ってみます。

カオソーイです。50バーツ。

入っているチキンは柔らかくて美味しかったのですが、

肝心のスープの味がかなり薄めでした。

こっちの料理は日本に比べて基本的にダシの風味が弱いので、

味は濃い目の方が好きです。物足りないんですよね。

店内から外を眺める。

地元の若い人でそれなりに賑わってました。

帰り道で購入。抹茶ラテみたいなやつ。20バーツ。

タイの抹茶ラテってことで全然期待してなくて、

ただ安かったから買ってみただけなんですが、

甘ったるい中にも抹茶の風味がしっかりしてて予想外に美味しかったです。

日本にnana’s green teaってあるじゃないですか。

あんな感じです。行ったことないけど。

間食:屋台でバーベキュー

昼食の後は、また宿に戻ってゆっくりします。

“タイにまで来て何をやってるんだろう”

という気持ちにならなくもないですが、まあ仕方ないです。

疲れてないから昼寝もできないし、映画見てました。

今日の映画はワイルドスピードX2です。

1作目をパーイで見たので引き続き2作目を視聴。

1作目同様にロクでもないヤンキー映画です。割と好き。

映画を観て、ブログを書いて、

気が向いたのでTwitterのアカウントを作ったり、

久々にサイトの表示を調整したりしているうちに夕方。

チェンマイでは3つの有名なナイトマーケットがあって、

日曜日の夜に開催されるサンデーナイトマーケットは特に賑やからしく、

せっかくの日曜日なので冷やかしに行くことに。

宿前の通りを真っ直ぐ南下します。

それにしてももう夕方なのにかなり暑いです。どうにかしてくれ。

ここがナイトマーケット。

まだ準備中の店が多いですが、私にはこれくらいがちょうど良いです。

置いてあるものは他のナイトマーケットと同じです。

地元民も良く訪れるナイトマーケットらしく、

価格は安めに設定されているらしいのですが、

雑貨に興味がなくて普段マジメに価格調査をしていない私には、

安いのか高いのかお買い得なのかさっぱりわかりませんでした。

人混みの中をかき分けてターペー門まで歩いてきました。

チェンマイ観光の拠点になる門で、

こっちが正面入り口って感じでしょうか。

とりあえず一通り歩ききったので、

戻りがてらバーベキューを購入。1本10バーツ。

先っぽにパイナップルが付いてて、

味付けも酢豚みたいな感じで、タイでは初めて食べる味。

夕日に照らされるマーケット。

ここはメインの通りから1本裏に入ったところです。

屋台は割と広い範囲に展開されてました。

と、それまでザワザワしていたタイ人が、

一斉に立ち止まって、同じ方向を向き始めました。

私も慌てて立ち止まります。

粗相をしていないか気になって変な汗が流れます。

タイでは朝8時と夕方6時に必ず国歌が流れて、

皆さん立ち止まってそれを聞くことになってるみたいです。

それが終わると、何事もなかったかのように元に戻ります。

タイにはすでに2週間近く滞在していますが、

意外とこの場面に遭遇することが無くて、ドキッとしました。

食べ歩き再開。今度はソーセージを購入。

屋台で食べられるものの中でソーセージがいちばん好きです。

香辛料がたっぷり入ったものもあれば、

逆に日本の味に近いシンプルなものもありますが、

どれを食べてもハズレが無いです。ビールがあれば最高なんですけど!

夕食:カオソーイとソムタム

人が増えてきて

いよいよ歩くことが困難になってきたナイトマーケットを後にし、

ちゃんとした夕食を取るべく

レストランを探しつつ宿の方向へ歩いていきます。

なかなか入りたい食堂が見つからず、

ついに宿の前まで戻ってきてしまったところ、

向かいのベッドの日本人の青年がタバコを吸っているのが見えました。

私より長く滞在しているようですし、

ここはおすすめのレストランを聞いてみることに。

すると、宿のすぐ前にあるレストランをよく利用しているとのこと。

オススメされたそのレストランに行ってみると、

何やら店内に川が流れてるし、全体的にちょっとお洒落な雰囲気。

カウンターの前には滝なんてあるじゃないですか。

恐る恐るメニューを開いてみると、

その辺の食堂よりちょっと安い価格設定で逆にびっくり。

昼食べたのに夜もカオソーイ。45バーツ。

ここのカオソーイが今まで食べた中でナンバーワンです。

スープは濃厚で旨味が感じられるし、

チキンは柔らかくしっとりしていて、本当に美味しかったです。

ソムタムも40バーツです。安いです。

多分、外国人向けに辛さを控えめにしてくれたんだと思いますが、

ちょうど良い辛さでとても美味しかったです。

安くて美味しいレストランなのでぜひおすすめしたいのですが、

GoogleMapに登録されてないみたいなので、場所は貼れません。

HostelItoを出て右斜め前にある、ちょっとお洒落なレストランです。

無事に今朝決めた

しっかり3食食べるという目標を達成した私は、

宿に戻って大満足で眠りについたのでした。

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしていただけるとタナカが喜びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

Twitterやってます。

Facebookページはこちらから。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)