【タイ/Thailand】2日目 昼夜マーケット巡りでタイ料理に舌鼓

【タイ/Thailand】2日目 昼夜マーケット巡りでタイ料理に舌鼓

こんにちは。タナカです。

 

本日は先日のタイ旅行2日目のお話です。

 

タイ旅行の2日目は、

昼と夜、それぞれ違うマーケットに行ってきました。

屋台で食べるタイ料理のお味は!?

 

2017.7.1 タイ/Thailand 1バーツ ≒ 3.30円

チャトチャック・ウィークエンドマーケット

2日目の朝は7時頃に起床。

シーロムのホステルを出発して向かった先はここ。

チャトチャック・ウィークエンドマーケットです。

BTSモーチット駅のすぐ近くで開催されているマーケット。

その名の通り週末だけ開催されるようです。

 

こんな感じ。

写真だと、「人少ない?」と思われるかもしれませんが、

撮った場所が悪かっただけで、人でごった返してました

 

置いてあるものは、

衣料品から薬、雑貨、食品などなどとにかく多種多様。

 

ジャンルによってある程度区画が分けられているみたいで、

もちろん屋台があるエリアもありました。

 

っていうことで朝ごはん。

ソムタム(パパイヤサラダ)エビチャーハン。合計100バーツ。

 

ソムタムを頼んだとき、

“辛い?辛くない?”的なことを聞いてくれたので、辛くないものをオーダー。

 

2つとも変なクセも無く、美味しかったです。

 

食後のデザートにこちら。

コーヒーにコーヒーゼリーと黒糖がはいったやつ。25バーツ。

 

甘いの苦手だから、基本デザートって食べないんですけど、

コーヒーゼリーは甘くないから好きなんですよね。

 

見ての通りけっこう量があるんですけど、これで80円くらい。

まだまだタイは物価が安いです。

 

デザートの後はマーケット内をぶらぶら。

帰りもLCCなので買い物はほとんどせず、Tシャツを1枚買って退散しました。

 

っていうかタイ暑い!

この時点で全身汗だく。Tシャツは透け透け・・・ごめんなさい。

 

涼みがてらBTSに乗って、

予約している宿があるオンヌット駅へ向かいました。

ローカルスーパーのフードコートに挑戦

BTSに乗ってオンヌット駅へやってきました。

 

外があまりに暑いので、

もう少しゆっくり進んでくれ!って思ったのは内緒。

 

宿のチェックイン時間まで少し時間があったので、

駅前にあったローカルスーパーへ入ってみました。

 

入っていきなり目の前にはフードコートが。

値段も安いし、地元民がたくさんいて美味しそうなので、

ここで昼食を取ることに。

 

タイのフードコートでの食事方法は、

  1. 集合レジ(CASHER)でクーポンにチャージする(おそらく100バーツ単位)
  2. 各店舗で注文し、代金をクーポンで支払う
  3. クーポンに余ったお金は集合レジで払い戻してもらう

といった感じ。

くれぐれもクーポンにチャージする前に注文しないようにご注意を。

 

余ったお金は払い戻してもらえるので、

100バーツでも200バーツでも気にせずチャージしてしまってOKです。

とはいっても値段は安いので、1人なら100バーツチャージすれば十分かと。

 

チャージするときはお金を渡し、

払い戻しするときはクーポンを渡せば、

特に言葉を交わすことなく対応してくれるので楽チンです。

 

ここで食べたのがこちら。

トムヤムクンスープヌードル。55バーツ。安い!

 

辛すぎなくて美味しかったー!

麺は米かな?ちょくちょく入っている魚のすり身っぽいものも美味。

 

ここまできて確信しました。

 

タイの料理は合う!(食べれるってこと)

 

正直なところ

クセのある食べ物ってあんまり得意じゃなくて、

“タイに俺の食べれるものなんてないんだろうなあ”

と思いながらやってきたので、これは嬉しい誤算でした。

 

結局このあとタイ旅行を終えるまで、

不味くて(合わなくて)食べられないものには1つも出会いませんでした。

 

タイ料理美味しいよー!

 

食事のあとは、予約していた宿へチェックイン。

汗だくで気持ち悪かったので、シャワーを浴びて夕方まで少しお昼寝。

 

夕方に起床して、本日2つ目のマーケットへ向かいます。

 タラートロットファイ・シーナカリン

オンヌット駅の近くから

ソンテウ(乗り合いバスみたいなもの)に乗ってやってきたのがこちら。

タラートロットファイ・シーナカリンです。

別名、鉄道市場(Google Mapの表示はこちら)です。

 

なんでも、いまの場所に移転する前は、

鉄道の車庫で開催されていたからこういう名前なんだそう。

 

レストランの立ち並ぶエリアがあったり、

 

雑貨屋さんが並ぶエリアがあったり、

もちろん屋台が立ち並ぶエリアもあったりします。

 

タイに来てから屋台続きだったので、

ここではお店に入ってビールを飲むことに。

 

チキンウィング。100バーツ。

ビールのアテに、って思ったけどスカスカで余り美味しくなかった・・・。

 

またまたソムタム。100バーツ。

朝食べて美味しかったからもう1回オーダー。

 

これがとにかく辛かった・・・

辛いのが苦手ってわけじゃなくて、むしろ好きな方だと思うけど、

それでも辛くて最後まで食べきることができませんでした。

 

辛さに自信がない人は唐辛子を抜いてもらうことをオススメします。

 

ちなみにここで飲んだビールはCHANG。瓶1本100バーツ。

 

氷の入ったグラスと一緒にサーブされました。

後で調べてみたところ、タイでは氷を入れて飲むのがポピュラーだそう。

カオサンで頼んだときに氷が出てこなかったのは外国人だから?

 

さて突然ですが、

ここでタイで飲んだビールランキングを発表します。

 

  1. LEO
  2. SINGHA
  3. CHANG

 

1位はLEO

理由は日本のビールにいちばん近い(と感じた)から。

 

2位はSINGHA

日本で飲むタイビールの定番ですね。

 

3位はCHANG

独特の風味があってちょっと苦手でした。

 

ま、ランキングと言いつつ全部うまいんですけどね。

タイはその気候と相まってビールがとっても美味しく飲めます。

汗をかいた体で夜風を受けながら飲むビールは格別。

 

タイのナイトマーケットで

1人ビールを飲みつつ、夜は更けていきました・・・。

タイの料理は美味しい

タイ旅行の2日目は

朝と夜、2つのマーケット(+フードコート)でタイ料理を満喫してきました。

 

タナカが至った結論は、

 

タイ料理は美味しい

 

です。

 

“明日からお前タイ勤務な”

って言われても全然OKなくらい。

 

物価も安いし、

タイの人たちは基本的にみんな人懐っこくてかわいいし、

この時点でタイのことが大好きになっていました。

 

最終日の3日目は、

アジア最大とも言われるチャイナタウン、

そしてバックパッカーの聖地、カオサン通りへ行きます。

 

本日はここまで。それでは。