【トルコ/Turkey】雨のイスタンブールとトルコ食堂ロカンタと鯖サンド

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムは移動中。

5日間滞在したイスタンブールを離れて、

有名な世界遺産のあるデニズリへ向かっています。

 

本日のブログはイスタンブール観光。

天気が優れなかったこともあり、

有名観光地を訪れるのは別日にまわして、

トルコの魅力である料理を中心に楽しみました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.7.23 トルコ/Turkey 1トルコリラ(TRY)≒22.8~26.9円

トルコの食堂ロカンタと雨

早朝からジョボジョボという音で目が覚めまして、

 

また誰かトイレのドアを開けたまま小便してるのか・・・

 

なーんて思っていましたが、

どうも雨降ってるみたいです。しかも中々の勢いで。

あ、ちなみにこれくらいの非常識は海外の安宿では日常茶飯事です。

外国人のマナーの悪さってマジ半端ないですからね。

おかげさまで私は日々ヨーロピアンを嫌いになっていますから。

 

本日は宿を移動しなければならないので、

雨が止んだタイミングを見計らって宿の周囲を歩いてみることに。

 

雨のタクシム広場です。

宿を出てすぐに雨が降り始めました。傘が無いので辛い。

 

なんかお祭り?イベント?みたいなのをやっていました。

 

ハンドメイドの雑貨みたいなのがたくさん置いてありました。

バッグが可愛かったです。ま、買わないんですけど。

 

お昼ご飯を食べにやってきました。

これは大通り沿いで見つけたロカンタです。

 

ロカンタはトルコの食堂のことで、

調理済みの料理を指さして注文する旅行者には有難いやつです。

値段も一般的なレストランに比べるとかなりお安め。

とはいってもここは大通り沿いなので少しお高かったですが。

 

魚のなんかとディル入りヨーグルトとパン。22リラ。

ロカンタの特徴としてパンは基本的に無料で食べ放題みたいです。

 

初めてのトルコ料理は大変美味しゅうございました。左のお皿です。

ディル入りヨーグルトは、

なんかディルの入ったヨーグルトみたいなやつがあるなー

と思って試しに取ったら、

本当にただのディル入りヨーグルトでした。失敗。

 

そして猛烈に降り始める雨。

 

たまらず雨宿りに入りましたが、

ちょっと軒先に入るくらいでは防げないくらいの大雨。

道路も一気に冠水してしまい、命からがら宿まで戻りました。

旧市街街歩きと鯖サンド

宿に戻って雨が止むのを待ち、

タイミングを見計らって宿移動。

 

昨日新市街で泊まった宿は、

共有スペースがほとんどない上に

柄の悪いチンピラみたいなヨーロピアンが

酒を飲みタバコを吸いながら出入口をふさいでいたもので。

 

本日の宿は旧市街です。

特におすすめしたい宿ではないので写真はありません。

 

宿を移動したあとは再び街歩き。今度は旧市街側です。

雨は夕方には完全に上がり、青空も見えるような状態。

 

とりあえず観光の中心となるエリアへ。

 

アヤソフィアです。

もう夕方なので内部の見学はまた後日。

 

ブルーモスク。こちらも内部はまた後日。

それにしてもアヤソフィアもブルーモスクも大きいです。

そして溢れ出る重厚感。中を見るのがとっても楽しみ。

 

イスタンブールの移動はトラムが便利。

ちょっと人が乗り過ぎている感はありましたけど。

 

イスタンブールは坂がめちゃくちゃ多いです。

基本的に内陸にいけばいくほど標高が高くなり、

海に近い方が標高が低くなっているので、

反対側の海に行くためには丘を越える感じになります。

 

というわけで頑張って歩いて海へやってきました。

金角湾です。イスタンブールの旧市街と新市街の間にある海。

アジアとヨーロッパを隔てるボスポラス海峡は

写真でいうともっと右の方向です。まあぶっちゃけ同じです。

 

向こうに見えるのが新市街。

ランドマークであるガラタ塔が目立ってますね。

 

茹でコーン。3リラ。

海沿いには屋台がたくさん並んでまして、

特にとうもろこし屋台は30mに1つくらいありました。

コーンは甘くて、たっぷりかけられる塩はしょっぱい。

そのコントラストが甘じょっぱくて大変美味しく、

結局イスタンブール滞在中は毎日食べてしまいました。

 

まるでRPGの世界に出てくる街のようなシルエットです。

低地にいるのに遠くの建物まで見えるのは、

先ほど申し上げた通り、街に傾斜があるからですね。

傾斜は美しい街並みを作り出すんですよ。坂最高!

 

ガラタ橋です。

上は歩道と車道とトラムが走り、

下にはレストランが並んでいます。値段見たけど高かったです。

 

ひっきり無しに発着するフェリー。

観光用から近場を結ぶ定期船まで、すごい数です。

 

適当に写真を撮っただけでコレですよ。

ぶつからないんですかね。トルコ人適当そうですし。

 

橋の上で釣りをするおじさんたち。なんだか日本みたい。

釣れていたのは小さなイワシみたいな魚ばかりでした。

 

橋を渡って新市街。

 

旧市街より洗練されているような気もしますが、

入口付近しか見ていないので何とも言えませんね。

 

そしてやってきたのがここ。

ガラタ橋を南から北に渡ってすぐ左にある魚市場です。

フェリー乗り場のすぐ横なのでわかりやすいです。

 

どうしてここに来たのかというと、

 

SABA!鯖!サバ!

 

イスタンブール名物の鯖サンドです。1つ10リラ。

Twitterでこのお店をおすすめしていただいたもので。

パンに野菜各種と炭火で焼いた鯖を挟み、

少し酸味のあるソースをたっぷりかけたサンドイッチです。

 

味の感想を一言で表現するなら、

 

鯖うめえ

 

です。

鯖サンドももちろん美味しいのですが、

それ以上に炭火で焼いた鯖が激烈に美味しいです。

そして悲しい日本人の性なのか、

お米と合わせたときのことを考えてしまいましたね。

 

お店?はこんな感じ。おじさん1人でやってます。

鯖サンドを売っている店はガラタ橋周辺にたくさんありましたが、

こんな形態で売っているお店はここだけでした。

 

疲れてきたので橋を渡って旧市街側へ。

 

エジプシャンバザールの横の市場。人多すぎ。

 

エジプシャンバザール。

人が多すぎてゲロを吐くかと思いました。

もう19時半くらいなんですけどね。

 

坂を上って宿へ戻ります。

イスタンブールの街はどこを歩いても活気があって楽しいです。

東欧は少し寂しい雰囲気の町が多かったので、新鮮です。

 

夕日に照らされるモスク。

 

本日の観光はこれにて終了。

明日は朝から晴れますように。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント