【トルコ/Turkey】メトロ感覚で乗れるフェリーでイスタンブールのアジア側へ

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムは移動中。

2日連続の夜行バスです。疲れてます。

行き先は首都のアンカラ。

アンカラは目的地ではなく経由地で、

乗り換えて次の目的地へ向かいます。

無事に着きますように。

 

本日のブログはイスタンブール観光。

イスタンブールはいわずもがなボスポラス海峡を挟んで

ヨーロッパ側とアジア側に分かれているわけですが、

この日はフェリーに乗ってアジア側へ行ってきました。

市民の生活に密着しているフェリーは

メトロ感覚で乗れるとっても便利な乗り物でしたよ。

よろしければお付き合いください!

 

2018.7.25 トルコ/Turkey 1トルコリラ(TRY)≒22.8~26.9円

007の聖地?

本日も引き続きお天気が優れませんが、

あまり宿でじっとしていても仕方ありませんので、

覚悟を決めて観光に出かけようと思います。

 

イスタンブールという都市はご存知の通り、

ボスポラス海峡を隔ててヨーロッパ側とアジア側に分かれており

私が宿泊しているのはヨーロッパ側の旧市街エリア。

 

というわけで本日は、

フェリーに乗ってアジア側に行ってみたいと思います。

メトロでも行くことができますが、そこは旅情重視で。

 

空が明るくなってきたので出かけます。

イスタンブールは本日も賑やかです。

 

途中のレストランでケバブをテイクアウト。

店員の絡みがちょいウザでした。

 

注文してから肉を削ぎ落として作ってくれました。

目の前で調理してくれるのは安心感があって良いですよね。

とはいっても海外の場合、

こっちの目なんかまったく気にせずに落ちたやつとか入れるし、

こっちはこっちで何も言えないんであんまり意味ないんですけど。

 

ケバブサンド。8リラ。

トルコのケバブは安くて美味しいです。

ヨーロッパでも数え切れないほど食べましたが、

やっぱりトルコがいちばん美味しいなって思います。

 

モスクを見ながら食べました。

イスタンブールモスクを見ながらケバブを食べる。

お手本のようなトルコの過ごし方ですね。

 

狭い路地にはお店がたくさん並びます。

イスタンブールの旧市街は基本こんな感じです。

 

グランドバザールへやってきました。

観光客向けの大きなバザールです。

値段は基本ぼったくりで値引き必須らしいです。

まあ最初から何も買う気がない私の敵ではありませんね。

 

建物自体が相当歴史のあるもののようで、

天井や柱などは見てて楽しかったです。

 

あとここ。

とある映画ブログで書いてあった場所なんですけど、

「007 スカイフォール」の撮影で使われた場所らしいです。

ほら、冒頭の追いかけっこってイスタンブールが舞台じゃないですか。

んで追い詰められた敵がバイクに乗ったまま

グランドバザールの屋根の上に上がっちゃうシーン。

 

本当にここがその場所であれば

恐らくこの階段がそれだとは思うのですが、

ちょっとイメージと違いますね。合ってんのかな。

まあでもあまりちゃんと見た映画でもないので、

これにて聖地巡礼ってことで良いんじゃないですか。適当か。

 

坂を下って海の方向へ。

 

グーサイントルコ人。陽気ですね。

 

海に近づくにつれて増える人。多すぎ。

 

昨日入ったエジプシャンバザールですが、今日は外から見るだけ。

本日も相変わらずの人だかりでした。皆さん人混みが好きなんですね。

 

そこら中にあるトウモロコシ屋台。

 

茹でトウモロコシ。3リラ。

昨日に引き続き今日も食べてしまいました。そして美味しい。

塩はたっぷりかけてもらった方が、

より甘じょっぱさが感じられて良いと思います。

熱中症対策にもなりますしね。

ピッとするだけで乗れるフェリー

海沿いまで出てきました。

早速船に乗ってアジア側へ行きたいと思います。

 

行き先によって乗り場が分かれてまして、

建物の中にはメトロの改札と同じ機械があり、

イスタンブールカードをピッとするだけで乗船できます。

完璧にメトロ感覚です。市民の足ですね。料金は3リラでした。

ちなみに行き先の地名などは全く調べておらず、

3つくらいあった乗り場から適当な行き先を選んで乗りました。

たまにはいいじゃないですか、こういうのも。

 

船はこんな感じ。2階はオープンデッキでした。

 

ほどなくして出航するフェリー。

多数の船が行き交う金角湾ですが、

皆さん他の船なんてお構い無しに

猛スピードでバックして勝手にターンするので、

乗ってるこちらとしてはぶつからないか冷や冷やもんです。

 

ガラタ橋の下を通って、

 

ボスポラス海峡に出てきました。

写真は新市街側。海沿いは開発ラッシュみたいですね。

十分発展しているように見えるイスタンブールですが、

まだまだこれから発展していくのでしょうか。楽しみです。

 

そして見えてくるアジア側。

ヨーロッパ側とアジア側って所詮は地理の話なんですけど、

それでも何だかロマンがあって素敵ですよね。

 

30分足らずの短い航海を終えてアジア側の港へ。

 

無事にアジア側へやってきました。

イスタンブールのアジア側

アジア側にやってきたのはいいものの、

具体的に行きたい場所があってきたわけではないので

適当に人が多い方向に向けて歩き始めました。

 

旧市街に比べると比較的新しい建物が多い感じがします。

よりアジアっぽいと言われればそんな感じもしますし、

何だかそういう風に思い込もうとしているだけな気もします。

 

あ、あと全体的にカラフルでした。

 

この傘とか。全体的に街の雰囲気が賑やかです。

そして観光客が少ないです。(それでもたくさん見かけるけど)

イスタンブールを訪れる観光客は基本ヨーロッパ側に滞在するので、

アジア側はよりイスタンブール本来の雰囲気を残しているのではないでしょうか。

まあ本来の雰囲気を知らない私には判断できないのですが。

 

スターバックスもありました。

 

途中でまたスコールに降られまして、30分ほど雨宿り。

昨日といい今日といい雨が続くと本当に嫌です。

でも雨が止んだ後の空は澄み渡るので好きです。

 

賑やかな通り。

観光客が少ないという点で、ヨーロッパ側より私は好きです。

 

とまあ適当に小一時間歩き回って疲れたので、

近くにあった大型のモールに入ってみました。

 

大きくて綺麗なモール。

イスタンブールはモールだらけです。

数ではバンコクよりも多いのではないでしょうか。

 

食料品売り場も巨大でした。

ここで買えないものはないんじゃないかというレベル。

 

そして買っちゃいました。キッコーマン。300円くらい。

トルコでは醤油が安く買えると聞いていたのですが、

確かにヨーロッパで買うよりかは安かったです。それでも高いけど。

キルギスで買った中国醤油を使い切ってしばらく経っていたのですが、

これでまたしばらく醤油味には困らなさそうです。

 

帰りはフェリーではなく地下鉄で。

ボスポラス海峡の下をくぐる地下鉄です。

名前は厳密にはメトロじゃないみたいです。

 

そして駅を出ようとしたらこの人だかり。

外はバケツをひっくり返したような雨でした。

そしてこの人だかりがエスカレーターの降り口にまで浸食していたせいで

降りる人が降りるに降りれず、転倒する人も出たりしてあわや大惨事。

私はかろうじて詰まる前に降りれたので良かったのですが、

一歩遅ければ巻き込まれるところでした。怖い怖い。

 

帰りに見かけたミディエドルマス。

 

ムール貝に米と身を詰めて炊き上げる料理。

味は見てまんまで、炊き込みご飯みたいな感じ。

トルコ料理では前菜にあたるらしく冷たいまま食べるものらしいです。

でもご飯はやっぱり温かい方が美味しいなーと思った日本人でした。

 

明日は晴れますように。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント