【トルコ/Turkey】カッパドキアのサンライズとサンセットと久しぶりのタイムラプス

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはエジプトフルガダです。

29カ国目のエジプト、

そして紅海沿いのリゾートへやってきました。

世界一美しいといわれる紅海を満喫し、

徐々に首都のカイロを目指していきます。

 

本日のブログは写真多め。

カッパドキアのサンライズとサンセットの様子をお送りします。

バルーンが飛び交うサンライズは何とも幻想的でした。

久し振りにタイムラプス動画も作成しました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.1 トルコ/Turkey 1トルコリラ(TRY)≒22.8~26.9円

バルーンふわふわサンライズ

朝4時起床。早いですね。眠いです。

 

どうしてこんな時間に起きたかというと、

それは私の体が早寝早起きのおじいちゃん仕様だからというわけではなく、

カッパドキア名物のサンライズを見るためでございます。

 

というわけで同室の皆様を起こさないよう

さっと準備して真っ暗な町へ繰り出しましょう。

 

ギョレメの夜景。

ライトの色味が統一されていて何とも幻想的。

 

暗くてもギョレメだとわかるあたりが良いですよね。

 

そして前日のうちにアタリを付けておいた撮影スポットへ。

周囲はまだまだ真っ暗で、ヘッドライトの明かりを頼りに歩きます。

 

そして撮影準備。

本日は久しぶりにタイムラプス撮影を行います。

非常に長い撮影時間になることが予想されるため、

モバイルバッテリーによる充電切れ対策もばっちり。

作成した動画は後ほど登場するのでお楽しみに。

 

ちなみにこんな真っ暗な状態から待機する人は少なく、

撮影場所は選びたい放題でした。

タイムラプスを撮影する上で、

撮影場所の選定は非常に重要なので

早起きして出てきた甲斐があったってものです。

 

徐々に明るくなっていく大地。

準備を始めるバルーンの姿が薄っすらと見え始めました。

 

この時点では暗闇の向こうに

どれだけの数のバルーンがいるのかはわからず、

そもそもどこから上がってどこに降りるのかもわからない状態。

 

バルーンの打ち上げを待つわんこ。

早朝のギョレメは野犬パラダイスになっていて、

私も吠えられたリもしましたが、

基本は人懐っこい子ばかりで遊んで欲しいだけなので、

怖がる必要はありませんでした。

 

そして時間差で打ち上がり始めるバルーン。

 

その数は徐々に増え続け、

 

あっという間にこんな光景に。

まさかこれだけの数のバルーンがいたなんて驚きです。

 

そしてタイムラプスを撮影しているカメラの向きもばっちり。

これは良い絵が撮れそうということで、私の気持ちも高まります。

 

密集しすぎてぶつかっているバルーン。

あのバルーンにだけは絶対乗りたくありません。

 

中国で撮った写真にしか見えない。

やはり中国人需要が多いのでしょう。

中国語表記の目立つバルーンが相当な数ありました。

 

せっかくバルーンに乗っているのに、

地上からサンライズを楽しむ人より低い位置を飛ぶバルーン。

 

そして岩山の向こうから姿を現す太陽。

 

幻想的な光景が広がります。

 

朝日に照らされたバルーンは

輪郭がはっきりしてより美しく見えます。

 

そして何よりこの数。

冗談抜きで数え切れないほどです。圧巻の光景。

 

しかしそんな夢のような時間は長くはなく、

日が昇ると同時に着陸していくバルーンがちらほら見え始めます。

 

ギョレメの町中の低い位置を飛んでいます。

着陸するのかと思いきやこのあと高度を上げたので、

パイロットによるサービスだったと思われます。楽しそう。

 

やがて完全に日が昇り、

残ったバルーンの数もいよいよ数えられるくらいに。

 

日の出前からタイムラプス撮影をしていた私は、

全てのバルーンが撤収し終わるまで撮影を止めることができず、

やたらと長く飛び続けるバルーンに文句を言い続けていました。

 

そして全てのバルーンが撤収。

夢のようなサンライズの時間は終わりを迎えたのでした。

サンライズのタイムラプス

というわけでお待ちかね、

サンライズの様子を収めたタイムラプス動画をご披露します。

 

 

いかがでしょう?

個人的にはなかなかの出来ではないかと思っています。

 

タイムラプスで時間を圧縮してみると、

肉眼では感知できなかった気球の動きがわかって面白いですね。

高度によって風の吹く方向が逆になっていて、

それを利用して元の場所に戻ってきているんだな、とか。

 

あと気球の動きが想像より間抜けな感じで、

動画全体としてポップで可愛らしい雰囲気になったのも良かったです。

 

ちなみに撮影は5秒間隔で行い、計1200枚の写真を撮影しました。

サンセットと夜景

サンライズを楽しんだあとは、

写真を整理したり、タイムラプス動画を作ったり、

強烈な睡魔に襲われたりしているうちに

いつの間にか夕方になっていました。どないやねん。

 

というわけでサンセットを見に行きます。

本日はちゃんとSDカードの入ったカメラを持ってきました。

 

サンセットポイントです。昨日と同じ場所。

 

本日は少し雲の多い天気です。

 

おかげで写真の方も光が足りない残念な感じ。

 

ただ低い位置には雲がかかっておらず、

日が沈むにつれて太陽が光を増してきました。

 

西日に照らされるカッパドキアの岩山。

 

素晴らしい景色です。

昨日も同じ場所で見ましたが、良い景色は何度見ても良いものですね。

 

そして沈みゆく夕日。

 

日没後の夕焼けもばっちりです。

やっぱり多少雲が多い方が夕焼けは美しく見えますね。

 

この日はそのまま町に明かりが灯るまで待ちました。

暗くなるにつれてポツポツと電灯が点く様子は

何だか可愛らしくて素敵でしたよ。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント