【トルコ/Turkey】ウチヒサル城からの雄大な景色とギョレパノと壺ケバブ

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはエジプトルクソールです。

アフリカ縦断の計画を立て始めたのですが、

ちょっとアフリカ大陸大きすぎませんか?

ヨーロッパに帰ってこれるのはいつになるんでしょう。

 

本日のブログは前回の続きでカッパドキア観光。

ネヴシェヒルをあとにした私が向かったのは

ギョレメの隣にある町・ウチヒサルです。

そこにあるウチヒサル城から望む景色は、

カッパドキアでナンバーワンの美しさでした。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.2 トルコ/Turkey 1トルコリラ(TRY)≒22.8~26.9円

情報コーナー

ネヴシェヒルからウチヒサル

■交通手段

バス(ギョレメ行きに乗って途中下車)

■料金

3リラ

■所要時間

15分

■出発時刻

ギョレメ行きのバスが30分おきに運行。

その他の町へ行くバスもウチヒサルを通る場合があるので本数は多い。

■バス乗り場

ネヴシェヒル中心部のメインストリート沿いであれば

どこからでも乗ることが可能。

私が利用したのは

このガソリンスタンドから道路を渡ったところにあるバス停。

■バス降り場

ウチヒサルの町の近くの適当な路上。

私が降りたのはこのあたり。

ギョレメ行きのバスはウチヒサルの町中には入らないので、

近くを通ったタイミングで途中下車する。

ウチヒサル城

■入場料

8リラ

ウチヒサル城からの雄大な景色

前回の続きです。

ネヴシェヒルでの所用を済ませた私は、

ギョレメ行きのバスに乗ってウチヒサルへ向かいました。

 

ウチヒサルとは

ギョレメの南西5kmほどの場所にある小さな町でして、

最近のブログでちょいちょい写真に写り込んでいる

ウチヒサル城がある場所なんです。それを見に行こうかと。

 

ギョレメ行きのバスは

ウチヒサルの中心部には入っていかないので、

近くの幹線道路沿いで降車したのですが、

それにしても随分遠いですね。遠くに小さくお城が見えます。

目測で1km弱、800mくらいでしょうか。楽勝ですね。

 

着きました。歩く過程は省略です。特に何も無かったです。

こちらがウチヒサル城です。大きな岩山にこれでもかと穴が開いてます。

いやー美しいですね。カッパドキアのお城って感じがします。

 

よくもまあこんなに掘ったものです。

元の岩山の形がわからないじゃないですか。

ちなみに現在は大量のハトの巣穴になっているみたいです。

 

そして城の横から眺める景色がまた素晴らしく、

この日は雲が多くて暑さが控えめだったこともあり、

大変心地よい風が吹いておりました。

 

で、今日は地下都市に行ったばかりですし、

トルコの滞在日数も残り少なくて現金が少なかったので、

内部には入らない予定だったのですが

入場料が8リラと想像よりずっと安かったので上ってみることに。

 

これが結果的に大正解でした。

 

お城の内部。

地下都市を見た後だとあんまりグッとはこないですね。

 

やっぱりメインは頂上からの眺めでしょう、

ということで他の皆さんについて天辺を目指します。

 

ものの5分ほどで登頂完了。頂上にはトルコの国旗。

 

ここからの景色は・・・

 

絶景。

 

こういう高いところからの風景写真って

どの写真も同じように見えてしまって大変申し訳ないのですが、

肉眼で見る限りそれはもう大変素晴らしい景色でした。

ちなみにこっちはネヴシェヒル方面。

 

ギョレメ方面。

ギョレメの町があんなに小さく見えます。

今から歩いて帰るんですけどね。

 

お気に入りの写真。ウチヒサル城の北西方面。

巨大な雲の影が大地に落ちる様子がはっきりと見てとれます。

私のつくる影なんて比較にならない大きさに

とてつもない雄大さを感じてグッときました。

 

遠くだけではなく近くを見下ろすのも楽しいです。

 

(恐らく)ワインの貯蔵庫。

ジョージアあたりで見たのと似ています。

 

当初は下から見るだけのつもりでしたが、

結果的にお金を払って上って本当に良かったと思いました。

ここは本当にオススメです。珍しくオススメしときます。

 

というわけでギョレメまで歩いて帰りたいと思います。

ギョレメパノラマ略してギョレパノ

ウチヒサル城から坂を下って幹線道路沿いに出てきました。

ここからギョレメまでは約4kmほど。

途中でギョレメパノラマという展望ポイントがあるそうなので

そこを経由しつつのんびり帰りたいと思います。

 

早速景色の良さそうな場所が見えてきたので寄り道。

 

うーん、いいですね。

ただギョレメパノラマというには

ギョレメの両端が切れてしまっているので

ここは多分ギョレメパノラマではないのでしょう。

 

更に歩いてそれっぽい場所を見つけました。

 

ここからならギョレメの町を端から端まで見渡すことができ、

恐らくここがギョレメパノラマだと思うことにしました。

 

そんなこんなで無事にギョレメまで帰ってきました。

ウチヒサルからの道は景色もそこそこ良くて、

歩いても全く苦にはなりませんでした。

カッパドキア名物の壺ケバブ

本日はギョレメ最後の夜なので、

まずは最後のサンセットを見に行きたいと思います。

 

はい、やめました。めっちゃ曇ってますね。びっくり。

 

レストランにやってきました。

ギョレメにやってきて以来、その食事のお高さにビビり倒し、

安いパンやらスナックで凌いできた私ですが、

最終日くらいはちゃんとレストランで食事を取ろうかと。

 

ちなみにTwitterでおすすめしていただいたお店は

予約でいっぱいで入れず、近くにある別のレストランに入りました。

 

まずはビールで乾杯。1週間振りくらいでしょうか。

やっぱりビールは美味しいです。高いけど。これで16リラですから。

 

そしてやってきました。壺ケバブです。

カッパドキアといえばコレっていうくらいの名物料理。

壺の中にお肉やら野菜やら入れて壺ごと加熱した料理で、

 

最後は大きなナイフで叩いてパッカーンです。

もちろん壺は使い捨て。豪快な料理ですね。

 

お味の方はお肉と野菜のトマト煮込みといった感じで、

大変美味しかったです。ビールにも良く合いました。

 

久しぶりに美味しい料理を食べて満足した私は、

翌朝の早起きに備えて、宿に戻って早々に眠りにつきました。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント