【トルコ/Turkey】カッパドキアからイスタンブールを経由して向かうはエジプト!

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはエジプトアスワンです。

いやー、今日は一言だけいいですか?

 

 

エジプト人うぜぇぇぇぇぇ!

 

 

・・・はい、失礼しました。

 

本日のブログはトルコ編の終わり。

最後に1泊したネヴシェヒルを離れ、

国内線→国際線と乗り継ぎ、

次の国、エジプトへ向かいました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.4 トルコ/Turkey 1トルコリラ(TRY)≒22.8~26.9円

情報コーナー

ネヴシェヒルの両替所

■場所

Nissaraモールから坂を上る方向に50mほど行った大通り沿い。

■外観

貴金属店で両替が可能。Exchangeの表示は無し。

■その他

レートの表示が無く不安だったが、

10ユーロだけ替えたところかなりの高レートだった。

ネヴシェヒルからネヴシェヒル空港

■交通手段

空港シャトル

■料金と予約

20リラ

大通り沿いの以下の旅行代理店で前日に予約した。

スタッフは簡単な英語しか話さないが、

シャトルの予約くらいであれば問題なく対応してくれる。

旅行代理店の外観。

■出発時刻と所要時間

17時頃に出発して17時半に到着。所要30分。

■シャトル乗り場

旅行代理店の前

旅行代理店内はエアコンが効いていたので待つのは快適だった。

ネヴシェヒル空港からサビハ・ギョクチェン空港

■航空会社

ターキッシュエアラインズ

■料金

3370円(支払日のレートで日本円換算)

預け荷物15kgまでを含む

■時刻表

18:35発-19:50着[1時間15分]

サビハ・ギョクチェン空港からフルガダ空港

■航空会社

ペガサスエアラインズ

■料金

12800円(支払日のレートで日本円換算)

預け荷物20kgを含む。

■時刻表

23:55発(トルコ時間)-1:35着(エジプト時間)[2時間40分]

ネヴシェヒルで最後の買い物

本日は夕方の飛行機でイスタンブールへ飛び、

そのまま今度はエジプトのビーチリゾートであるフルガダへ飛びます。

 

航空会社の違う乗り継ぎとなりますが、

国内線→国際線ってことと、乗り継ぎ時間も4時間あるので、

まあ特に何も起こらずに移動できるのではないかと思います。

 

飛行機までの時間は、

ネヴシェヒルの町でやることをやっておこうと思います。

 

まずはATM。

引き出すのはトルコリラではなく米ドルです。

これから向かうのはアフリカ大陸ということで、

ビザ代やら何やらで米ドルが大量に必要になるんですね。

私は既に400ドルほどは準備していたのですが、

緊急時の両替用なども含めると少し心細かったので、

更にいくらか準備することにしたんです。

 

なんたってほら見てください。

写真右下に表示がありますように、

トルコのATMでは米ドルやユーロが下ろせるんですよ。

 

ま、下ろせなかったんですけどね。

 

空港でリベンジしたいと思います。

 

続いてやってきたのは両替所。

本日の空港シャトル代を払うトルコリラが足りないので、

泣く泣く手持ちの最小紙幣である10ユーロを両替しました。

レートは悪くなかったのですが、

微妙に多く余るトルコリラの消費に頭を悩ませることに。

 

あとは靴を見に行ったり。

いまの靴がもうボロボロなんですよ。

まあ気に入るのが無くて結局買わなかったんですけどね。

 

お昼ご飯。なんか色々入ったサンド。7リラ。

付け合わせの唐辛子のピクルスが個人的に美味しかったです。

やっぱり辛いの好きですね。またタイ行きたいな。

 

最後はこれ。コロンヤです。

コロンヤは数日前のブログにも少し登場した、

トルコの香料入りエタノールのことで、

基本的にはレモンの香りがするものになります。

 

バスのサービスでいただいた際に大変気に入ったので、

今後のアフリカ旅に備えて1本購入しました。5リラくらい。

手に吹きかけるとフレッシュな香りがして、大活躍しています。

 

これにて残った現金もほぼ使い切り、

ネヴシェヒルに思い残すことは何も無くなったのでした。

ネヴシェヒルからイスタンブール

空港シャトルに乗るべく、

予約した旅行代理店にやってきました。

16時半にくるように言われていたので、

心配性な私は16時過ぎには到着。

 

エアコンの部屋でボーっと外を眺めながら待ちますが、

そして16時30分になっても45分になってもシャトルは来ず、

 

結局出発したのは17時過ぎでした。

やたらと早い集合時間を伝えるのやめてもらえませんかね。

 

そして猛烈なスピードで空港へと走るシャトル。

 

40kmほどある距離を30分ほどで走ってしまいました。

何はともあれ飛行機の出発時間の1時間前には着いたのでOKです。

 

写真右が航空会社カウンター。

とはいってもターキッシュエアラインズと

ペガサスエアラインズの2社だけ。

 

ネヴシェヒル空港は本当に小さな空港で、

私が使ったことのある空港だと、八丈島空港が近いですかね。

八丈島空港より更にショボい感じ。まあ要するにショボいです。

 

保安検査場を過ぎたあとの待合室。

飛行機1機分の乗客が待つスペースしかありません。Wi-Fは無し。

そして飛行機への乗り込みはアナウンスなどは特になく

なんともふんわりした感じで始まりました。大丈夫なのか。

 

そしてまさかの徒歩搭乗。

これはテンション上がります。小さい空港ならでは。

ちなみに機材はターキッシュエアラインズではなく、

恐らく子会社か関連会社のものでした。

 

久しぶりの飛行機です。

思い返せば最後に飛行機に乗ったのは

4月中旬にインドからキルギスに飛んだとき。

実に4カ月弱振りの飛行機です。びっくり。

 

離陸してすぐに配られる軽食とコーヒー。

さすがLCCじゃないだけあります。

飛行時間が短いのでかなり大変そうでしたが。

 

そして飛行時間1時間ほどでサビハ・ギョクチェン空港へ到着。

乗り換えを控えている私はとりあえず時間通りに着いて一安心。

 

バゲージクレームでザックカバーが外れかけたメインバッグを受け取り、

次に乗る飛行機のチェックインへと向かうのでした。

 

それにしてもいっつもザックカバー外れてるんですけど、

ザックカバーを掴んで持ち上げるの本当にやめてくれませんかね。

あれ、結構高いし、あんまり売ってないんですから。

イスタンブールからフルガダ

昼間のリベンジ。

こちらのATMで無事に米ドルを手に入れることができました。

 

ペガサスエアラインズの自動チェックイン機。

パスポートを読み取って自動で入力してくれる・・・はずですが、

実際はほとんどの情報を手入力する必要があり、

機械の稼働率が低いこともあってかなり時間がかかりました。

 

その後の荷物預けにも時間がかかり、

飛行機を降りてから出国するまでは1時間ほどかかりました。

もちろん乗り換え時間はたっぷり4時間なので問題ありません。

 

そして出発エリアに入って向かった先は、

 

もちろんラウンジです。国際線の醍醐味。

せっかくプライオリティパス持ってますからね。

 

ビールとおつまみ。誕生日ビールです。

あ、そうなんですよ。この日は私の27歳の誕生日でした。

誕生日にエジプトへ向かう飛行機に乗るなんて、

世の中には変わった人がいるんですね。本当に。

 

ちなみにこちらのラウンジは

個人的な評価としては大変残念なクオリティだと思いました。

客層も残念だし、Wi-Fiも遅いし、料理も少なくて美味しくないです。

マレーシアやタイのラウンジと比べるとかなり劣るかな、と。

まあタダで入っている以上文句はいえないのですが。

 

そして定刻より30分ほど遅れて搭乗開始。

 

機内にはバカンスへ向かう雰囲気プンプンのヨーロピアンばかり。

これから向かうフルガダはヨーロッパで人気のリゾート地というわけで、

小汚いアジア人は大変浮いていたことと思います。

 

何はともあれ無事にエジプト行きの飛行機に乗り込んだ私は、

新天地、アフリカ大陸へ向かうのでした。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

28.トルコ/Turkey
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント