【ウガンダ/Uganda】カンパラのカオスなタクシーパークとめちゃんこ美味しいロレックス

31.ウガンダ/Uganda
dav
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはルワンダキガリです。

来る前はビビり倒していたアフリカですが、

まさかこんなに居心地の良い場所だとは・・・。

実際に訪れること大切さを実感しています。

 

本日のブログからウガンダ編。

初日は夜行バスで疲れていたこともあり遠出はせず、

カンパラの中心部を少し歩いて、

激ウマローカルフードのロレックスを食べました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.21 ウガンダ/Uganda 1000ウガンダシリング(UGS)≒29.3~30.2円

情報コーナー

カンパラの安宿

■宿の名前

Back Packers Hostel & Campsite

■場所

中心部からは3kmほど離れている。

利用したバイタクの運転手は全員宿のことを知っていた。

宿のある地域の名前はルバガなので覚えておくと良い。

■料金

持参テント泊:14,000シリング

ドミトリー泊:18,000シリング

■アクセス

カンパラ中心部(タクシーパーク周辺)から

バイタクで3000シリングorミニバスで1500シリングがおおよその相場。

逆方向(中心部へ向かう)の場合は

バイタクで3000シリングorミニバスで500シリングがおおよその相場。

Simba Coachのバスターミナルは

少し離れているので6000シリングで運んでもらった。

■設備

敷地内や水回りはとても清潔

キッチン・冷蔵庫無し

フリーWi-Fiはあるが遅い

併設のレストラン・バーがあるが少々お高め

ホットシャワーは抜群

スタッフは親切

周辺に小さな酒屋があり夕方になると屋台も少し出る

カオスすぎるタクシーパーク

明け方の夜行バス車内からの写真。

ケニアとは明らかに違う、濃い緑と赤土の地面

乾燥した印象の強かったケニアに比べて

ウガンダの印象はどちらかといえば熱帯っぽい雰囲気。

 

そしてバスは朝9時過ぎにカンパラに到着。

実は昨年のカンパラで

夜行バスを降りた日本人が強盗に遭う事件が発生しており

なるべく遅く到着するバスを選んだのですが、

しっかり明るくなってから着いてくれて安心しました。

 

カンパラ(というよりウガンダ)に対して

割と治安の良い印象を持っていましたが、

事実としてこういう事件も発生していますので、

あまり油断しすぎないようにしたいと思います。

 

バスターミナルの出口で待ち構えるバイタクのドライバーたち。

ここウガンダではバイタク(ボダボダ)での移動が一般的。

ミニバスも走っていますが、大きなバッグを持って乗るのは嫌なので

仕方なく苦手な価格交渉からスタートです。

 

ドライバーと私のバッグ。

ミャンマーのバイタクみたいに

このまま前に抱えて運んでくれるのかと思いきや

後ろに座った私との間に挟んで運ぶことになり、

おかげさまで私は何度も振り落とされそうになりました。

 

そして交渉の結果、

6000シリングで宿まで運んでくれることに。

 

ウガンダから来た人と話していた限り、

この距離であれば5000シリングも出せば

交渉無しで余裕で乗れるくらいの印象だったのですが、

中心部から少し離れた場所だったため競争原理が働かず、

結果的に少し高い値段で落ち着くことに。まあ仕方ないですね。

 

そして何度も落車しそうになりながら宿に到着。

宿情報については情報コーナーに書いてます。

結果的に4泊もしてしまったとても居心地の良い宿でした

 

宿に着いたあとは少し休憩。

天気が悪いので出かけたくなかったのですが、

現地通貨を持っておらず、

また宿の周囲には何もないということで、

雨が止んだタイミングで中心部へ出かけることに。

 

ミニバスに乗ってやってきました。

いきなりカオスのど真ん中に放り出されて、

心の準備ができていない私はビビりまくりです。

 

それにしても人が多い

 

ナイロビのダウンタウン周辺でも

かなり賑やかだと思ったのですが、

カンパラ中心部の喧騒はそれを軽く超えてきました。

 

見渡す限りの人、車、バイク、砂埃・・・。

 

頭がクラクラしてきました。

嫌いじゃないけどちょっと疲れますね。

 

巨大スーパーマーケット。

置いてないものは何もないんじゃないかっていう印象。

お酒の品ぞろえも素晴らしかったので、

カンパラ滞在中はほぼ毎日お世話になりました。

 

そしてこのスーパーのすぐ横、カンパラのど真ん中に、

カンパラ・・・いやウガンダを代表する景色があるのです。

 

こちらです。オールドタクシーパーク

 

見てください。このミニバンの数を。

 

別の角度から。

 

これ、

 

一見カオスに見えて実はちゃんとルールに従っている

 

なーんてことは一切なく

見た目通りカオスで車の出し入れも大変そうでした。

 

これがウガンダを代表する景色ってんだから驚きです。

どんだけ見どころが無いんですか。大丈夫ですか。

 

それにしてもウガンダの街は賑やか。

雰囲気的には東南アジアに近いですね。

治安の悪さも感じることはなく(カメラはさすがに出せませんが)、

疲れるけど楽しいってのが第一印象です。

めちゃんこ美味しいロレックス

市場っぽい場所に入ってみたり。

車のボンネットに商品を広げたりとまあやりたい放題ですね。

 

かくいう私は

ここウガンダではどうしても食べたい料理があり、

それを探して歩き回っていたのですが、ついに見つけました。

 

こちらの屋台です。

テーブルの上には卵とチャパティが並んでいます。

 

注文すると陽気なお兄さんが

鉄板の上で卵を焼き始めました。

 

そして出来上がったのがこちら。

ロレックスというウガンダを代表する屋台メシです。

高級感あふれる料理名ですね。

 

卵と玉ねぎを混ぜたものを鉄板で焼き、

チャパティとトマトと一緒に巻いたもの。

味付けはシンプルに塩だけです。

 

料金体系が非常にわかりやすく、

チャパティ1枚で500シリング、卵1つで500シリングです。

私の場合は、チャパティx1と卵x2で1500シリング。

 

この料理がまあ非常に美味しんですよ。

今まで日本人の口に合うと噂の料理をたくさん食べ、

そのほとんどを美味しく感じなかった私ですが、

このロレックスだけはマジでおすすめします。めちゃんこ美味しい

 

そんなロレックスでお腹を満たしたあとは

時間もたっぷりあるので宿まで歩いてみることに。

 

歩くこと1時間ほど。

特に危なそうな場所を通ることもなく、

ちょくちょくバイタクの勧誘を受けたりしながらも、

 

無事に宿まで帰ってくることができました。

 

中心部で買ってきたウガンダビール3種類。

右端のClubというビールがライトな飲み口で美味しかったです。

 

スーパーで買ったアボカドサラダ。

これだけのボリュームで150円程度と激安。

固かったりすることもなく大変美味しかったです。

 

街中で買ってきたマラリア治療薬(Lumartem)

1箱で治療1回分。1箱4000シリングで3箱購入しました。

ネット情報でよく見かけるコアルテム

ここカンパラでもナイロビ同様に高価でして、

同じ成分のこちらの薬(ジェネリック?)は安かったです。

 

こちらの治療薬をいざというときのために持っておき、

マラリアと思われる症状が出た際には迷わず服用。

なるべく早く病院に行く方向で対策していきたいと思います。

マラリアで死にたくないですからね。

 

明日は赤道直下の場所へ行きたいと思います。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

31.ウガンダ/Uganda
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント