【ウガンダ/Uganda】ウガンダの車窓から~カンパラからカバレへの移動~

31.ウガンダ/Uganda
dav
スポンサーリンク

Twitterやってます。

リアルタイムな旅の近況を呟いています。

 

Instagramやってます。

世界中の美しい写真を日々投稿しています。

Instagram

 

Facebookやってます。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはタンザニアダルエスサラームです。

ついにやってきましたダルエスサラーム。

ナイロビやヨハネスブルグと並ぶアフリカ凶悪都市です。

特に用事は無いし何だか怖いので、

本日のフェリーで楽園に向かいます!

 

本日のブログは久々の移動です。

4泊した首都のカンパラから

ルワンダ国境の町、カバレまでバスで移動しました。

ウガンダの半分以上を横断する400kmの大移動です。

よろしければお付き合いください!

 

2018.8.25 ウガンダ/Uganda 1000ウガンダシリング(UGS)≒29.3~30.2円

情報コーナー

カンパラからカバレ

■移動手段

長距離バス(会社名:Jaguar Executive Coaches ← オススメ

■料金

35,000シリング

■出発時刻

9:00

■所要時間

7時間

■バス乗り場

カンパラのJaguar Bus Terminal

■バス降り場

カバレの中心部の路上

このホテルの前あたりで降ろされた。

■注意点

トイレ休憩が7時間のうち1回だけだったので

トイレの近い方は要注意。

カバレの安宿

■宿の名前

Skyline Hotel

■場所

バス降り場のすぐ前。

■料金

シングルルーム:25,000シリング

■設備

室内専用水シャワー・トイレ

蚊帳

Wi-Fi無し

■その他

隣の建物がクラブになっており、

夜通し爆音で音楽が流れるので眠れなかった。

また部屋の清掃も十分とはいえず(特に水回り)、

個人的にはオススメできない

ジャガー万歳!ジャガー万歳!

おはようございます。

本日は4泊したカンパラを離れて、

ルワンダとの国境の町、カバレへ移動します。

 

バイタクでやってきたのはバス乗り場。

今回はJaguar Executive Coachesというバス会社を利用します。

 

ちなみにウガンダには郵便局が運行する

Post Busというものがあるらしく、

ちょっと面白そうだったのでそちらに乗ろうと思ったのですが、

チケットを売っている場所が見つからず結局こちらに。

 

本日お世話になるバスです。

移動時間は9時間ほどを見込んでいますので、

バスのクオリティは非常に大事なのでございます。

見た目は立派ですね。でも肝心なのは中身です。

人もバスも中身が大事って言うじゃないですか。

 

ジャガー万歳!ジャガー万歳!

 

完璧に綺麗ですね。

ちなみに乗車前に係員が掃除して消臭剤を撒いてました。

東欧のバス(特にブルガリアあたり)よりも断然清潔。

これは良い意味で期待を裏切られました

 

そしてバスは定刻通りに出発。

1時間ほどは普通に遅れると思っていたので、

順調な滑り出しにひとまず安心したのでした。

ウガンダの車窓から

というわけで9時間のバスの旅がスタートしました。

 

あ、先にネタバレしておくと、

最終的にバスは7時間でカバレに着きました。

予定より早く着くというこれまた嬉しい誤算。

 

ジャガー万z

 

ここからは車窓からの風景をお送りします。

ウガンダの車窓から、です。電車じゃなくてバスですが。

 

写真に写っているのはカンパラの街はずれ。

写真右側のバイクがボダボダと呼ばれるバイクタクシーです。

ウガンダ(に限らずアフリカ)のバイタクは基本的に供給過多。

稼働している台数より待機している台数の方が多いです。

ウガンダでは就業率の低さが問題になっているそうですが、

1日中待機しているバイタクはどっちに入るんですかね。

 

葉が茶色い木。

これ、葉自体が茶色いのではなく、

砂埃がひどすぎて全体が茶色くなっちゃってるんです。

ここ数日何度か雨が降っているはずなんですけど。

 

カンパラを離れるとあとはこんな風景。

緑が多くて良いですね。あとは天気が良ければ文句無しなのですが。

 

バスはちょいちょい停車しては

客を乗せたり降ろしたりするのですが、

そのタイミングで物売りがバスの周囲に群がってきます。

旅を始める前に色んなブログで見ていた光景です。ちょっと感動。

ちなみに何も買ってません。相場がわからなかったもので。

 

3日前に訪れた赤道をまたいでバスは南半球へ。

走行するバスの車内からスマホで撮った割には良く撮れてますね。

 

あとは特になーんにも無いです。

 

5時間ほど経ってようやく休憩。

私は長距離移動時は最低限しか水を飲まないので、

トイレ(小)が我慢できなくて困ることは基本ありません。

まあ下痢のときは別なんですけど。今日は大丈夫。

 

ガソリンスタンドで買ったサモサ。2,000シリング。

やはりガソリンスタンドだと少し値段が上がりますね。

でも具にお肉が使われていて大変美味しかったです。

 

引き続きカバレに向かって走り続けるバス。

 

飽きてきた・・・

 

やがて徐々に山を登り始めると、

斜面に形成される村だったり、連なる山々が見えたりして、

ちょっとだけ楽しくなってきました。

 

途中で物売りから買った牛串。1,000シリング。

バス囲み物売りの相場は特に街中と変わらないみたいです。

ちなみに牛串はお肉が固くて食べるのに難儀しました。

 

バスはずんずん坂を上っていき、

上りきったところで今度は下りはじめました。

 

そして少し下ったところでカバレに到着。

所要時間は冒頭で申し上げたとおり7時間でした。

 

バスを降りてすぐの場所にあった本日のお宿です。

 

散らかってて申し訳ありませんがお部屋の写真です。

情報コーナーにも書きましたが、

隣のクラブが明け方までずっとうるさいので

個人的にはオススメできません。汚いですし。

あ、シーツ敷いてますけど虫はいなかったのでご安心を。

特に何もないカバレの町

色々不満はありますが、

とりあえず宿は確保できたので少しカバレの町を散歩します。

 

カバレのメインストリート。

この通り沿い数100mがカバレの中心部で、

その範囲に売店やら食堂やら市場があります。

 

カバレの市場。ちょっと嫌な雰囲気。

 

音楽に合わせて踊って盛り上がる人々。

バイタクの兄ちゃんに何をしているのか聞いたら、

“ゴスペルだよ”って教えてくれました。つまりどういうこと?

でもまあ楽しそうなのでいいです。

 

町の教会。

建築に懲りまくる傾向があるヨーロッパと違い、

アフリカの宗教施設は無骨で最小限な感じ。

 

カバレのメインストリート。

 

ラウンドアバウト。

中央には微妙なクオリティのゴリラモニュメント。

ウガンダとルワンダはゴリラに合うツアーが有名なんですって。

値段が高すぎて私のような貧乏旅行者には参加できませんが。

 

ルワンダへ向かう道路。

 

意味不明な螺旋階段。

上がる途中で空間が歪んだのかと思いました。

 

そして見つけたロレックス屋台。

遠くから見つける際は湯気を目印に探すと良いです。

 

明日の朝にはウガンダを離れるので

これが最後のロレックスです。1,500シリング。

明日から何を食べて生きていけば良いのでしょうか。

 

別の屋台街。

 

牛串。1本1,000シリング。

バスの中で食べたものと同様に少し固め。

ウガンダで串焼きを食べる場合は鶏肉が絶対におすすめです。

 

この町を訪れるほとんどの旅行者が

ここから10kmほど離れたブニョニ湖へ行くのですが、

ここ数日ウガンダの天気が優れないので湖行きは中止に。

 

カバレの町は本当に何も無かったので、

カンパラからキガリ行きの夜行バスに乗っても良かったかなと思いました。

 

明日からルワンダ編がスタートです。

 

本日はここまで。それでは。

 

ブログランキングに参加しています。

記事を読んだ後にクリックしていただけると、タナカが喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

31.ウガンダ/Uganda
スポンサーリンク
タナカをフォローする
タナカがまわる、のんびり世界一周。

コメント