【ウクライナ】人には向き不向きがあって私には教会より戦車の方が楽しい

【ウクライナ】人には向き不向きがあって私には教会より戦車の方が楽しい

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはポーランドクラクフです。

ポーランドの物価の高さに震えています。

ヨーロッパでは比較的物価が安いと言われるこの国ですが、

東から陸路でやってきた私には貴族の国に感じられます。

自分の中の金銭感覚の調整をしないとダメですね。

 

本日のブログもキエフ観光。

昨日から引き続いて宗教施設を観光したのですが、

正直あまり楽しめませんでした。

観光にも人によって向き不向きがありますよね。

よろしければお付き合いください!

 

2018.6.12 ウクライナ/Ukraine 1ウクライナフリヴニャ(UAH)≒4.1~4.3円

ペチェールシク大修道院

おはようございます。

本日も頑張ってキエフを観光したいと思います。

最初の目的地はペチェールシク大聖堂です。

昨日の聖ソフィア大聖堂に引き続いて世界遺産のようです。

 

メトロに乗ってArsennalna駅へやってきました。

この駅、何でもない普通のメトロ駅かと思いきや、

やたらとプラットフォームが深くて、

地上に出るのに5分ほどエスカレーターに乗り続けました。

 

道中見かけたwatsons。

ウクライナに入って急に数が増えました。

東南アジアを離れてからはしばらくご無沙汰していたのですが。

 

駅から15分ほど歩いてチケット売り場につきました。

ここで入場券を購入します。30フリブニャ。

ちなみにベルタワーに登るには60フリブニャ。

カメラで写真を撮影するには200フリブニャです。

カメラ撮影料金の価格設定ミスってませんかね。高すぎ。

スマホでの撮影がフリーなあたりが何とも謎です。

 

というわけでここからはスマホの写真で失礼します。

 

豆情報ですが、当ブログの写真は、

移動中や人の多い場所の写真はスマホ、

観光地での写真は一眼レフと使い分けています。知ってました?

 

入って最初に見えるのがベルタワーです。

聖ソフィア大聖堂にあったものよりも更に大きく見えました。

 

こっちがメインの大聖堂です。

 

さすが世界遺産ということもあり

内部の装飾は非常に凝っているなと感じました。

 

宗教画も大変美しく見ごたえがあります。

 

私自身はどこに出しても恥ずかしくない無宗教ですが、

そんな無宗教の私でも、入った瞬間に少し改まった気持ちになるあたり、

やっぱり教会を始めとした宗教施設ってすごいなって思います。

 

素敵な石畳と石壁の坂を下って、

 

もう1つの目玉である洞窟教会が見えてきました。

 

で、入り口までは行ったものの、

何だか人がごった返していて入りにくい雰囲気だったのと、

昨日からずっと教会を見続けて飽きていたこともあり、

外からさっと覗いてその場を後にしてしまいました。

 

前から薄々気が付いていたのですが、

私ってキリスト教の宗教施設にはどうもグッとこないみたいです。

今までイスラム教、仏教、ヒンドゥー教など

様々な宗教の宗教施設を訪れてきましたが、

正直言ってキリスト教が最下位です。なんででしょうか。

 

まあ理由を考えても仕方がないので、

人には向き不向きがあるってことにしておきましょう。

今後はこっち系の観光は減らす方向で検討していこうと思います。

戦車かっこいい

いまいち乗り切れないままペチェールシク大聖堂を後にした私は

そのまま川にそって南へ向かって歩いていきます。

 

何か見えてきました。ってこれ戦車ですね。

 

かっこいい…。

 

至近距離で見る本物の戦車にグッときました。

世界遺産を見ても動かなかった心が動きました。

 

ここに足をかけて上の部分を握って…

とかいろいろ想像するのが楽しいんですよね

 

被弾跡でしょうか。

この分厚そうな装甲がここまでへこむって想像するだけで恐ろしいです。

 

こっちは多連装ロケット砲っていうんですかね。

 

こちらも写真や映像で見たことしかなく間近で見るのは初めて。

ここからシュバババーっとロケット弾を連続で発射するわけですね。

 

遠くに見える女神像。

目的地はこちらの女神像なのですが、

予想外に楽しい兵器の展示が見つかってしまったので、

少し寄り道してしまっています。

 

これは追撃砲ですか。

こんな口径の玉が空から降ってくるなんて怖すぎます。

兵器ってほんと人のことなんて微塵も考えてませんよね。

 

更に歩くと戦車がたくさん並んでいるところがありました。

 

キャタピラー。かっこよすぎる。

このキャタピラーで悪路を進んでいくわけです。

 

散々楽しんだ後に兵器博物館がありました。有料。

いままで見ていたのはこの博物館の無料展示部分だったみたいです。

お金を払って入ることも考えましたが、

外から見た感じとってもショボそうだったのと、

無料展示分で十分興奮させてもらったので入場はしませんでした。

 

そしてやっとこさ目的地につきました。キエフの女神像です。

GoogleMapではThe Motherland Monumentとなっています。

平和を祈念する像で、

像の下は第二次世界大戦に関する博物館になっていました。

 

戦争の光景を描いたと思われる像。

先ほどの兵器の展示もこの関連だったと思われます。

平和を祈念する展示で兵器に興奮してしまいましたが、

私はエンジニアなので高度な工業製品は当たり前に好きですし、

戦争を起こすのは兵器ではなく人ですので、まあいいんじゃないでしょうか。

 

像は少し高台に建っていて、

そこからはキエフの少し中心部を離れた部分が見渡せました。

いかにも旧ソ連を感じる、灰色の世界が印象的でした。

庶民の味方はそんなに安くなかった

おまけです。

 

様々なブログで取り上げられている

プザタハタというお店にやってきました。

ウクライナ全国に広く展開している

お手軽にウクライナ料理を楽しめるチェーン店です。

 

注文は旅行者にもとっても簡単で、

既に調理済みの料理を指さして注文するだけ。

こういう手軽さが旅行者にも受ける理由なのでしょう。

 

そして何より安いらしいです。

お腹いっぱい食べても400円を超えるようなことは絶対無いとか。

 

で、好きなだけ注文してみました。こんな感じ。

 

気になるお会計は120フリブニャ(≒500円)。

 

あれ、安くない…。

 

うーん…。

どうやらこの中にお高い料理が入っているみたいです。

右下のカツレツみたいな料理が怪しいですが、

レシートを見てもそこにはキリル文字が並ぶだけで

どれがいくらなのかサッパリわかりません。

 

まあでも良いんです。だって美味しいから。

 

このプザタハタ、チェーンといって侮るなかれ、

スープもメインも大変美味しく大満足の食事となりました。

 

だから多少高くてもいいんです。私は幸せです。

でもまた来る機会があったらもう少し安く済ませる努力をしてみます。

 

本日はここまで。それでは。