【ウクライナ】愛のトンネルで大量の蚊に愛されて切なくなりました

【ウクライナ】愛のトンネルで大量の蚊に愛されて切なくなりました

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムはポーランドザコパネです。

世間ではワールドカップが行われているそうですね。

私はサッカーというスポーツに全く興味が無く、

そのことに対して批難を受けたり、

あるいは強制的に巻き込まれるこの時期がとっても苦手です。

早く終われば良いのにと心の奥底と表面で思っています。

 

本日のブログは

リウネ近郊にある愛のトンネルを訪れた日のお話。

恋人たちのスポットに単独足を踏み入れた私は、

そこで大量の巨大な蚊に襲われ愛されてきました。

よろしければお付き合いください!

 

2018.6.13 ウクライナ/Ukraine 1ウクライナフリヴニャ(UAH)≒4.1~4.3円

情報コーナー

キエフからリウネ

■移動方法

マルシュルートカ

■出発時刻

不明だが頻発、

同時刻にリウネ行きのマルシュを3台見かけた。

■料金

230フリブニャ

■乗車場所

キエフ駅前のバスターミナル。

メトロVokzalna駅から歩いてすぐ。

■降車場所

リウネのバスターミナル。

中心部の移動手段についてはGoogleMapの経路検索が使用可能。

リウネから愛のトンネル

■移動手段

バス

■料金

23フリブニャ

■出発時刻

5:40-22:40まで10~15分間隔で運行

■乗車場所

リウネ駅前の近距離バスターミナル

1404番のクレヴァン行きバスに乗車する。

■降車場所

この商店の前。

ここに着くまでに回り道をしたり脇道に入ったりするが、

気にせずここまで乗車すれば良い。

キエフからリウネへの移動

おはようございます。

本日はまずは移動します。

目的地はキエフの西に約300kmの場所にあるリウネという町です。

近郊にあの有名な愛のトンネルがある町ですね。

 

リウネ行きのバスに乗るべく

メトロにのってVokzalna駅へやってきました。

このマクドナルドの横を通って、

 

バスターミナルへやってきました。

 

バスターミナルに入ってすぐに

リウネ行きのバスを見つけた私。

 

タナカ:リウネ?

おっさん:そうだ。230ドルだ!冗談だ!230フリブニャだ!

タナカ:HAHAHA…。(230フリブニャって高くね?)

 

おっさん渾身のジョークも頭に入らず、

230フリブニャという想定より高い料金が頭に残りました。

事前情報では150フリブニャ前後を想定していたのですが。

 

で、結果的にこの料金で乗ることに。

他のリウネ行きのバスに確認しても同じ値段でしたし、

地元民と思われる乗客も同じ額を支払っていたので、

きっと値上がりしたんだと思います。

 

かつては国内の経済不安から

旅人のあいだで物価が安くて有名になったウクライナですが、

徐々に物価が上がりつつあるんですかね。まあそれでも安いけど。

 

そしでバスに乗ること5時間。リウネに到着しました。

写真は降車時に撮影したもの。

写真のバスっていうかマルシュですね。

エアコンも効いているし至って快適な移動となりました。

 

ここから予約している宿がある中心部へ向かうのですが、

なぜかそこへ向かうバスの番号を事前に調べておらず、

適当なトラムに乗ったら運良く宿の近くまで移動できました。

料金は5フリブニャで車内集金係にお支払い。

最近こういう勘が冴えていてちょっと幸せです。

 

無事に本日のお宿にチェックインしました。

想像通りの光景と想像以上の蚊の大群

本日は宿に荷物を置いて観光に出かけます。

向かう先はもちろん愛のトンネルです。

口にするのも恥ずかしい名前のスポットですね。ちくしょう。

 

愛のトンネルへ向かうバスには

鉄道のリウネ駅前から乗ることができます。

 

愛のトンネルがあるクレヴァン行きのバスに乗ります。

詳しいことは情報コーナーに書いてありますのでそちらをどうぞ。

 

道中の車内からの風景がとっても長閑でした。

 

ところどころ車が無理やり通った跡があって、

映画インターステラーの冒頭のシーンを思い出しました。

あの映画面白いのでオススメです。私も久しぶりに見たくなりました。

 

1時間ほどで愛のトンネル近くのバス降り場へ到着。

 

こんな看板が出ているのでそれに従って歩きます。

もちろんMAPS.MEでも経路が出てきますので、迷うことは無いかと。

 

歩きながらキエフで買った虫除けを塗りたくります。

なんでもこれから向かう愛のトンネルは蚊の量が尋常ではないらしく、

虫除けを塗っていないとえらいことになるらしいので。

 

バスを降りてから15分ほど。

静かな住宅地をひたすら歩きます。

 

ヤギとわんこ。わんこのカメラ目線が何ともキュートですね。

 

最後にこの線路を渡って少し歩くと、

 

ようやく入口に到着しました。

 

 

 

そして中に入ると、

 

 

 

 

じゃじゃーん。愛のトンネルです。

色んなブログや観光情報サイトで紹介されている、

あの写真まんまの光景が広がっていました。

 

写真以上でも以下でもない、

本当に写真で見たまんまの風景です。

 

入口付近の木の絵でには

文字が書かれた紙が結び付けられていました。

願い事でしょうか。日本の七夕っぽいですね。

 

線路。廃線ではありません。

1日数回列車が通るらしいですが、

残念ながら私が滞在している間には通りませんでした。

 

そしてまあ見ての通り、

愛のトンネル自体は同じような風景が1kmほど続くだけで、

写真撮影の被写体として特に面白いわけでもなく、

すぐに飽きてしまいました。まあ1人ですからね。

 

ただ事前に聞いていた通り、

蚊がとにかく多い、そしてデカいんです。

 

私はこの日、

厚手のパンツとTシャツで乗り込んだのですが、

虫除けを塗り込んだ部分と下半身は無事でしたが、

Tシャツを着ていた部分はかなりの数を刺されました

Tシャツの上からでもお構いなしに刺してきます。

 

そして蚊のサイズがとにかく大きくて怖い。

最初は大きすぎてハエかと思ったのですが、

服に止まったのを見てその大きさに悲鳴を上げそうになりました。

 

そんなサイズの蚊が、

写真撮影をするべく立ち止まった数秒の間に、

服の表面をびっしり埋め尽くす訳ですから恐怖でしかありません。

 

結局その蚊の大群による

過剰な愛情表現に耐えきれなくなり、

早々に愛のトンネルを後にすることになってしまいました。

 

これから訪れる方、

虫除けは有効ですが、Tシャツは効果がありませんので

くれぐれもご注意いただければと思います。

 

本日はここまで。それでは。