【ベトナム/Vietnam】ムイネーの超悪質な詐欺ガソリンスタンド!

【ベトナム/Vietnam】ムイネーの超悪質な詐欺ガソリンスタンド!

こんにちは。タナカです。

 

リアルタイムは引き続きベトナムホーチミンです。

ハノイを出発してから初めての連泊なので、

ここぞとばかりに宿に籠ってダラダラしています。

本当はホーチミンでバイクを売却して、

バスでカンボジアまで移動する予定でしたが、

想定と異なり、私のバイクに値段が全然付きません・・・。

このままカンボジア横断旅が始まってしまいそうです。

 

 

今日のブログは

ベトナム南部の観光地ムイネーでの出来事です。

北部から南下してきた私は

ガソリンスタンドで初めて詐欺(ぼったくり)に遭いました。

あまりに悪質な手口と態度に、

旅に出てから初めて声を荒げてしまいました。

あまり需要はないかもしれませんが、

そのガソリンスタンドの場所と手口について書いておきます。

あ、でもムイネーの景色は本当にきれいでした!

それではどうぞお付き合いください!

 

2018.2.1 ベトナム/Vietnam 10,000ベトナムドン(VND)≒48~49円

バイク故障、再び。

今日の目的地はムイネー。走行距離は約220km。

 

ムイネーではいくつか見ておきたいスポットがあったので、

少しでも多く時間を取れるよう、朝ごはんを食べたらすぐに出発します。

 

天気は晴れ。

北部とは明らかに違う南部の気候に気分が高まります。

 

ムイネーまでは海沿いの道を中心に走っていきます。

 

ところが走行中、

突然バイクの安定性が悪くなり、

何だかフラフラした感覚に襲われます。

 

急いでバイクを止めてチェックすると、

 

ボルトが抜けかかっていました。

 

スイングアームのボルトなので、

完全に抜けていたら下手したら大事故だったかも。

 

幸いすぐ近くにバイクショップがあり、

修理してもらうことができました。

 

更に、バイク屋の兄ちゃんいわく

オイルが汚いから交換した方が良いとのこと。

見せてもらったら確かに真っ黒だったので、ついでに交換を依頼。

 

修理とオイル交換で合わせて170,000VND(≒850円)でした。

 

それにしてもオイルを交換すると

格段にバイクの調子が良くなりますね。

 

その後は順調に走行し、

予定通り昼過ぎにムイネーに到着しました。

ムイネーの超悪質な詐欺ガソリンスタンド

予約していた宿にチェックインし、

荷物を置いて身軽になった状態で出かけます。

 

もう完全に夏です。

 

ムイネーは漁村なので、

海にはたくさんの漁船が浮かんでいました。

 

こんなお椀型の船も現役で使われています。

 

そんな海沿いの道を走行し、

最初の目的地であるホワイトサンデューンを目指します。

 

ホワイトサンデューンへは

ムイネーの中心から少し距離があって、

バイクで片道30~40分ほどかかります。

 

宿を出発したときには

燃料メーターで半分以上あったガソリンがどんどん減っていき、

ホワイトサンデューンの手前あたりで危険な状態になりました。

 

が、ここでタイミング良くガソリンスタンドが登場し、

ほっと一安心していつも通り給油をしに立ち寄ります。

 

このガソリンスタンドが、

最低最悪の詐欺ガソリンスタンドだったのでご紹介します。

ちなみに自分はこの記事を書いている今もまだちょっと怒ってます。

 

ガソリンスタンドに入った私は、

いつも通り給油機の前にバイクを停めました。

 

給油係はピンクのド派手なパーカーを着た中年女性(ピンク)で、

なぜかバイクを給油機の横に置くように指示してきます。

(あとから考えると給油メーターが見えにくい場所に誘導したんだと思います。)

 

給油口を空けて、満タン給油を依頼し、

私は給油メーターの前でメーターを見ながら給油が終わるのを待ちます。

 

ピンクは他のガソリンスタンドの店員とは違う、

明らかに雑な手つきで給油を行い、最後は少し溢れさせてました。

こんなことは何十回も給油してきて一度もありませんでした。

 

そしてメーターの数字が50,000VNDになったところで

給油が停止したので、私は財布から50,000ドン札を渡します。

ちなみにこの50,000VNDという金額は妥当です。

 

すると、ピンクが何やらギャーギャー言っています。

 

給油メーターを指さしてギャーギャー言っているので、そっちを見ると、

さっきまで50,000VNDだったメーターが倍の100,000VNDになってました。

 

あーやられた。

 

ここにきてすごく面倒な展開になっていることに気づきます。

とりあえず英語で抗議してみますが、全く聞く耳を持ちません。

そりゃそうですよね、騙そうとしてるんですもの。

 

ピンクはピンクで知ってる英語で応戦してきて、

Empty! Full! 5liter! Empty! Full! 5liter! (以下無限繰り返し)

 

もうアホかと。

 

2.5Lしか入らないタンクを満タンにして何で5Lになるんですか?と。

あ、ちなみに溢れさせたガソリンの量は大したことなくて、

それとは別に完全にメーターの数字を入れ替えられてしまってます。

 

I pay only 50,000 VND!

 

とかなり語気を強めて言いますが、全く話になりません。

 

こうやって言い争いしている間にも地元のベトナム人が給油にやってきますが、

“中国人が何か怒ってるわー”といった感じで一切関与してきません。

 

そして極め付けはバイクの鍵を抜かれて、(まさかそこまでやるとは)

“金が無いならバイクを置いていけ!”みたいなことを言ってます。

 

もうぼったくりを通り越して恫喝ですよね・・・。

 

ここで後から来たベトナム人2人組がやっと介入してきます。

事の顛末を説明しようとしますが、ピンクがしゃしゃり出てくるので説明できません。

この2人組もパッとしなくて、どっちの味方にならないような態度なんです。

 

ここでピンクが改めてメーターを指さすので見てみると、

表示が60,000VNDに変わっています。もうめちゃくちゃ。

 

じゃああと10,000VND払えばいいねんな!?(かなり怒っている)

 

と言うと、

 

20,000VNDよこせ!

 

とか抜かすので、

もう完全に心が折れて20,000VND払いました。

 

金額は大したことないのですが、

そのやり口と態度に猛烈に腹が立ったので、

最後は“鍵返せ!!!”と思いっきり怒鳴りつけてガソリンスタンドを後にしました。

 

こんな少額で揉めたことに虚しくなり、

ここ数日の流れからベトナム人が全く信用できなくなりました。

 

この後宿に戻っても腹の虫がおさまらなかった私は、

GoogleMapでこのガソリンスタンドを検索してみます。

 

すると被害者のレビューが出るわ出るわ・・・。

 

普通ガソリンスタンドに行くのに口コミなんか見ないし、

どうやっても防ぎようが無かったんですけど、

気分を害される方がこれ以上増えないよう、場所だけ貼っておきます。

 

 

ちなみにガソリンは満タンにすら入っておらず、

翌日直ぐに給油することになりました。あーもう腹立つ。

ムイネーの絶景は素晴らしい

さて詐欺ガソリンスタンドで

旅が始まって以来の最低な気分になった私は、

ホワイトサンデューンという砂丘へ向かいます。

 

入場料15,000VNDを支払って入場すると

 

そこには白い砂丘と青空の絶景が!

 

サラサラの白砂と海から吹く風が気持ち良いです。

 

入口付近ではバギーやら何やらの勧誘をしつこくされますが、

適当に無視して徒歩で入って問題ありません。

見える範囲を歩く程度ならバギーなんて無くても余裕ですよ。

 

これがバギー。乗っているのは欧米人だけでした。

せっかく綺麗な場所なのに、爆音と嬌声が響き渡って台無しです。

 

砂丘に腰かける欧米人たち。絵になりますね。

 

あ、よく日本人で、

中国人の団体がうるさくて本当に迷惑。中国人嫌だわー。

って言う人を見かけます。

 

自分もその意見には大方同意ですが、

中国人に限った話ではないと思います。

 

ドミトリーでのマナーは欧米人の方がよっぽど悪いし、

(喋り声、生活音、夜中に電気を点けたり騒いだり)

観光地でも少人数でワイワイうるさいのはアメリカ人が多いです。

 

ま、だから何だって話なんですけど、

あんまり先入観で判断するのは良くないかなと思いまして。

 

 

さて、ホワイトサンデューンを後にした私は、

夕日を見るために今度はレッドサンデューンに向かいます。

 

ムイネーを紹介するブログなんかでは

イエローサンデューンと紹介されている場所ですが、

GoogleMap上での表示に合わせて、当ブログではレッドサンデューンと呼びます。

 

空が綺麗でとても嬉しいです。

 

ホワイトサンデューンに比べて黄色い砂です。

こっちはムイネー中心部からのアクセスも良く、

観光客でごった返していました。

 

きれいな空を眺めながら、日が沈むのをのんびり待ちます。

のんびりと言いつつ、海からの風が強くて全身砂まみれになります。

 

砂丘に沈む夕日。

縦断バイク旅の最終日に、

こんなにきれいな夕日を見られて本当に幸せでした。

 

完全に暗くなる前に宿に戻った私は、

晩ごはんを取るために外出します。

 

近所の食堂でビール3本と食事2皿。これで100,000VNDくらい。

 

ちゃんとメニューがあって値段も書いてあって、

何よりめちゃくちゃ美味しかったです。超おすすめ。

 

このお店です。

宿泊する宿によってはバイタクを使うことになるかもしれませんが、

下手なレストランに入ってぼったくられるよりも良いと思います!

 

大満足で宿に戻った私は、

昼間のガソリンスタンドでの一件を忘れるために更にビールを飲み、

酔っぱらって眠りにつきましたとさ。

 

 

本日はここまで。それでは。